海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 中南米  > カボフリオ特派員ブログ > カボフリオ郊外「ペロ」のレストラン

ブラジル/カボフリオ特派員ブログ Harumi

ブラジル・カボフリオ特派員が現地から中南米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年4月11日

カボフリオ郊外「ペロ」のレストラン


メール プリント もっと見る

カボフリオ郊外「ペロ」のレストラン

Olá! Tudo bem? Harumiです。

カボフリオ中心から車で15分ほどのところに「ペロ」という小さな町があります。
町の人は全てが知り合い、という感じの素朴で小さな町で、カボフリオ同様ビーチが近くにあるので街中ではビキニやビーサン姿の人も多く見かけます。
特に週末になれば朝から発泡スチロールに氷とビールを詰めて、ビーチパラソルや椅子を抱えて海に向かう人が目立ちます。

ここにはこのビーチ以外にはこれと言って見るものは他にありませんが、一応「ショッピング」という小さなプラザがあります。
ポルトガル語で「ショッピング」というとショッングモールのことを指しますが、必ずしも私たち日本人が想像するような大きな建物ではなくて、小さなちょっとした商店街のようなものも総称してこう呼びます。

IMG_0477 copy.JPG

「ペロショッピング」は大きな建物でもなければ、商店街のようにずらっと色々なお店がひしめいているわけでもなく、ごくごく小さなショッピングエリア。
洋服や雑貨などのお店、アイスクリーム屋やレストラン、バーなどが数件ある素朴なものですが、それでも週末や連休の夜になると生バンドの演奏を聞きながらビールを飲む人でいっぱいになります。
サッカーの試合がある日はショッピング内にある小さなテレビで皆んなで一緒になって観戦します。

今回このペロショッピングの中にあるレストランで食事をしたのでその内容を少しお見せします。

IMG_1103.jpg

店内はこじんまりとしていますがオシャレです。
肉料理や魚料理が楽しめます。
別にアジア系とか日本食、というわけでもないのになぜか漢字が散りばめられています。

IMG_1104.jpg

他にも招き猫や日本人形が置いてあったり、、店主の趣味でしょうか?
漢字はブラジル人の目から見ると「デザイン」がカッコイイということで、特に意味のない漢字の組み合わせが施された布などを街中でよく見かけます。
ちなみに私も持っていますw
コップなどの雑貨にも漢字が使われているものは案外多いです。

この日の私の気分は魚だったので魚料理のコースのようなものを一人前頼みました。
60レアル程、日本円にすると2000円くらいですが、一人前の量で2人分足りる、というのでそれにしました。

IMG_1105.jpg

ご飯、魚フライとエビのスープ

IMG_1106.jpg

じゃがいものピュレ、サラダに魚のスープ

ブラジルと言うと肉のイメージが強いと思いますし確かに肉の消費の方が圧倒的に多い印象ですが、広いブラジルなので地域によっては魚料理が有名な場所もあります。
自分で調理しようと思うと、日本で買い物するのとは勝手が違うので私個人的には魚料理は苦手でほとんどしませんが、ご馳走になったりこうしてレストランで食べる分にはとっても美味しい魚料理が色々と存在します!

ブラジル料理は基本味付けが濃い目ですが、それもビールに合うからなんでしょうか、、?

ブラジルに来た際には肉だけではなく、魚、魚介料理もぜひお試しください!

YouTubeでブラジル情報及びポルトガル語講座の動画配信もしています。
よろしければ是非御覧ください。
https://www.youtube.com/c/HarumiSato-porutogarugo

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材 見所・観光・定番スポット
2018年4月11日
« 前の記事「カボフリオは実はリオ周辺では有名なリゾート地!」へ
»次の記事「ブラジルで肉を食べるならシュハスカリア」 へ
おすすめ記事
    カボフリオ特派員 新着記事
    ブラジル人にとってのサッカー
    W杯前回のブラジル大会を受けてブラジル人の本音は?
    6月12日は恋人の日
    カボフリオで一番オススメのレストラン
    ブラジルのトロピカルフルーツ
    ブラジルの母の日は「おめでとう」
    外国人観光客の多い街ブージョスのレストラン
    ブラジルで肉を食べるならシュハスカリア

    ブラジル 航空券情報


    ブラジル旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ブラジルの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    中南米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • カボフリオ特派員

      カボフリオ特派員
      Harumi
      17歳から英語圏や中国に留学やワーホリに行ったり世界各地を一人でバックパッカーしていて、2012年に音楽がきっかけでブラジルを訪れた際に主人と出会い結婚、移住。現在は子育て、語学や音楽の講師、YouTubeへの動画投稿などをしています。 DISQUS ID @disqus_7io0BpudjP

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集