海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 中南米  > ブエノス・アイレス特派員ブログ > 国際書籍展フェリアデルリブロFERIA DEL L...

アルゼンチン/ブエノス・アイレス特派員ブログ 相川 知子

アルゼンチン・ブエノス・アイレス特派員が現地から中南米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2015年5月 4日

国際書籍展フェリアデルリブロFERIA DEL LIBRO開催中(4/23から 5/11)


国際書籍展フェリアデルリブロFERIA DEL LIBRO開催中(4/23から 5/11)

11205109_853244751436954_5042206254086038330_n.jpg


アルゼンチンで最大のイベントの一つ、
国際書籍展 フェリア デル リブロ
が開催中です。http://www.el-libro.org.ar/

4月23日から5月11日までです。
会場はラ ルラル La Rural という農牧共同組合の展示場です。
市内のパレルモ地区 イタリア広場(Plaza Italia) にあります。

開場は平日は午後2時から10時 入場料は35ペソ。
土曜日日曜日は午後1時から10時までです。入場料は50ペソ。

11071492_853244778103618_5030997944793247354_n.jpg

そのため、本来は牛や馬の見本市、ルラルという展示会のためにできています。

19487_853248058103290_494599803238628410_n.jpg

 アルゼンチン、23州からだけではなく、世界中の本が集まる展示会です。
1975年から開催されており、
45000平方メートルの敷地に40か国から1500軒の出店があります。

11150960_853244801436949_7908762778797494610_n.jpg

特にスペインと南米はスペイン語で結ばれています。
どこの国で出版されてもほかの国の本が読めますので、特にスペインやメキシコで出版された書籍を得る最大のチャンスなのです。

その昔、この展示会が多くの情報を得る手段でした。また研究者も旅行せずに
ここで知識を得るための本を購入していました。

 近年インターネットで多くの文学にも触れられるし、情報もあるのですが
ブエノスアイレスは人口当たりの本屋数は、スペインよりも多いらしく
皆さん本が好きで、ただ、比較的高いので手軽に買うことは難しいのですが、
結構読んでいる人が多いです。

 アルゼンチンの文豪の川端康成的ボルヘスや芥川龍之介的コルタサル。
一方で先月亡くなった印象的な詩のガレアノはウルグアイ出身ですが、同じスペイン語ということもあり、アルゼンチンの人にもよく読まれています。

 最近の書籍売上ランキングは根強くイタリアのウンベルトエーコもありますが、
アルゼンチン人のロマンス作家のフロレンシア ボネリ、
そして 社会派小説を書くジャーナリストでもあるホルヘ フェルナンデス ディアス
など人気があります。

11224488_853247984769964_3613334483110474000_n.jpg

 他にアルゼンチンはイソルという2013年にアストリッド・リンドグレーン記念文学賞
という児童文学のノーベル賞を取った人もいて、文学界は大変活動的です。


11214177_853247971436632_1552474785688778440_n.jpg


1510653_853248018103294_7845352687993057908_n.jpg
 日本人的にはなぜ書籍展がここまで盛り上がるのか不明でしょうが、
外国の書籍もあるし、文化講座や作家がサインをしたり、アルゼンチンの郷土音楽、
世界各国音楽やダンスありのイベントで満載です。

11062740_853246984770064_3722498166573550030_n.jpg
また知識を得るためのクイズ問題があり、賞品が出たりするのも子供たちには
楽しいのです。

11203140_853247024770060_2593641505400437605_n.jpg

 4月23日のスペインのサンジョルディという愛の本を送り合う日から
5月11日までこのイベントに皆是非いかなきゃと意気込みます。

 なお、学生であれば平日なら無料というのも魅力で、この展示会で買えば
多くの書籍がディスカウントされます。

 若い人からお年寄りまで楽しめるイベントはやはりなかなかないので
アルゼンチンでは毎年ブエノスアイレス市文科省も力を入れて、特に地元作家を
サポートしています。

11150641_853244814770281_7142745325819804429_n.jpg

 ちなみにブエノスアイレス市立の小学校には読書振興のため
年間3冊から5冊学校を通じて子供たちに本が配られます。

 もちろんネットブックも子供たち一人一人に配られているのですが、
アルゼンチンの人たちの本好きなこと、そして、本への愛はインターネットが
普及してもまだ衰えることはないのを再認識できました。

 19487_853248058103290_494599803238628410_n.jpg

記事がよかったら、クリックしていだだければ嬉しいです

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ
にほんブログ村


にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村


海外旅行 ブログランキングへ

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り
2015年5月 4日
« 前の記事「2015年はアルゼンチン選挙年 4/26, 7/5, 8/9,10/25など」へ
»次の記事「マル ボタナの店でおいしい時間 Cafe en Maru Botana」 へ
おすすめ記事
    ブエノス・アイレス特派員 新着記事
    #Juanadearco 20周年記念デザイナー来日イベント情報(11月23日から)
    #matear2018 マテ茶フェア開催中(11月11日まで)
    イグアスの滝は最高のシーズン(10月末から11月)一番大きい「悪魔の喉笛」の滝を見るのにどれぐらいかかる?
    #LeMarche ブエノスアイレスのフランス食フェア(11月3、4日)
    #パレルモソーホー のドーナッツ屋さん Donut Therapy
    JFNラジオ『ON THE PLANET』日本時間10月24日午前1時5分から生出演 #ユースオリンピック #今日のブエノスアイレス
    #ユースオリンピック ブエノスアイレス2018日本初の金メダル・フェンシング上野優佳選手おめでとうございます!
    #ユースオリンピック #日本代表 歓迎レセプション
    1年前の同じ月に投稿された記事
    Marcel Dance マルセル タンゴダンススタジオ
    ブエノスアイレス市タンゴダンス大会
    フジテレビ「めざましどようび」5/17,24,31(土)はアルゼンチン藤原倫己"CHANGE THE WORLD for 2020"

    中南米 航空券情報


    アルゼンチン旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アルゼンチンの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    中南米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • ブエノス・アイレス特派員

      ブエノス・アイレス特派員
      相川 知子
      1991年よりブエノスアイレス在住。スペイン語とラテンアメリカが大好き。アルゼンチンのことを日本に周知がライフワーク。 地球の反対側のふしぎな価値観と視点をお届けします。日本語/スペイン語教師、通訳者/翻訳者。さらに撮影コーディネーターですので、秘境、極上の旅からビジネス向けもお任せあれ。1986年来地球の歩き方読者なのでバックパッカー節約旅行も対応!個人ブログはこちらへどうぞ。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集