海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 中南米  > ブエノス・アイレス特派員ブログ > マダムな午後のクロックマダム(ブエノスアイレス装飾...

アルゼンチン/ブエノス・アイレス特派員ブログ 相川 知子

アルゼンチン・ブエノス・アイレス特派員が現地から中南米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2013年11月30日

マダムな午後のクロックマダム(ブエノスアイレス装飾美術館内)


マダムな午後のクロックマダム(ブエノスアイレス装飾美術館内)

 ブエノスアイレスにお隣の国お住まいのマダム友がやってきました!

 エビータ博物館と装飾美術感へ行きたいけれども、お茶もしたいわ。。。というご希望をかなえるのが私でございます。こちらの方はお料理がご専門なので、やっぱりとっておきの場所!と思い、DSC02940.JPG

 そこで訪れたのが クロックマダムです!
Croque Madame
http://www.croquemadame.com.ar/
Av. del Libertador 1902 (Museo Nacional de Arte Decorativo装飾美術館内) - Palermo - CABATel. 4806.8639 - 時間は毎日午前10時から24時まで。

 セントロのホテルからメトロブスをご案内し、10番のバスで
パレルモまでやってくるとエビータ博物館へ。 そこで エビータの社会貢献、そしてその時代における
女性の地位向上に活躍したことを力説した後、雨模様のエビータ博物館レストランは
こんなところがあるよ、でスルー。
 そのままタクシーで リベルタドール大通りへ出ました。
 途中、素敵なバッグはタクシーのドア側に念のため置いておかない方がいいですよ、とご注意して、
そのままレコレータ地区装飾美術館へ。そして行った先はまずはクロックマダムです。
 美術館の敷地内にある建物以上にさらなるフランス風レストランは 装飾美術感のオーナーであったホセフィーナ アルベアル(町中にあるアルベアルの名前は基本アルベアル大統領ですが、その姪にあたります)にぴったりです。というのも、ご主人が ベルギーのチリ大使であったからとその後、パリに長く滞在し(そのとき買い集めた物が今の装飾美術館の所蔵品ですが)たからです。

 お値段は普段のカフェよりちょっとよそ行きなのですが、それでも 装飾博物館は国立ですから無料なことを考えるとお得かもしれません。
クロックマダムではやっぱりクロックマダム 要は アルゼンチンではいわゆるトスタードtostado です。
フランスでは1910年からこれ!で、目玉焼き付きです。。。
 DSC02941.JPG

ところで、ご質問されたのでちょっと解説を!

こちらは カフェ コン レチェCafe con leche (いわゆるカフェオレです)
DSC02939.JPG

朝食や午後のお茶のときはアルゼンチンの人もよく飲みますが、

食後に、は コルタド Cortado (正確にはカフェ コルタド)ミルクがたっぷりのカフェコンレチェと違って、コーヒーに少しミルクを加えただけのものです。
DSC02938.JPG
 

今度はブエノスアイレス風のおいしいトスタードをご紹介したいです。

記事がよかったら、クリックしていだだければ嬉しいです

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ
にほんブログ村


にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村


海外旅行 ブログランキングへ

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材
2013年11月30日
« 前の記事「アルゼンチンの空の玄関 エセイサ空港に着いたらいきなり壁あり(11/26) 現在」へ
»次の記事「ホテルの窓からブエノスアイレス編(パレルモのボーボーホテルの窓から)12/10オンエア」 へ
おすすめ記事
    ブエノス・アイレス特派員 新着記事
    セントロの素敵な高名なる喫茶店London City
    雨にも寒さにも負けず  #exposicionrural 農牧展示会は楽しい!夕方は牛や馬が元気に活動 本日8時まで
    #exposicionrural 農牧展ではアルゼンチン全土の美味しい物素敵な物がたくさん!!!
    #exposicionrural 農牧展開会セレモニーでしたが明日29日まで開催
    #NiñoGordo にて日本/韓国で活躍アルゼンチン人シェフがカクテルパーティ
    Expo Ruralアルゼンチンで最大の農産業、牧畜業の祭典は7月29日まで
    Exposición "Las muñecas de Japón" en la Biblioteca Nacional 国立図書館 日本人形展(8月26日)
    #CaminosySabores 食の見本市 の楽しみ方
    1年前の同じ月に投稿された記事
    アルゼンチンでは何歳から肉を食べるか。
    ウルグアイ番組オンエア(12/1,4, 8,11) グローバルビジョン世界の7歳パート2
    ブエノスアイレスで子連れで楽しめるレストラン/喫茶店
    アルゼンチンの子育て:トイレもエレベーターも必ず一緒

    中南米 航空券情報


    アルゼンチン旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アルゼンチンの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    中南米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • ブエノス・アイレス特派員

      ブエノス・アイレス特派員
      相川 知子
      1991年よりブエノスアイレス在住。スペイン語とラテンアメリカが大好き。アルゼンチンのことを日本に周知がライフワーク。 地球の反対側のふしぎな価値観と視点をお届けします。日本語/スペイン語教師、通訳者/翻訳者。さらに撮影コーディネーターですので、秘境、極上の旅からビジネス向けもお任せあれ。1986年来地球の歩き方読者なのでバックパッカー節約旅行も対応!個人ブログはこちらへどうぞ。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集