海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 中南米  > ブエノス・アイレス特派員ブログ > マヌエリータに会ってきました!Manuelita ...

アルゼンチン/ブエノス・アイレス特派員ブログ 相川 知子

アルゼンチン・ブエノス・アイレス特派員が現地から中南米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2014年2月19日

マヌエリータに会ってきました!Manuelita vivia en Pehuajo....


マヌエリータに会ってきました!Manuelita vivia en Pehuajo....

DSC00194.JPGのサムネール画像

 マヌエリータ!でお分かりなら、アルゼンチン通間違いなしです。

 アルゼンチンで子供時代をすごした人なら、なくてはならないものの一つがMaria Elena Walshマリア エレナ ウォルシュの絵本に童謡です。
 マリア エレナは多くの絵本、童謡を作り歌った人で要はシンガーソングライターでした。そして彼女の代表作が、何といってもMANUELITAマヌエリータという、ブエノスアイレス州のぺウアホという町で生まれたカメちゃんが美しくなりたい、都会へとあこがれてパリに出かける歌です。

マヌエリータManuelitaの歌でアニメーションになっています。


  DSC00200.jpg

((連れて行った子供達に「これ、本当のマヌエリータ?」と言われてちょっと答えにつまりました))


 歌なんですが、お話になっているのです。その後、パリのクリーニング屋さんで 亀ならではのしわを伸ばしてもらって、きれいになったはいいものの、また戻ってくる間に時間がたって、またしわができちゃったという
オチがあります。

 他に L sirenita y El capitan (人魚と船頭)という童話もあります。これは私の好きなパラナ川に住む人魚の話です。何と南極まで行ってしまうんです。他にもたくさんのリズム感のいい 言葉使い、言葉遊びをしながら、アルゼンチンの草花、自然、風景、地名を通じて、子供たちにいろいろなことを童話で、童謡で、教えてくれます。

 2011年のマリア エレナ ウオルシュの訃報でアルゼンチン中が悲しみました。

 一時は子供向けテレビ番組を持っていたり、新聞のコラムニストだったり、13歳のときから活躍していますので、アルゼンチン人としての心を形成するのに一役かっています。そのため死亡記事はカメのマヌエリータ同様se march�「行ってしまいました」という見出しになりました。次が新聞の記事のリンクです。
http://www.lanacion.com.ar/nota.asp?nota_id=1340546


ところで、実は私は日本語を教えるとき、歌の効用はわかっているのですが、まずメロディに歌詞にとすべて日本だとすぐ覚えられないので、このマヌエリータの歌を簡単な
日本語にして、生徒と一緒に歌っています。メロディがなじんでいるので、すぐに覚えて、ついでに日本語のリズム感や、後には書き方の練習にも役立ちます。歌詞は次のとおりで、訳しただけではなく、歌えるようになっています。

マヌエリータのうちはぺウアホ
ある日行っちゃったよ。
どうしてでしょう。
パリに着きました。
少しずつ歩いて
行きました。
マヌエリータ
マヌエリータ
緑の甲羅着て
ずんずん進め。

Manuelita vivia en Pehuajo
pero un dia se marcho
Nadie supo bien por que
a Paris ella se fue
un poquito caminando
y otro poquitito a pie.
Manuelita, Manuelita,
Manuelita donde vas
con tu traje de malaquita
y tu paso tan audaz.


マヌエリータの銅像は舞台になったペウアホの街の手前にあります。国道から見えるところにありますし、最近は マヌエリータはこちら!と看板もあります。

ペウアホはアルゼンチン、ブエノスアイレス州にあり、市内から約350キロです。DSC00086.JPG

こんな風にどこまで行っても平らな大地が続きます。

記事がよかったら、クリックしていだだければ嬉しいです

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ
にほんブログ村


にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村


海外旅行 ブログランキングへ

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 自然・風景
2014年2月19日
« 前の記事「アルゼンチンカントリーホームスティの薦め」へ
»次の記事「おいしいチビートはサンフアンで!」 へ
ブエノス・アイレス特派員 新着記事
〈コロナ禍〉アルゼンチン観光振興機構INPROTURの挑戦
アルゼンチンが出る番組オンエアのお知らせ『笑ってコラえて!』(2020年6月17日)
〈コロナ禍〉 #うちで過ごそう KAMIの根路銘パウラさんの場合 
〈コロナ禍〉生け花をして過ごすアルゼンチン人マルタ・カブレラ(Martha Cabrera)先生
5月25日建国記念日はLOCRO(ロクロ)を食べます。RAUL OLARTE先生の家で直伝の3時間仕込シチュー
コロナ禍 日系ファミリー料理三昧な毎日と挑戦「Hanami Eventos」
〈コロナ禍〉トゥクマン日本人会は今
NHK『ラジオ深夜便』「ワールドレポート アルゼンチン・ブエノスアイレス~相川知子」5月14日午前0時10分過ぎから
1年前の同じ月に投稿された記事
3/2 ブエノスアイレス日本庭園にて日本語クラス デモストレーション
ウユニから戻りました
早速行ってみたウユニ塩湖は素敵だった
ウユニ塩湖は本当にすごいのか。
ボリビア世界遺産認定オルーロのカーニバルに行ってみた
ボリビアでの必需品
ボリビアで迎えてくれたのは。
南米三大祭りの一つオルーロのカーニバル
パタゴニアプリンス(イケメンガウチョ)ホアキンのオフショット
カラファテの本当の醍醐味

中南米 航空券情報


アルゼンチン旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アルゼンチンの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

中南米にもどる

  • 特派員プロフィール
  • ブエノス・アイレス特派員

    ブエノス・アイレス特派員
    相川 知子
    1991年よりブエノスアイレス在住。スペイン語とラテンアメリカが大好き。アルゼンチンのことを日本に周知がライフワーク。 地球の反対側のふしぎな価値観と視点をお届けします。日本語/スペイン語教師、通訳者/翻訳者。さらに撮影コーディネーターですので、秘境、極上の旅からビジネス向けもお任せあれ。1986年来地球の歩き方読者なのでバックパッカー節約旅行も対応!個人ブログはこちらへどうぞ。

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集