海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 中南米  > アルゼンチン/ブエノスアイレス2特派員ブログ

アルゼンチン/ブエノスアイレス2特派員ブログ 太田 采七

アルゼンチン・ブエノスアイレス2特派員が現地から中南米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


日本から地球を一周した丁度反対側に位置する南米アルゼンチン、この国に皆さんどのようなイメージをお持ちでしょうか。情熱溢れるタンゴの国、雄大な自然の広がるパタゴニア、そして何より美味しいお肉とマルベックワイン、といったところでしょうか。今回はアルゼンチンで是非トライ頂きたいローカルフード、独断と偏見のトップ5をお届けしたいと思います。

第5位:Milanessa(ミラネッサ)

milanessa.jpg

移民大国のアルゼンチンには様々なお国の料理が存在しますが、特にイタリア移民の影響は大きく、パスタやピザは国民の大好物。このmilanessaもイタリアのミラノで食されている料理と似ていると言われています。一言でいえば薄めのトンカツのようなもの。ただしお肉は牛・豚・鶏、どれでもOK。写真のようにフライドポテトと一緒に出されたり、目玉焼きの代わりにチーズとトマトソースがかかったナポリターナ版もあります。またパンに挟んでサンドイッチにしたりも。見た目はボリューミーですが意外と薄いので、パクパク食べられるかと思います。

第4位:Flan(フラン)

flan.jpg

個人的大好物のflan、日本語で言えばプリンです。食後に必ずと言っていい程デザートを食べる習慣のあるアルゼンチン人、大抵のお店にflan casero(手作りプリン)が置かれています。これに牛乳と砂糖を煮詰めたペースト状のキャラメル、dulce de leche(ドゥルセデレチェ)とたっぷりのホイップクリームをつけて食べるのがアルゼンチン流。ただし本当に甘いので、私はいつもflan solo(フラン・ソロ)、プリンだけ、と注文しています。お味は日本のプリンより素朴で卵の味が感じられます。お店によって柔らかさやカラメルの苦みが異なり、色んなレストランでflanを食べるのが一つの楽しみになっています。

第3位:Helado(エラド)

helado.jpg

アルゼンチンに来て驚いたことの一つは、街中にheladería(エラデリア)、アイスクリーム屋さんが溢れていることです。どうやらアルゼンチン人は無類のhelado好きらしく、デリバリーサービスまであります。その種類も凄まじく多く、初めて訪れた際には何を頼むべきか迷うことになるでしょう。中くらいサイズを頼むと2,3種類のheladoを選べるはずなので、私がお勧めするのはdulce de leche、sambayón(サンバション)、そしてcalafate(カラファテ)の3つ。Sambayónはイタリアではザバイオーネ・フランスではサバイヨンと呼ばれる、洋酒を加えたカスタードクリームのようなお味。そして何より食べて頂きたいのはcalafate!アルゼンチンでも限られたアイス屋さんにしか置かれていない、パタゴニア地方で採れるcalafateの実のheladoです。プルーンのような濃いベリーの味がやみつきになると思います。

第2位:Locro(ロクロ)

locro.jpg

革命記念日(5月25日)や独立記念日(7月9日)などの祝日に広く食されるlocro。アルゼンチン北西部の伝統的な郷土料理と言われています。とうもろこしをつぶしたものに、カボチャや豆類、豚肉などを加え長時間煮込んだもので、重めのゴロゴロ野菜たっぷりシチューといったイメージです。各地域や家庭によって材料が異なり、小麦や大豆から作られるものも。地域性があるという点では、日本のお雑煮や豚汁に通じるところがあるかもしれません。お肉や野菜の出汁がたっぷり出ていて、日本人の口に合うこと間違いなしです。暑いと思われがちな南米ですが、アルゼンチンの首都ブエノスアイレスははっきりと四季があり、7,8月の寒い冬の時期にはこのlocroを食べて温まるに限ります。

第1位:Molleja(モジェハ)

molleja.jpg

やはりアルゼンチンといえば牛肉。広大なラ・パンパ地帯でストレスフリーに飼育された牛たちの赤身肉は、本当に美味です。こちらでは牛の全ての部位を食します。珍しい部位がたくさんある中でも特にお勧めしたいのがmolleja。若い牛からしか採れない胸腺の部分で、何とも言えない柔らかな食感が癖になります。アルゼンチン版バーベキュー屋さんのparilla(パリージャ)に行った際には、是非前菜にこのmollejaを頼んでみてください。そうです、前菜もお肉が鉄板なんです。なおメインにはojo de bife(オホ・デ・ビフェ)やtira de asado(ティラ・デ・アサド)がお勧め。どちらも肉本来の味が強い部位で、がっつりお肉食べてる!感が味わえます。〆のデザートにはflanをお忘れなく!


2018年2月27日

皆さまはじめまして!アルゼンチンはブエノスアイレス在住の太田采七と申します。この旅地球の歩き方ブエノスアイレス特派員としてブログ執筆させて頂くこととなりましたす。アルゼンチンってそもそもどこ?南米での生活ってどんな感じ?旅行するとき気をつけるべきことは?など、皆さまのご興味は様々かと思います。こちらの日常生活のあれこれやブエノスアイレスのおすすめ観光地、アルゼンチン国内旅行について等々、たくさんご紹介していきたいと思いますので、宜しくお願いします。


初投稿の今回は、ブエノスアイレスで最も有名な観光スポットの一つ、Teatro Colónについてお届けします。


「南米のパリ」と称されることもあるブエノスアイレス。ヨーロッパからの移民が国民の大多数を占めるアルゼンチンの首都であり、約4300万人の国民の半数近くがブエノスアイレスを中心とする経済圏に住んでいます。そう、ブエノスはかなりの大都市なのです。ヨーロッパ文化の影響が色濃く残る街並みは、おそらく初めて訪れる方にとって”南米感”に欠けるものでしょう。


特に”ヨーロッパっぽさ”が際立つのが、Teatro Colón、コロン劇場。

1.jpg

尚、コロン劇場はブエノスの中心にあり、とてもアクセスは良いです。詳細は以下URLをご確認ください(英語有)。
http://www.teatrocolon.org.ar/


⇒続きを読む"世界三大劇場の一つ、コロン劇場(Teatro Colón)"

2018年2月 1日
⇒すべての記事を見る

アルゼンチン旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アルゼンチンの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

中南米にもどる

  • 特派員プロフィール
  • ブエノスアイレス2特派員

    ブエノスアイレス2特派員
    太田 采七
    アルゼンチンはブエノスアイレス在住のアラサー女子。かれこれ地球の裏側に住み始めて1年近く経ちますが、こちらでの日々の生活や旅行先等での発見・面白ネタを皆さんにお届け出来ればと思います。はるばるアルゼンチンまでいらっしゃるという方・もっと詳しくアルゼンチン情報が知りたいという方、何かお手伝い出来ることがあればこちらまでご連絡下さい。 DISQUS ID @disqus_leyqMPRCRB

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集