海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 中南米  > ブエノス・アイレス特派員ブログ > アルゼンチン外出制限令(外出制限令)

アルゼンチン/ブエノス・アイレス特派員ブログ 相川 知子

アルゼンチン・ブエノス・アイレス特派員が現地から中南米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2020年3月20日

アルゼンチン外出制限令(外出制限令)


アルゼンチン外出制限令(外出制限令)

2020年3月20日午前0時から、19日アルゼンチンのアルベルト・フェルナンデス大統領が3月19日全国の州知事および野党と協議した結果、社会からの強制隔離という、いわば外出制限令がだされました。

90063382_2691153541108005_8232389581199114240_o.jpg
(大統領府提供)

90112060_2899606440134098_711526607495364608_n.jpg

(本日の新聞は全紙そろって、ウイルスをみんなで力を合わせて止めよう!)


3月に入り始まった新型コロナウイルスの感染拡大を抑制する措置として3月16日学校閉鎖から不要不急の外出を控えるよう求める外出自粛措置に加えて食料品店や薬局などの生活必需品を購入に行くこと以外の必要性のない外出を禁止し、日常活動を制限し予防隔離として、強制自宅待機になります。
これは20日0時から、すなわち19日の夜中からの0時から開始します。
なお、これを守れない場合は公衆衛生を脅かすという罪に問われることがありますのでお気をつけください。

すでに3月末までアルゼンチン国境閉鎖(亜国人および居住者を除く外国人の入国禁止)。また中国や韓国、日本、ヨーロッパ、アメリカ、イラン、ブラジル、チリの感染危険度が高い地域・国から帰国入国した者で症状のない者でも14日間の自主隔離が要請されています。3月16日から3月31日まで学校は閉鎖。60歳以上の高齢者、妊婦、その他悪化の可能性がある持病持者は強制隔離。サッカーの試合は休止、コンメボル大会も延期、タンゴクラブのミロンガも閉鎖。コロン劇場や映画館劇場、カジノの閉鎖、リサイタル中止または延期で200名以上の集会禁止といった措置を進めてきました。バスや地下鉄もスーパー内も日常の対人距離をあけることにしてきました。また感染すると重症化しやすい高齢などの人たちにはスーパーや銀行の特別時間帯が設けられました。

指定前に八百屋でたくさんの野菜を買いました。

89976875_2899606996800709_6431499829662187520_n.jpg

(はかってもらって買います)
90700873_2899607173467358_8388602665650618368_n.jpg

(このサイズのお店は入場制限4名まで。最初私たち以外は誰もいなかったんですが、すぐに外に列ができました)

今回は人の流入があまり低減しないこと、また学校が休みだと大西洋側に海水浴に出かける人たちも出たことから、3月20日から24日の連休で人々の国内移動、訪問が煩雑になるのを危惧していて、さらに今後別途祝日、連休もあるのでその危惧はいっそう増しています。

詳細はこれからですが、飲食店はレストランでもフロアで食べずに持ち帰りもしくはデリバリー(アプリがありますしもともと配達システムがありますのでのちほど紹介しますね)などの制限がかかります。

 
3月18日、96名が感染、本日3人目の死者(64歳)が出て、ブエノスアイレス市の病院で亡くなりました。フランスから帰国した奥さんからの二次感染で、糖尿病、と呼吸器系の持病がありました。
内訳はブエノスアイレス市は48名(そのうち数名は外国人観光客)、そのうち死亡2名、回復者15名、現在31名は入院治療中。ブエノスアイレス州は20名治療中、チャコ州は12名、そのうち死亡1名で現在11名は治療中。コルドバ州は6名、ティエラデフエゴ州(州都ウスアイア)2名、リオネグロ州2名、1名回復、1名治療中。サンルイス州1名、サンタフェ州1名、エントレリオス州1名、フフイ州1名、サルタ州1名で、合計96名感染者うち3名死亡、16名回復のため、結果78名入院中でしたが、

本日さらに31名増えました。


なお、この外出制限令で効果が出て、その後2週間発生者がでなくなれば、日常に戻る日も近いそうです。

また全州知事会議では以下を焦点に論議されました。※( )は私のコメントです。

1.El bloque masivo de ciudades con casos confirmados y evidencia de transmision local. 感染が多い町をほかの町からブロックする。
(これはまあきっとブエノスアイレス市)


2.Distanciamiento social masivo en todo el pais por dos semanas inicialmente.
社会からの隔離措置全土全国民 暫定2週間(延長の可能性あり)。隔離措置は 接触禁止。訪問不可。不急不用の外出は控える。

3.Prohibicion de actividades comerciales con excepcion de actividades esenciales, como medicina y alimentacion.
商業活動禁止 ただし基本的なもの、薬局、食料品店は開店。
(食料品店の規模による、小さな商店はきっと仕入れが難しくなる)

4.Renovacion de las medidas con periodos de 15 dias hasta la reduccion a cero de la tasa de crecimiento de casos.
14 dias desde la no aparicion de casos se comienzan a permitir gradualmente algunas actividades.
4.コロナウイルス対策措置は当面の15日間で、感染者が0名の状態を14日継続すれば徐々に解禁


なお日本食では焼き鳥のTORITORIがデリバリー、持ち帰りをはじめ、

https://www.facebook.com/toritori.yakitori/photos/a.1626144357712989/2566007537059995/?type=3&theater

「いちそう」も特別お弁当が850ペソとのこと。
https://www.facebook.com/toritori.yakitori/photos/a.1626144357712989/2566007537059995/?type=3&theater

ほかにアルゼンチンに足留め、また隔離で出られなくてデリバリーが必要な方に次の記事で解説します。


アルゼンチンでは軍事政権という過去があり、折しも24日の祝日は記憶と正義の日です。
しかしながら、集会はしないように通達がなされています。

その記憶があるので多くの人が警察や軍隊が町で新型コロナウイルス自主隔離不履行者を取り締まっている様子を見て、いい記憶を思い出さないのですが、こればっかりはこういう措置しか封じ込めはできないので皆で忍耐の日々を送ればいいのではないかと思います......。

本日は小さなホステルも回って、特に外国人旅行者に旅程などを質問していました。
基本旅行者はどういう接触があったかなので、南米はすでにチリもブラジルも感染国にリストアップにはいっていますので入国日から2週間の自主隔離、もしくはすぐ帰国するかをいい渡されています。

なお病院のベッド数を増やすため労働者組合の病院も加えていくことになりました。

以下、大統領発表の抜粋の意訳です。

まず第一にアルゼンチンの医療体制が大規模感染者対応にまだ用意できていませんので、それを予防するために予防隔離、強制自宅待機とする必要があります。
対人間隔を保ち、私もあなたも危険がないように。そして、ウイルスの感染力があってもその拡大がゆっくりであり対応が不可能なほど急激ではないことから医療関係者、また軍事関係者、食品産業、薬品産業、石油関係者などの業務に従事している人たちには特別な対応になります。

海岸に遊びに行く人がいないように。
もちろん知らないうちに新型コロナウイルスを振りまかないように。
それぞれの州知事に厳しく管理され、それぞれの州の人々全体の健康を守るために、ここはしっかりと対峙してもらい、もちろん経済には肯定的ではなく、これから正規労働者にもさらに厳しい状況が出るかもしれません。これは自営業者にも影響していくると思います。
目に見えない敵であるウイルスと戦うのはたいへんですが、パンデミックという本当の病、加えて精神的な病も乗り越えなければならないのです。
70%の問題がブエノスアイレス市にあります。ですから協力をお願いします。
近所の人に感染させないよう自宅待機をぜひ順守してください。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お金・通貨・両替
2020年3月20日
« 前の記事「新型コロナウイルス情報:アルゼンチンは自主隔離、自宅待機」へ
»次の記事「アルゼンチン完全隔離生活:対人距離を保ちインターネットを駆使」 へ
ブエノス・アイレス特派員 新着記事
JardinJapones ブエノスアイレス日本庭園衛生プロトコールを守って開園中
熱帯の桜ハカランダのブエノスアイレス市内並木2020年11月末
11月18日深夜11月19日になったところの午前零時10分過ぎ  NHKラジオ深夜便「ワールドレポート アルゼンチン・ブエノスアイレス~相川知子」
#NHK ラジオ「海外マイあさだより」ブエノスアイレスから出演(11月15日午前5時42分から)
【医療情報】新型コロナウイルス関連情報(11月6日現在)在アルゼンチン日本大使館メールから転載
7ヵ月ぶりに外食はやっぱりアルゼンチン牛肉専門店ラ・カブレラ La Cabrera
チリのエンペドラドのモルチェラ・エスクレンタまたはモルチェラ・コニカを食べに行きたい
【医療情報】新型コロナウイルス関連情報(10月13日現在)在アルゼンチン日本国大使館からのメール転載
1年前の同じ月に投稿された記事
レングアスビバス日本映画上映会2019(3月28日から月に一回)
3/15午前0時10分頃からNHKラジオ深夜便(NHKラジオ第一) 「ワールドレポートアルゼンチン・ブエノスアイレス~相川知子」出演します。
南極観光拠点ウスアイアでビーグル水道のカニをTIA ELVIRA 「ティア エルビラ」で堪能!
世界最南端都市ウスアイアから南極ロマンクルーズへ3月9日 夜9時~TBS世界ふしぎ発見!ご視聴ください!

中南米 航空券情報


アルゼンチン旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アルゼンチンの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

中南米にもどる

  • 特派員プロフィール
  • ブエノス・アイレス特派員

    ブエノス・アイレス特派員
    相川 知子
    1991年よりブエノスアイレス在住。スペイン語とラテンアメリカが大好き。アルゼンチンのことを日本に周知がライフワーク。 地球の反対側のふしぎな価値観と視点をお届けします。日本語/スペイン語教師、通訳者/翻訳者。さらに撮影コーディネーターですので、秘境、極上の旅からビジネス向けもお任せあれ。1986年来地球の歩き方読者なのでバックパッカー節約旅行も対応!個人ブログはこちらへどうぞ。

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集