海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 中南米  > ブエノス・アイレス特派員ブログ > アルゼンチン最高の牧場へ

アルゼンチン/ブエノス・アイレス特派員ブログ 相川 知子

アルゼンチン・ブエノス・アイレス特派員が現地から中南米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年12月24日

アルゼンチン最高の牧場へ


メール プリント もっと見る

アルゼンチン最高の牧場へ

今回はブエノスアイレス市内から150km サラディージョという地域へ 最高の牧場を探して行ってきました。

DSC_0768.JPG

ブエノスアイレス市内から陸路1時間でもう両面大地が広がり、さらに30分行けばもう牛だらけです。
が、高速道路付近にいないことも多いです。

DSC_0804.JPG

今回は3500ヘクタールほど牧場へ行ってまいりました。
日本の東京ドームは5ヘクタールですから、これ以上大きければ、実は50ヘクタールも、500も、5000もあまり感覚わかりませんが、
行っても行っても大地に牛なのです。

DSC_0806.JPG

ブエノスアイレスから150キロ行ってようやく到着しました(アルゼンチン的には2時間程度で陸路移動です、キロ数よりもブエノスアイレス市内と近郊が少し混んでいます)
ブエノスアイレス州のサラディージョは、
コロニアル植民地時代から牧畜で発展しました。特にアルゼンチンが独立1816年以降もさらに牧畜業で発展している
伝統的な地域です。

こちらは現在3500ヘクタール 1000頭ほど牛がいます。もちろん、牧場での仕事は馬が必需品です。
アルゼンチンの牧場内には水が溜まっている部分、低くなったした土地などいろいろありますので、細かく移動したり牛の間で
は馬が必需品です。


WhatsApp Image 2017-10-07 at 10.30.53 AM.jpeg

私はこのトランケーラ(ゲート門)が大好きです。この先に行くと素晴らしいところがあって、とわくわくします。

もちろん、ここら辺は車で入ることができます。


ブエノスアイレス州 サラディージョ市に位置する牧場の歴史は、
19世紀末、
Hermenegildo García Verde エルメネグリド ガルシア ベルデ(スペイン人が)が投資のため、
取得した牧場を、その没後、息子の一人、イエズス会の司祭だったラモン・ガルシア・ヴェルデに継承しました。
地元の生産者に土地管理生産を依頼

1970年代初頭 イエスの会は、土地売却を決定し、
多くはラモン・ガルシアの甥ヴェルデが購入。兄弟三人、マヌエルManuel、Fernando
フェルナンド、Luis García Llorenteルイス ガルシア ジョレンテの時代になりました。

1989年にサンタ・マリア・レクエルドは、
高品質遺伝子のアンガス牛を増やす改良を実施し、
フェルナンド・ガルシア・ジョレンテが経営しましたが、

2004年、フェルナンド・ガルシア・ジョレンテがなくなり
妻、アナ・マリアGaratとその4人の子供によって経営されることになり、現在
息子さんのフェルンナンドさん(親子で同じ名前でややこしいです)が中心になっています。

この牧場では、アルゼンチンでは、アベルディナンングスまたは、アングスと言いますが、
日本語では、アバディーン・アンガス (Aberdeen Angus)ですね。

アングス牛牧場のすべてのステップ、
自然牧草、そして少し植草がおこなれ、牛は基本的に牧草を
はみながら、母牛は子供を産み、母乳で育て、小牛、去勢成牛を生産しています。

一般的に牛のことをバカと言いますが、
小牛はテルネラ(メス)・またはテルネロ(オス)
そして去勢若牛は ノビージョと呼びます。そしてこのお肉が一番アルゼンチンでおいしくアルゼンチン人が好きなものです。
子牛はあまり味がないんだとか。。。。

体格がいいのがアングス牛の特徴ですが、本当に大きい体格です。
しっかり自然の牧草を食べて、しっかり広い大地を歩いて運動して肉が引き締まっているのです。

この牧草もある程度食べてくれたら、また別の区画へ移動させておくと、今度はまた成長して長くなります、そうすると、またそこの区画へ戻すことができるのです。

DSC_0818.JPG

私も 牧場大好きです。一番素晴らしい景色だと思います。ベレー帽で もう牧場っ子です。

DSC_0815.JPG


DSC_0829.JPG


こんなに近くに! というのはとても好奇心が旺盛なんですよ! 襲ったりはしませんので大丈夫です。
((もちろん、注意事項を守ってくださいね!))

ほーらカメラ目線です。

DSC_0814.JPG


なお、せっかく育てて肉を食べるための牛ですが、牧場では牛を殺すことはできません、特別の処理工場フリゴリフィコへ運ばれます。
その後、ここの牧場のお肉はウリエン ロッサ株式会社
Urien Loza S.A.というブランドで輸出されています。

DSC_0791.JPG


さあ、お肉の箱を持ってきてもらったので、食べるのは次の記事までお待ちください! 最強の牛肉を披露します!

記事がよかったらクリックください!


にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ
にほんブログ村


にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 自然・風景 見所・観光・定番スポット
2017年12月24日
« 前の記事「12/23午後9時からNHK BSプレミアムにて スーパープレミアム「最強の牛肉! 頂上決戦」(アルゼン...」へ
»次の記事「ブエノスアイレスのお気に入り(1)カフェトルトーニ 喫茶店・タンゴショー・歴史博物館」 へ
おすすめ記事
    ブエノス・アイレス特派員 新着記事
    ((アルゼンチンでのW杯の楽しみ方))ESPN REDESでW杯予選結果の行方は
    Bar San Roqueパラグアイ首都アスンシオンの歴史的博物館のようなお店
    Almuerzo Dia del Padre! 父の日ランチ (6/17)
    アルゼンチンの焼き鳥店TORi TORi二周年おめでとう!6月20日はお祭りに行こう!
    ((アルゼンチンでのW杯の楽しみ方))16日午前10時からアルゼンチン初戦でした
    イタリアンレストランの老舗セントロのBrocolinoブロッコリーノ
    ブエノスアイレスの日本人経営中華レストランTAO TAO(タオタオ)
    アルゼンチン代表ワールドカップ壮行会はパンチョ(アルゼンチンホットドック)で!
    1年前の同じ月に投稿された記事
    本日はクリスマス12月25日でもLA CABRERAラ カブレラは営業
    Felices Fiestas!フェリセス フィエスタス アルゼンチンはもうすぐクリスマス!
    バンダシンフォニカによる野外コンサート12月22日午後6時半からフロリダ通り
    アルゼンチンで日本食材を購入1)Nueva Casa Japonesa ヌエバ カサ ハポネッサ
    フェルナンド・ダニエル・モネール
    U19日本代表アルゼンチン遠征親善試合後のモネールさん感想インタビュー

    中南米 航空券情報


    アルゼンチン旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アルゼンチンの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    中南米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • ブエノス・アイレス特派員

      ブエノス・アイレス特派員
      相川 知子
      1991年よりブエノスアイレス在住。スペイン語とラテンアメリカが大好き。アルゼンチンのことを日本に周知がライフワーク。 地球の反対側のふしぎな価値観と視点をお届けします。日本語/スペイン語教師、通訳者/翻訳者。さらに撮影コーディネーターですので、秘境、極上の旅からビジネス向けもお任せあれ。1986年来地球の歩き方読者なのでバックパッカー節約旅行も対応!個人ブログはこちらへどうぞ。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集