海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > オセアニア  > ケアンズ特派員ブログ > リゾート気分にどっぷり浸れる島"フィッツロイ島"

オーストラリア/ケアンズ特派員ブログ サニー

オーストラリア・ケアンズ特派員が現地からオセアニア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年6月20日

リゾート気分にどっぷり浸れる島"フィッツロイ島"


リゾート気分にどっぷり浸れる島"フィッツロイ島"

こんにちは、サニーです!
今日はローカルにも人気のリゾート地、フィッツロイ島をご紹介します。

フィッツロイ島はケアンズからボートで45分ほど行ったところにあるグレートバリアリーフに浮かぶ緑いっぱいの島です。日帰りでも十分楽しめるんですが、今回は週末を利用して一泊だけトロピカルなリゾート気分を味わってきました。

1fi.jpg

島には、団体でも家族でもカップルでも一人でも気軽に泊まれる宿泊施設があります。ボートを降りると目の前がもうホテルの建物なので、スーツケース等の大きな荷物を持って行っても大丈夫!

11fi.jpg

お部屋からの眺めはこんな感じ。真っ青なオーシャンビューとトロピカルな木々に囲まれてのんびりできそうです。

2fi.jpg

リゾートの目の前にはこんな地図があります。さ〜て!今日ははどこで何をしようかな〜とワクワクしちゃいますね。
5fi.jpg

ビーチにはマリンスポーツが楽しめる場所も。皆さん楽しそうに遊んでました。

3fi.jpg
まず訪れたのはフィッツロイ島の中でも一番人気のスポットである"ヌーディービーチ"。え?ヌーディーとはヌードのこと?裸の人がいるビーチ?と思いがちですが、ただの名前なのでご安心を。

地図ではヌーディービーチにすぐに行けるような感じがするんですが、実際は上り下りのある岩場を10分〜15分ほど歩くので、歩きやすい靴を履いていくことをオススメします。途中岩陰からターコイズブルーの海と大きくて丸い岩が見えたら、そこがゴール!

4fi.jpg

ビーチにはさらさらの白い砂の上に珊瑚のかけらがゴロゴロとあるので、裸足で歩くのはちょっと痛いところもあるのでご注意を。膝くらいまで水に入ると、小さな魚がチョロチョロと泳いでいるのが見えたりするんです。鮮明度抜群!!

7fi.jpg

次に訪れたのは、海亀のリハビリセンター。フィッツロイ島の周りには海亀が多く生息していますが、その多くが人間が作り出した人工的なものによって傷ついてしまっているんです。
8fi.jpg
中にはビニール袋を飲み込んでしまって 動けなくなった亀や、漁師の網や釣り針に引っかかってしまった亀なども。そんな可哀想な亀たちをボランティアの方々が一生懸命ケアしている施設なんです。
10fi.jpg
日が沈んだ後は、ビーチでお散歩。レストランやバーも充実しているので、島でのナイトライフも十分楽しめました。

13fi.jpg
次の日はリゾートのプールサイドでゆったりのんびりと優雅に過ごしたり。。。

6fi.jpg
ビーチ沿いのカフェバーの"フォクシーズバー"でまったりしたり。。。

せわしない日常から完全に逃避できました!


フィッツロイ島には、山に登ったり、灯台に行ったり、熱帯雨林の森の中を散歩したりなどなど、今回はご紹介しきれなかった楽しい探索できるスポットがまだまだあります。それは、また次回訪れた時にご報告しますね。





【Fitzroy Island / フィッツロイ島】
行き方:フィッツロイ島へは下記のようなフェリーで行くことができます。ケアンズから約45分ほどかかります。


●Fitzroy Island Fast Cat
ケアンズ出航時間:8:00AM
ウェブサイト:https://www.fitzroyislandcairns.com/fitzroy-tours/Ferry-Transfers/Fitzroy-Island-Fast-Cat-2179/



●Sunlover Reef Cruises
ケアンズ出航時間:9:30AM
ウェブサイト:https://www.sunlover.com.au/great-barrier-reef-cruises/fitzroy-island


●Raging Thunder
ケアンズ出航時間:8:00AM, 11:00AM, 1:30PM
ウェブサイト:http://www.ragingthunder.com.au/great-barrier-reef-tours/fitzroy-island-half-day-thunderbolt/


リゾート詳細:下記のウェブサイトを参照ください。
https://www.fitzroyislandcairns.com/index.html


プチアドバイス:フィッツロイ島に食べ物を持ち込むことは許可されていますが、アルコールの持ち込みは禁止ですのでご注意ください。島に到着した時、荷物検査をされることもあります。
・アルコールはリゾートのバー"Foxy's Bar"で購入できます。
・小さなコンビニも島内にありますが、品揃えが豊富ではないので、必要なものはケアンズ市内から持って行くことをオススメします。


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 旅行・ツアー・ホテル 自然・風景 見所・観光・定番スポット
2018年6月20日
« 前の記事「熱帯雨林の植物に癒される場所 ケアンズ・ボタニックガーデン」へ
»次の記事「ヘルシーでお手軽なB級グルメ&アートが楽しめる場所♪"ターザン・カフェ"」 へ
おすすめ記事
    ケアンズ特派員 新着記事
    フォトジェニックなスイーツと美味しいコーヒーのあるイタリア風カフェ♪『ミ・ピアーチェ』
    ヘルシー&オーガニックな商品がなんでも揃う! こだわりのナチュラルショップ「チェリーズ」
    最近ちょっとお洒落になった展望台♪ケアンズの街も海も山も見渡せる!
    夏休み特別企画『子連れでケアンズに行こう!』親子共々現地の仲間と思いっきり遊べる旅♪
    ローカルに大人気!カジュアルでエレガントな屋外レストラン「モンドー」
    世界自然遺産の森で心と体のデトックスができる旅
    ヘルシーでお手軽なB級グルメ&アートが楽しめる場所♪"ターザン・カフェ"
    リゾート気分にどっぷり浸れる島"フィッツロイ島"

    オーストラリア 航空券情報


    オーストラリア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■オーストラリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    オセアニアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ケアンズ特派員

      ケアンズ特派員
      サニー
      ケアンズの自然と人とトロピカルな雰囲気が大好きで、気がついたら20年以上在住。オーストラリア大陸をキャンピングカーで周り、ヨットで東海岸をセーリングし、 列車で大陸縦断した経験のある自称プチ冒険家。趣味はウクレレ、サップ、カイトサーフィン、フラ、旅行、読書。 自営マリンスポーツ社でマーケティングやツアーガイドの仕事を、自営メディア会社でライター、翻訳、通訳、調査の仕事をやってます。「 多くの人達がケアンズの大自然に癒されてほしい!」という願いを込めて、お役立ち情報や楽しい話題を発信中! DISQUS ID @disqus_3kdm98zERB

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集