海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 中南米  > ブラジル/カボフリオ特派員ブログ

ブラジル/カボフリオ特派員ブログ Harumi

ブラジル・カボフリオ特派員が現地から中南米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


Olá! Tudo bem? Harumiです。
うちの一番下の娘があっという間に6ヶ月を迎えました。早いです、本当に。
一人目の時でも充分早かったですが、二人目、三人目ともなると本当に普通に生活しているうちに子供はどんどん大きくなっていきます。
これは子供の数が増えるごとにきっともっともっと時間の流れは早くなるんでしょうね、、、
最近「自分のおばあちゃんは13人産んだ」というブラジル人に出会いましたが、もうその域になると想像も付きません。いくらテレビの無かった時代とはいえ、、いやぁ本当に凄い、としか言えません。
うちは3人年子でまだ一番上もたったの4歳なので日に日に家の中がぐちゃぐちゃになっていってます。
子供たちが皆んな機嫌のいい時はいいんですがもちろんそんなことばかりじゃなく、5分仲良く遊んでは5分喧嘩して、の繰り返しを延々とやっています。
そんな目まぐるしい日々の中ついに一番下の娘も離乳食デビューをしたわけですが、この離乳食、日本だとやっぱりお粥から始めるのが一般的なんでしょうか?
一人目の時は「やっぱり日本人だし」という変なプライドが働いて初めてのご飯はなんとしてもお粥を与えたかったんですが、ブラジルのお米ではうまくお粥ができずに、、結局どうしたのかまでは覚えていません。
二人目もイマイチ覚えていませんが、今回三人目ともなると大したこだわりも消えていてとりあえずなんでも食べてくれればいい、という心構えに変わっていました。
わざわざ離乳食に向けて買い物するわけでもないですし、家にあるものでテキトーに、、
では一般的にブラジルでは皆んなどうやって離乳食を始めるのかというと、多分日本と少し異なると思います。
DSCN9312.JPG
お母さんやお医者さんの指示にもよるでしょうが、オレンジの生搾りから始めるのが一般的なようで、それ以外も他のフルーツや野菜のペーストなど、日本と大きくは変わりません。
ただ少なくともご飯から始める人はいません。
それに医者によっても色々だと思うのですが、私の一人目の時のかかりつけのお医者さんからは特に「一つの食材をスプーンに一杯ずつ」みたいな指示をされたこともなく、卵などのちょっと気を付けたい食材に関しても日本ほど細かく「いつから」と言われませんし、その辺りもブラジルはやっぱりちょっと緩いな、と思います。
日本だといくら果物でも糖分が多いので摂りすぎには注意!と言われるのが普通ですが、ブラジルではフルーツ=健康!という考えなので特に量に制限もなく、それはジュースにしても同じでとりあえずフルーツを与えておけば間違いなし、みたいなところがあります。
DSCN9315.JPG
ちなみに娘は今回一番お手軽なバナナから始めました。
品数にしても一品一品を別々にしてそれぞれの食材の味を、、みたいな細かいことは言われません。アレルギーは心配なので初めての食材はやはり少しずつ与えますが、一人目の時から離乳食初期でもあれこれごちゃ混ぜでご飯を与えていました。
一歳を過ぎるまで与えてはいけなかったり避けた方がいいものは日本もこちらもだいたい同じなんですが、一つびっくりしたのを覚えています。
それがヨーグルト。日本では離乳食がちょっと進んできた結構早くの段階で解禁になるようなんですが、ある医者には2歳になるまでヨーグルトはダメだと言われました。
もうその時点であげてしまっていたんですがちょっとびっくりでした。
ヨーグルトの原料が牛乳だから、ということらしいですが、他にもブラジル人は甘党で子供でも味付きのあまーいヨーグルトを平気で食べるので、もしかするとそういう類のヨーグルトはダメよ、ということなのかも。
あ、ちなみにブラジルには日本のようなゴックン期、モグモグ期、、などのような言葉や考え方もありません。
日本とブラジルとでは食文化が全然異なりますがそれはやはり離乳食の時から違うんだな、と実感しました。
やっぱりキメの細かい日本と大雑把なブラジル。
それぞれの文化の良いところを盗みつつおおらかに子育てをしていけたらな、と想う毎日です。


2019年5月31日

Olá! Tudo bem? Harumiです。
ここでブログを執筆し始めてかれこれ1年を過ぎましたが、意外とブラジルの治安のことについて触れたことがなかったことに気付きました。
ですがもしこれから初めてブラジルに渡航する、となったらパスポートを準備するのと同じくらい大切な治安に関する心構えを今日は少し話していきます。
まず結論から言うとブラジルの治安、最悪です。
まぁでもこれは日本と比べた時は海外どこへ言っても「危険」と思っておいた方が身のため、というのは海外旅行者だったら知っておいて欲しい常識です。
ですが何がどのように危ないのか、というのはそれぞれの場所で特徴があります。それによって対策も変わってきます。
今回皆様にお伝えしたいのは「ブラジルでの身の守り方」です。
ブラジルでは日本人からしたら考えられないことが日常あちこちで起きています。
誘拐、強盗、殺人
どれも「まさか!」と思われるでしょうが現実に起こるんです。
ブラジルと一言で言ってももちろん地域によって危険度には差があります。
私が住むリオデジャネイロ郊外のカボフリオは比較的安全ですが、「安全」とは言っても誘拐も強盗も殺人も起こります。
それがサンパウロやリオデジャネイロといった日本からの観光客もよく訪れるような大都市にいけば危険度は更にグッと増します。
まずは被害に遭わないために最低限でき得る限りの対策をしてください。
例えば身なりはできるだけシンプルに必要最低限の物を持ち歩く。カバンはファスナー付きにして周りから見えるところにケータイや財布などを入れない。リュックだったら体の後ろではなく前に抱える。
日本では当然のようにやりがちだと思いますが、歩きスマホなどは論外です。またカメラやビデオも危ない。観光地ではもちろん記念の写真を撮りたいですし使用するのは構いませんが、必ず周りを確認して用が済んだらすぐにカバンに入れたり、ケータイも必ず立ち止まって周りに人がいないかどうか確認をしてから使用するようにします。
イヤリング、ネックレス、腕時計などのアクセサリーにも気を付けてください。無理やりちぎって持って行かれる危険があるのでできれば使わないか、高価な物は絶対に避けてください。
財布の中身も最低限にしたり2つに分けるなどの工夫も必要です。
そして次に大事なのが万が一被害に遭った時に取る行動です。ひったくられそうになった場合などはとっさに守ろうとしてしまいがちなのでこれが意外と難しいのですが、身の安全を第一に考えるのならこの場合も決して逆らわないことです。
ブラジルではスリのような遠回しな犯罪よりももっと攻撃的なひったくりや強盗、殺人が目立ちます。
決して脅しではなく正面から命を狙ってくるので、相手が例え少年だとしても警戒してください。
子供に対する刑罰が緩いブラジルでは子供の方が危険な場合があります。また一人では無く複数で犯行に及んでいるケースがほとんどなので、変な正義感は捨てて身の安全を第一に考えて行動することをオススメします。
さて、今回はブラジルのちょっとダークな一面のお話しをしたのでブラジルに来たくなくなった!という方もいると思いますが、こればかりが現実、というわけでもありません。
比較的安全な場所もありますし、一部の犯罪者を除けばブラジル人は本当に温かい人が多く観光地も見どころが多いので、渡航を決して諦めず旅行の際には最新情報を確認して充分に準備をして来てください!
私のYouTubeチャンネルでも様々なブラジル情報を発信しています。
ぜひ視聴してください!
Harumi & Bruno


2019年5月29日

Olá! Tudo bem? Harumiです。
もうしばらく前になりますが私もSNSで何度かタイのロールアイスというつめたぁ〜い鉄板の上で作るアイスの映像を見たことがありました。
新しい流行りモノがどんどん入ってくる日本とは違うカボフリオではまさかそんな物、、と思っていましたが、意外と今年始めの1,2月、ブラジルの夏に街にやってくる移動遊園地内でそのアイスが食べられる!という噂を聞いて一度は通りかかってみたんですが何故かその日見つけることができずに夏も終わりました。
ところが最近、カボフリオ唯一のショッピングモールへふらっとでかけていったところ、あったんです。このロールアイス。
結構こういう新しいものが入ってきては、、すぐ消えるんですが、ちょっと興味本位で試してみることに!
ちなみにこのロールアイスのことをポルトガル語ではsorvete na chapa(鉄板アイス)と表現します。
Screen Shot 2019-05-28 at 14.08.34.png
まずはベースとなるアイスクリームの味を選びます。私はピスタチオを選びました。
次はミックスする具にベリー系フルーツ。
Screen Shot 2019-05-28 at 14.32.52.png
それを冷えた鉄板の上で混ぜて固まったところでくるくると巻いていきます。
Screen Shot 2019-05-28 at 14.26.23.png
そこに選んだトッピングとシロップをかけてもらって出来上がり!
ミックスやトッピングを一つずつの一番お安いもので15レアル(500円)
他所で食べるアイスクリームと似たような値段なのでまぁまぁリーズナブルかな、と思いました。
味や食感の方は選ぶトッピング等によってアイスの固さにも違いがあるようですが、クリーミーで私の旦那さんは「美味しい!」と感激していました。
私個人的にはイタリアンジェラートの方が好きですねー。
でもトッピングを選んだり出来上がるまでの工程を目で楽しめるのは楽しいですね!
IMG_6229 copy.jpg


2019年5月28日
2019年5月16日
2019年4月28日
2019年4月28日
2019年4月28日
⇒すべての記事を見る

ブラジル旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ブラジルの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

中南米にもどる

  • 特派員プロフィール
  • カボフリオ特派員

    カボフリオ特派員
    Harumi
    17歳から英語圏や中国に留学やワーホリに行ったり世界各地を一人でバックパッカーしていて、2012年に音楽がきっかけでブラジルを訪れた際に主人と出会い結婚、移住。現在は子育て、語学や音楽の講師、YouTubeへの動画投稿などをしています。 DISQUS ID @disqus_7io0BpudjP

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集