海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > オセアニア  > ケアンズ特派員ブログ > GreekWedding

オーストラリア/ケアンズ特派員ブログ 旧特派員 矢澤 善夫

オーストラリア・ケアンズ特派員が現地からオセアニア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2010年4月25日

GreekWedding


GreekWedding

IMG_5339.jpg

日本人とギリシャ人の友人カップルの結婚式に参加して来た。

移民国家のオーストラリア。いろんな 友人の結婚式に参加したことがあるが、
ギリシア式ウェディングは初めて。

まず、ギリシャ教会での結婚式。

ギリシャ語で行われる為、日本人とオーストラリア人ゲスト用に、
日本語と英語の案内書が用意されていた。

儀式は、婚約式と戴冠式の二部構成。

婚約式は、指輪の交換から始まる。
互いの指輪を取り、互いに相手の薬指にはめる。ところまでは、日本と一緒だが、
ベストマン(男性の親友)によって、3度交換される。
(一方の弱点は、一方の強みで補いあう事を意味する)

次は、戴冠式。

頭に冠を載せるセレモニー。
二つの純白のリボンでつながった冠を新郎新婦がかぶる。
(新郎新婦の絆を意味する)

その後に、ベストマンが冠を3度交換。

その後、互いの右手をつなぐ。
(一心同体を意味する)

ひとつのワイングラスで、清められたぶどう酒を飲む。
(ぶどう酒は、全ての生命をもたらす喜び、悲しみ、愛と痛みを表す)

新郎新婦は、冠をつけたまま、神父に導かれて、3周する。
(長い結婚という旅をともに支え合い喜びを分かち合う事を表す)

最後に、神父が神の祝福をして、冠の除去。
夫婦の誕生。

一つ一つが、二人の今後の結婚生活を意味する事らしい。

写真は、ライスシャワーを受ける新郎新婦。

その夜、行われた、レセプション(披露宴)は、18:30にスタートして、終わったのは深夜。
ギリシャらしい(?)、ダンスダンスダンス!!のウェディングだった。
皆で、手をつないで、輪になって踊る、フォークダンス(?)
ギリシャ人の新郎はビッグファミリーなので、みんなで、大盛り上がり!

とても、楽しい結婚式だった。
末永く、お幸せに!

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 生活・習慣・マナー
2010年4月25日
« 前の記事「クリスピー・クリームドーナッツ」へ
»次の記事「ケアンズに移動サーカスがやって来た!」 へ
おすすめ記事
    ケアンズ特派員 新着記事
    心に思い描いたジュエリーに出会えるお店『ジュエリー・タカ』
    幸せを呼ぶ蝶がいっぱいのお土産屋&カフェ 『バタフライ・ショップ』
    オーストラリア先住民の聖地で森林浴と川遊び『モスマン渓谷』
    常夏のビーチで平和を祈るイベント『パームコーブ・ピースデイ』
    これは楽しい♪空中にぶら下がりながら体を鍛える『アリエルヨガ』
    パームコーブに暮らすようなホリデーが味わえる場所
    贅沢なディナークルーズで女子会&お誕生日会♥
    旅の疲れを癒してくれる『リフレクソロジーサロン』
    1年前の同じ月に投稿された記事
    Xtremeillusions
    エスプラネードでBBQ
    キュランダ・グルメ

    オーストラリア ツアー最安値


    2018/12/14更新

    オーストラリア 航空券情報


    オーストラリア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■オーストラリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    オセアニアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ケアンズ特派員

      ケアンズ特派員
      矢澤 善夫
      1994年一路アメリカへ留学、お金が底をつき ワーキングホリデービザを取得してオーストラリアへ。旅行会社に就職しシド ニー、パース、シドニー、ケアンズなど転勤5回。趣味も旅行で年1回海外旅行 に旅立つ。2000年より旅行会社http://www.hotholiday.jp/を設立しインター ネットやフリーダイヤルで現地の新鮮な情報を提供している。2つの世界遺産グレートバリアリーフと熱帯雨林に囲まれたケアンズで有意義な生活をしています。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集