海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 中南米  > ブエノス・アイレス特派員ブログ > ハカランダ(ジャカランダ)はアルゼンチンをはじめと...

アルゼンチン/ブエノス・アイレス特派員ブログ 相川 知子

アルゼンチン・ブエノス・アイレス特派員が現地から中南米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2021年11月29日

ハカランダ(ジャカランダ)はアルゼンチンをはじめとする南米原産


ハカランダ(ジャカランダ)はアルゼンチンをはじめとする南米原産

ブエノスアイレス市内の春から夏に向かうこの11月の時期に満開の青紫の花JACARANDA(スペイン語ではハカランダが一番近い発音)ですが、ジャカランダとして知られるのはブラジルから日本に送られたのがきっかけになっているためのようです(ポルトガル語はJAはジャと読みます)。
tonneru.jpg
ハカランダはホウオウボク、カエンボクと並んで、世界三大花木のひとつです。
現在のアルゼンチンの北部のトゥクマンあたりが原産のようで、TARCOタルコという名前で呼ばれることが多いそうです。
もっともアルゼンチンのトゥクマンやサルタという地名はスペインの植民地時代、そしてアルゼンチン共和国になり州になったためできた名前のため、結局ブラジルの南部などもだいたい同じ地域であり、亜熱帯の気候で原生していました。
rippa.jpg

その樹木が首都ブエノスアイレスの町を彩るようになったのは、フランス出身の造園家のカルロス・タイスが1891年市の公園局長となり、市内に一年中花がたえないように、ハカランダだけではなく、セイボ(赤)やラパチョ(ピンク、黄色、たまに白)、ティパ(黄色)など、アルゼンチンの各地にある花木を季節に合わせて植え、整備したのが始まりと言われています。19世紀末からの100年以上経つの樹木もありますので、15m以上の大きいものもあります。 

sorawotorutomoko.jpg

ノウゼンカズラ科で、和名は、桐モドキ、 紫雲木というそうです。街路樹ですから大木で、花は桐の花の小さいのが集まっているような感じです。葉っぱはオジギソウ的ですが、この植物の学名は、Jacaranda mimosifolia(ハカランダ ミモシフォリア)すなわち、オジギソウのようなハカランダという意味だそうです。なお、ハカランダといっても、別の種類もあるそうです。アルゼンチンのはこのハカランダ ミモシフォリアです。
メキシコシティのものも有名ですが、これは日本人の方が桜を植えようとして、結果気候的に合う南米から持って行ったハカランダにしたという逸話があります。
ハワイ、カルフォルニア、南アフリカやオーストラリアにもあるそうですね。jacarand.jpg
種が平たいおせんべいのようにも耳たぶのようにもなっています。なお、葉が落ちて花だけになり、また葉が出てきます。なお、実は3月頃も11月の市内満開ほどではないですが、葉桜ならず葉ハカランダが見られることもあります。
sora.jpg
花の見頃は約3週間ほどです。今年は暑くて花見どころじゃありませんでしが、パレルモ公園のイタリア広場からスペインの塔近くのスポットで花のトンネルのそぞろ歩きをたのしみました。
osanpo.jpg

アルゼンチン的に撮影すると人を中心にしてこんな感じになります。

tonneru minna.jpg


日本的には地面を下にすることも。この方が木の大きさがわかるでしょうか。
1a8724c19d62757ae06cb5d2966db62539d93646-thumb-730xauto-579750.jpg

どんなふうに撮ってもとってもきれいです。
ブエノスアイレス市内には1万本以上のハカランダがあるそうです。
早くて10月末、遅くて11月の中頃に咲くハカランダの見頃にいつか、ぜひ、ブエノスアイレスにいらっしゃってくださいね。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 天気・気候・気温 旅行・ツアー・ホテル 自然・風景 見所・観光・定番スポット
2021年11月29日
« 前の記事「ホォアナデアルコ ブエノスアイレス発信のファッションJUANA DE ARCOのロゴがリニューアル」へ
»次の記事「ラテンアメリカ最大の国際観光博FIT2021開催のためティエラデルフエゴ州のイベントに出席」 へ
ブエノス・アイレス特派員 新着記事
1月30日(日)午前5時42分~ #NHK ラジオ「海外マイあさだより」でブエノスアイレスから出演します。
1月20日00:10過ぎ(1月19日深夜)NHKラジオ深夜便(NHKラジオ第一)「ワールドレポート アルゼンチン・ブエノスアイレス~相川知子」
その名はBORGES ボルヘス・バール #パレルモ地区
規制緩和中のアルゼンチン、日本食レストラン将軍の店舗営業再開
FIT2021 アルゼンチン国立公園管理局スタンド
FIT2021開幕 ブラジルのスタンドが素敵
ラテンアメリカ最大の国際観光博FIT2021開催のためティエラデルフエゴ州のイベントに出席
ハカランダ(ジャカランダ)はアルゼンチンをはじめとする南米原産
1年前の同じ月に投稿された記事
11月18日深夜11月19日になったところの午前零時10分過ぎ  NHKラジオ深夜便「ワールドレポート アルゼンチン・ブエノスアイレス~相川知子」
NHK ラジオ「海外マイあさだより」ブエノスアイレスから出演(11月15日午前5時42分から)
【医療情報】新型コロナウイルス関連情報(11月6日現在)在アルゼンチン日本大使館メールから転載

中南米 航空券情報


アルゼンチン旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アルゼンチンの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

中南米にもどる

  • 特派員プロフィール
  • ブエノス・アイレス特派員

    ブエノス・アイレス特派員
    相川 知子
    1991年よりブエノスアイレス在住。スペイン語とラテンアメリカが大好き。アルゼンチンのことを日本に周知がライフワーク。 地球の反対側のふしぎな価値観と視点をお届けします。日本語/スペイン語教師、通訳者/翻訳者。さらに撮影コーディネーターですので、秘境、極上の旅からビジネス向けもお任せあれ。1986年来地球の歩き方読者なのでバックパッカー節約旅行も対応!個人ブログはこちらへどうぞ。

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集