海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 中南米  > ブエノス・アイレス特派員ブログ > オべリスコ、ブエノスアイレスのシンボルの白い塔

アルゼンチン/ブエノス・アイレス特派員ブログ 相川 知子

アルゼンチン・ブエノス・アイレス特派員が現地から中南米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2015年4月 5日

オべリスコ、ブエノスアイレスのシンボルの白い塔


メール プリント もっと見る

オべリスコ、ブエノスアイレスのシンボルの白い塔


11018347_836266479801448_9205286705538538897_n.jpg

オべリスコ
Obelisco


 ブエノスアイレスのシンボル。独立記念日の7月9日の名前を冠した大通りAv. de 9 de Julio(ヌエベ デ フリオ)とCorrientesコリエンテス大通リの交わった場所に立つ、67mの高さでそびえる白い塔。

 国家歴史モニュメント。1936年5月23日に3月から着工して60日という異例の速さで完成された。

 当時、ブエノスアイレス建設400年、アルゼンチンの首都ブエノスアイレスを称えるモニュメントがなかったため、トゥクマン出身のドイツ系建築家アルベルト プレビッシュに依頼。プレビッシュによるとシンブルな形をしながら、近代国家にふさわしいモニュメントにしたかったとのことである。

 この場所はサンニコラス デ バリという寺院があった。1812年そこで初めてアルゼンチン国旗が掲揚された記念すべき場所である。

 しかし、街にそぐわないと解体へブエノスアイレス市議会で可決されたこともあったが、それも乗り越え、今ではブエノスアイレスの街に来たら必ず見るべき、なくてはならないシンボルである。

 このオベリスコを囲む広場がプラサデ ラ レプブリカ(共和国広場)で、アルゼンチンの23州の州章を見ることができる。

 また、アルゼンチン人にとって、オべリスコに集まるというのは重要な心の拠である。
サッカーの試合でひいきのチームが勝てば、その夜集結する場所であり、さらに、ワールドカップでのアルゼンチン代表の勝利の栄光を一緒に分かち合う場所でもある。
 その一方で、ブエノスアイレス市の文化催事の一番のステージがあれば、この広場に特設されていた(2013年にメトロブス開通でこの役割は5月大通りと他の文化施設に移動)
また一方で、各種方面の主張を行う、デモ集会の格好の場所でもある。

 オベリスコのある7月9日大通りは1936年4月からの、街の拡張工事で作られた。
 一番広いところで幅140mであり、世界で一番広い通りという、アルゼンチン人の自慢の種である。一度にわたりきるのはブエノスアイレスっ子でも不可能である。
走って二度で渡るのが通常だ。
 
 なお、正式には一番端の道セリート、カルロス ペレグリー二とそれぞれまた別の名称がある。


下からオベリスコ

10636058_716154101812687_7586442105125352732_n.jpg

メトロブスから見たオベリスコ

10626552_725219140906183_5825255407486239187_n.jpg

ピアソラ広場から見たオベリスコ

10690083_729945760433521_1531677129959474948_n.jpg


Diagonal Norte ディアゴナル ノルテ、5月広場へ斜めに続く道から見たオベリスコ

11076262_827711470656949_1903906387890903050_n.jpg

記事がよかったら、クリックしていだだければ嬉しいです

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ
にほんブログ村


にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村


海外旅行 ブログランキングへ

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー
2015年4月 5日
« 前の記事「2月のベストワイン アルゼンチンは夏!白ワイン特集」へ
»次の記事「FANA主催秋祭りは来る4月11日同時開催BUENOS AIRES CELEBRA JAPON」 へ
おすすめ記事
    ブエノス・アイレス特派員 新着記事
    老舗カフェ トルトーニでタンゴショー
    #AñoNuevoChino 中国正月イベント2月10日盛況。11日は12時から21時まで。
    Año Nuevo Chino2018中国正月イベントは2月10、11日
    ブエノスアイレスで初コレアンフェス(2月4日)
    NHKスーパープレミアム「最強の牛肉!頂上決戦 再放送(2/4,8, 22)
    アルゼンチンから声をお届けします。NHKラジオ深夜便 「ワールドレポートアルゼンチン・ブエノスアイレス~相川知子」(1月30日)
    ブエノスアイレスのお気に入り(2)アイスクリーム喫茶店CHUNGOチュンゴ
    イタリア広場のパン屋さんDos Leones 食事も可能
    1年前の同じ月に投稿された記事
    NHK地球アゴラ(4/27) ブエノスアイレスから在住20年以上のタンゴダンサー、映画女優の河島美樹さん生出演
    世界の村で発見 こんなところに日本人 ウルグアイ編(朝日放送4/25)

    中南米 航空券情報


    アルゼンチン旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アルゼンチンの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    中南米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • ブエノス・アイレス特派員

      ブエノス・アイレス特派員
      相川 知子
      1991年よりブエノスアイレス在住。スペイン語とラテンアメリカが大好き。アルゼンチンのことを日本に周知がライフワーク。 地球の反対側のふしぎな価値観と視点をお届けします。日本語/スペイン語教師、通訳者/翻訳者。さらに撮影コーディネーターですので、秘境、極上の旅からビジネス向けもお任せあれ。1986年来地球の歩き方読者なのでバックパッカー節約旅行も対応!個人ブログはこちらへどうぞ。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集