海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > オセアニア  > ケアンズ特派員ブログ > 素朴な芸術が楽しめる アートな村 "キュランダ"

オーストラリア/ケアンズ特派員ブログ サニー

オーストラリア・ケアンズ特派員が現地からオセアニア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年5月30日

素朴な芸術が楽しめる アートな村 "キュランダ"


メール プリント もっと見る

素朴な芸術が楽しめる アートな村 "キュランダ"

こんにちは!ケアンズのサニーです。

今日はケアンズの山の上にある小さな村、「Kuranda Village (キュランダ村)」の一番の見所である"アート"についてご紹介します。



★キュランダはアートな雰囲気が漂う場所★

レインフォーレストの中にある小さな村"キュランダ"。ここには個性的ではありながらも、親近感のある素朴なアートがぎっしり詰まっています。

いつ来てもホッとするような落ち着いた空気が流れている感じがするのは、訪れる人に「ウェルカム♪」って囁いているような、優しいアートが至る所に飾られているからなのかもしれません。そしてそんな場所が好きになり、キュランダに移り住んで活躍している芸術家も大勢いるんですよ。



1.0ka.jpg
▲歩道にある"方角を示す看板"も絵になります。



1.5ka.jpg
▲看板の足元には、なんと巨大なカマキリのオブジェが!「な、なんでここにカマキリが?!」と驚きましたが、こんなの見たら思わず笑みがこぼれますよね。



2ka.jpg
▲お店が閉まっていても、そのシャッターにまでこんな可愛いアートが!このカンガルーの絵のお店は靴屋さん。それにしても目力の強カンガルーです。



3ka.jpg
▲黄色と赤と黒はオーストラリア先住民のアボリジニの旗の色で、このお店はアボリジニの伝統的な楽器"ディジュリデュ"を販売してるお店です。



★歴史も学べる"アボリジニアート"のアートギャラリー★


4ka.jpg



5ka.jpg

キュランダ村にはオーストラリア先住民の方たちが昔から住んでいて、アーティストとして活躍している方もたくさんいらっしゃいます。アートギャラリーでは、そんな地元のアーティスト達によるアボリジニアート作品を見たり、購入したりすることができるんですよ。

手のひらサイズのお手頃価格の作品から、部屋の壁にかけられるもの、さらには美術館用になるような大作までと種類は豊富。

アボリジニアートは、様々な色の細かい点や線で物語が描かれているというのが特徴なんですが、狩猟の様子を描いたものや、集落での家族の様子を表したものもあれば、イギリスの開拓民によって子供を誘拐された悲痛な時代を描いた作品も。

スタッフの方が色々と説明してくれたので、とっても勉強になりました!アートを通して歴史の勉強もできるアートギャラリーです。

★野外コンサートもアートな雰囲気★

キュランダには、いくつかの野外コンサート会場がありますが、やっぱりそこでも個性的なアートが楽しめます。

6ka.jpg
ここはキャンプ場と併設した野外コンサート会場の"Billabong (ビラボン)"。ステージの脇には大きな池があり、そこでこんなライトアップが!音楽を聴きながら、うっとりと水面を見つめてしまいました。



7ka.jpg
▲こちらはキュランダ出身のアボリジニのグループ。レゲエのリズムで熱いメッセージを歌っていました。もちろんステージもアートで飾られています。

★ん?これもアート?★



8ka.jpg
▲キュランダ村には警察署もあります。これが、入り口の看板。
「きゃー、可愛い!カフェの看板みたい!」と思わず写真を撮ってしまいました。



9ka.jpg
▲「あれ?こんなところに工事現場のおじさんが?」と思ったら、これはよくできたオブジェ。オパール採掘者を再現したものらしいです。こんなにヒゲが伸びるまで採掘に専念してたんでしょうね。きっと。

★いつまでも変わらない素朴さが人気のキュランダ★


私がキュランダに初めて訪れたのは、確か1995年。。。お店やアートのオブジェは増えたものの、その頃からさほど雰囲気が変わっていない場所。これからもずっとこの素朴さと個性的なアートを楽しめる観光地としてあり続けて欲しいと思います。




【Kuranda Village / キュランダ村への行き方】


行き方は様々です。
Kuranda Scenic Rail(キュランダ列車)
Skyrail(スカイレイル)
バス「トランス・ノース」
④ 車 ※ケアンズ市内から車で約40分(ハイウェイを走った後、山道を約20分ほど登っていきます)
プチアドバイス:●キュランダはケアンズに比べて少し気温が低めです。特に5月〜10月の期間は上着を持参すると良いかもです。
地図はこちら▼


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー ショッピング・雑貨・お土産 文化・芸術・美術 見所・観光・定番スポット
2018年5月30日
« 前の記事「ケアンズの食文化はここにある! "ラスティーズ・マーケット"」へ
»次の記事「祭りだ!パレードだ! カラフルな"ケアンズ・グランドパレード"」 へ
おすすめ記事
    ケアンズ特派員 新着記事
    リゾート気分にどっぷり浸れる島"フィッツロイ島"
    熱帯雨林の植物に癒される場所 ケアンズ・ボタニックガーデン
    祭りだ!パレードだ! カラフルな"ケアンズ・グランドパレード"
    素朴な芸術が楽しめる アートな村 "キュランダ"
    ケアンズの食文化はここにある! "ラスティーズ・マーケット"
    これぞ南国パラダイス♪ パームコーブのフォトジェニック・スポット5選
    ケアンズ水族館オープン
    4,300mの上空からジャンプ

    オーストラリア 航空券情報


    オーストラリア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■オーストラリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    オセアニアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ケアンズ特派員

      ケアンズ特派員
      サニー
      ケアンズの自然と人とトロピカルな雰囲気が大好きで、気がついたら20年以上在住。オーストラリア大陸をキャンピングカーで周り、ヨットで東海岸をセーリングし、 列車で大陸縦断した経験のある自称プチ冒険家。趣味はウクレレ、サップ、カイトサーフィン、フラ、旅行、読書。 自営マリンスポーツ社でマーケティングやツアーガイドの仕事を、自営メディア会社でライター、翻訳、通訳、調査の仕事をやってます。「 多くの人達がケアンズの大自然に癒されてほしい!」という願いを込めて、お役立ち情報や楽しい話題を発信中! DISQUS ID @disqus_3kdm98zERB

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集