海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 中南米  > ブエノス・アイレス特派員ブログ > スペイン語検定DELE 試験はブエノスアイレスでも...

アルゼンチン/ブエノス・アイレス特派員ブログ 相川 知子

アルゼンチン・ブエノス・アイレス特派員が現地から中南米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2013年11月10日

スペイン語検定DELE 試験はブエノスアイレスでも受験可能


スペイン語検定DELE 試験はブエノスアイレスでも受験可能

 スペイン語を学び、日本や他の外国へ行って資格としたいのなら、是非受けてみてほしい スペイン語能力試験DELE(デレ)「外国語としてのスペイン語検定」です。

DELE スペイン語説明HP
http://diplomas.cervantes.es/
DELE日本語説明HP
http://dele.jp/

 アルゼンチンでは、年二回からレベルによっては
 三回ブエノスアイレスで受けることができます。

 実施は、スペイン政府公認セルバンテスセンターですが、
  アルゼンチンではオルテガ イ ガセ財団 で行われます。申し込みも同様です。
(ガレリアス パシフィコ ボルヘス文化センター内 (Viamonte y San Martin)

Fundacion Ortega y Gasset Argentina
Tel 4314-2809 / 555-5452
http://www.ortegaygasset.com.ar

レベルは
A1
A2
B1
B2
C1
C2

と別れています。。。その昔は 初級、中級、上級と三つのレベルしかなかったのですが、ヨーロッパがEUとなり、外国語レベル認定共通基準
Marco común europeo de referencia para las lenguas (MCER)
が制定されたため6つのレベルに分かれました。

そのため、そのときのレベルは。。。。

B1 (INICIAL)      初級
B2 (INTERMEDIO)   中級
C2 (SUPERIOR)    上級

であるため、ヨーロッパ系で、日本語よりも比較的「近い」言葉を母国語とする
人にはいいですが、そうでない隔たりのある言語を母国語とするには大変である
ため、それ以下のレベルであるA1 A2 ができ、C1 もできました。

そのため、一番発展しているB1、B2レベルは以下のように
今年2013年8月から新しい
レイアウトで、スタイルの問題になりましたのでご注意ください。

新しいB1試験モデル
http://nivelesb.diplomas.cervantes.es/pdf/examen_0_b1.pdf

新しいB2試験モデル
http://nivelesb.diplomas.cervantes.es/pdf/examen_0_b2.pdf


個人差はありますし、試験が全てではないですが、
一般的に仕事でスペイン語が使える人であれば、少なくともB2レベル以上でしょう。

(なんとか生活に使えるがA1 ちょっとした日常会話ができるレベルはA2でしょう)


去る7月に このDELE 試験の試験官講習のブラッシュアップ研修を受けましたので、やっとその修了書が ブエノスアイレスに届きましたよ! 
(これでA1, A2, B1, B2の試験官になれます)

(もう受ける試験がなくなったので、試験官の勉強をするなんて、かなり
スペイン語オタクですー笑) 

DSC00272.JPG


 この際、新しい形式が出ていましたので、すでに学んだ試験官講座をしっかりブラッシュアップできました。

 ところでよく聞かれるのは、アルゼンチンではアルゼンチン的スペイン語を学びます。
 二人称も usted と tu ではなくて、 usted と vosになります。 日常的にもボス使い(voceo )は20年前と比べても進行しています。(町の案内が一般的にコレだったりします)ですから 活用などは全てボスであっても、アルゼンチンで受けるのなら、
作文のテストやオーラル(口頭)試験では、アルゼンチン的スペイン語で大丈夫ですし、基本的なスペイン語が備わっていれば、どこ風のスペイン語でも特に問題ではないでしょう。実際 試験の読解などはよくラテンアメリカの題材も使われるようになりました。

 しかし、イディオムなどはスペインのものを練習する必要もあります。
 先般 NHK のスペイン語講座でとても退屈なことを como una ostra (コモ ウナ オストラ 牡蠣のように)というそうで、スペインではへえーーそうなんだ、とアルゼンチン人と見ながら
びっくりしました。
 ちなみにアルゼンチンでは como una almeja (コモ ウナ アルメッハはまぐりのように)とは あまりにも訳分からないことをおしゃべりする人のことをいいます。そのココロは勝手に砂に埋もれる。。。ということらしいです。


2013年は 
5/23、24
(申し込みは2/25から4/19)
8/23
(申し込みは7/1から26)
11/22、23
(申し込みは9/16から10/18)

でしたから、2014年もほぼ同じ日程です。

今年から来年 ブエノスアイレス(アルゼンチン)にスペイン語留学する人は是非、目標の一つにしてみてください。
また駐在、長期滞在の人も 一度チャレンジしてみるといいと思います。

その他、主観的アルゼンチン/ブエノスアイレス事情 では 
スペイン語wを学ぶ のカテゴリーで スペイン語の学び方、心構え、注意点などを綴っていますのでご参考にしていただければ幸いです。
http://blog.livedoor.jp/tomokoar/archives/cat_50045672.html?p=2

記事がよかったら、クリックしていだだければ嬉しいです

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ
にほんブログ村


にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村


海外旅行 ブログランキングへ

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 文化・芸術・美術 生活・習慣・マナー 見所・観光・定番スポット
2013年11月10日
« 前の記事「素敵なブエノスアイレスは初夏! ブエノスアイレス セントロ名所巡り(1)五月広場周辺」へ
»次の記事「NHK 地球アゴラ パラグアイ アスンシオン編(11/7)オンエア」 へ
おすすめ記事
    ブエノス・アイレス特派員 新着記事
    セントロの素敵な高名なる喫茶店London City
    雨にも寒さにも負けず  #exposicionrural 農牧展示会は楽しい!夕方は牛や馬が元気に活動 本日8時まで
    #exposicionrural 農牧展ではアルゼンチン全土の美味しい物素敵な物がたくさん!!!
    #exposicionrural 農牧展開会セレモニーでしたが明日29日まで開催
    #NiñoGordo にて日本/韓国で活躍アルゼンチン人シェフがカクテルパーティ
    Expo Ruralアルゼンチンで最大の農産業、牧畜業の祭典は7月29日まで
    Exposición "Las muñecas de Japón" en la Biblioteca Nacional 国立図書館 日本人形展(8月26日)
    #CaminosySabores 食の見本市 の楽しみ方
    1年前の同じ月に投稿された記事
    アルゼンチンでは何歳から肉を食べるか。
    ウルグアイ番組オンエア(12/1,4, 8,11) グローバルビジョン世界の7歳パート2
    ブエノスアイレスで子連れで楽しめるレストラン/喫茶店
    アルゼンチンの子育て:トイレもエレベーターも必ず一緒

    中南米 航空券情報


    アルゼンチン旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アルゼンチンの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    中南米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • ブエノス・アイレス特派員

      ブエノス・アイレス特派員
      相川 知子
      1991年よりブエノスアイレス在住。スペイン語とラテンアメリカが大好き。アルゼンチンのことを日本に周知がライフワーク。 地球の反対側のふしぎな価値観と視点をお届けします。日本語/スペイン語教師、通訳者/翻訳者。さらに撮影コーディネーターですので、秘境、極上の旅からビジネス向けもお任せあれ。1986年来地球の歩き方読者なのでバックパッカー節約旅行も対応!個人ブログはこちらへどうぞ。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集