海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 中南米  > コロンビア/カヒカ特派員ブログ

コロンビア/カヒカ特派員ブログ Saeさん

コロンビア・カヒカ特派員が現地から中南米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


¡Hola!カヒカ特派員のSaeです。
 
今日は、日本ではなかなか見かけないコロンビアンフルーツをたくさんご紹介します。
 
ボゴタやカヒカは比較的涼しい気候ですが、コロンビア全体で見ると暑い地域が多く、国内ではトロピカルフルーツがとても豊富です。
トロピカルフルーツと聞くと日本では、マンゴーやパイナップル、スイカ、メロンなどがメジャーですよね。これらはもちろん、コロンビアにもありますが、ほかにも見たことがない、どうやって食べるのかわからないような不思議なフルーツがたくさんあって、とてもおもしろいんです。
 
まず、わたしが一番不思議だなと思ったのが、こちら。
Guanabana1.jpg
名前を、guanábana(グァナバナ)といいます。写真では少しわかりにくいですが、大きさは日本のスイカくらいあり、そして表面のとげとげが特徴です。
 
切ってみると、こんな感じ。
Guanabana2.jpg
とても大きいフルーツなので、このように一部をカットして売っていることも多いです。黒い部分は種で、南国のフルーツらしく、ねっとりと甘い味がします。ジュースにしてもおいしいですし、アイスクリーム屋さんではguanábana味を置いているところもあります。
 
 

お次は、こちら。
granadilla.jpg
Granadilla(グラナディージャ)という、コロンとかわいらしいフルーツです。
 
中を割ると
granadilla2.jpg
このように種がたくさんあり、この種ごとバリバリ食べます。ゼリー状の部分にはあまり味がなく、種に少し酸味があります。
こんな風にパカッと割って、スプーンですくって食べます。

 
 
日本の柿のように見えるこれは
lulo.jpg
Lulo(ルロ)と言います。Granadillaと同じくらいの手のひらサイズですが、こちらはそのままはほとんど食べません。中はゼリーのように少しとろりとしていて、その中身をジュースにします。甘酸っぱい味がします。
また、ライムジュースなどと合わせ、luloの果実がゴロゴロ入っているlulada(ルラーダ)という飲み物もおすすめ。これは、Caliという都市で生まれた飲み物で、ウォッカと合わせることもあるそうです。
ちなみに「lulo」というのはコロンビアでの呼び名で、隣のエクアドルなどほかの国では、違う名前で呼ばれているようです。
 
 
同じく手のひらサイズで、ジュースにして飲むのが
tomatedearbol.jpg
Tomate de árbol(トマテ・デ・アルボル)、直訳すると、木のトマトです。ジュースにしても、トマトジュースほど強い味はありませんが、確かに言われてみればトマトのような味がする...という感じです。

 
 
こちらはアボカドではなく
feijoa.jpg
feijoa(フェイホア)といいます。アボカドよりももう少し小さくて軽いです。
そのまま皮ごと食べられますが、やはりこれもジュースにすることが多いです。

 
 
何度も、ジュースにして飲むというお話をしたように、コロンビアではフルーツジュースをとてもよく飲みます。レストランやファストフード店の多くでは、作りたてを出してくれ、砂糖を入れる、入れない、場合によっては、水で作るのかミルクで作るのかを選べます。
特にメジャーなのは
 
レモネード(いわゆるレモンではなく、ライムがメジャー)
オレンジ
みかん
ベリー
パッションフルーツ
 
などです。
 
パン屋さんなどでもオレンジジュースだけは絞りたてを出してくれたり、道端の屋台のようなところで売っていたりもします。また、家庭にもジューサーは必需品であるほど、フルーツジュースはコロンビアの人々にとって、とても重要なものなのですね。
jugo.jpg
これは、旅先で飲んだパッションフルーツジュース。水で作り、砂糖なしがわたしのいつもの選択です。
 
 
ぜひコロンビアに来た際は、いろいろなジュースを試してみてください。また、市場を回ったり、小さな八百屋さんを除いてみたりするのもおすすめですよ。


それでは。
¡Chao!


2020年1月20日

¡Hola!カヒカ特派員のSaeです。

 

前回に引き続き、ボゴタ周辺の交通事情についてです。

 

前回は、TransMilenioについてお話ししました。

路線バスについては、ボゴタを走っているのはSITPという会社のバスがほとんどだと思いますが、TransMilenioと同じ「tu llave」というカードで利用できます。TransMilenioは赤一色ですが、路線バスのデザインや色は、青、黄色、緑などいろいろです。 autobus1.jpg

日本で見かけたことがなく新鮮でおもしろいなあと思ったのは、TransMilenioでも路線バスでも、いろいろな人が車内でパフォーマンスを始めることです。 これまでわたしが遭遇したのは、

 
  • ギターの弾き語り
  • リコーダー独奏
  • 親子でのラップ(スピーカー持参)
  • 政治的?演説
  • ガムやキャンディーなどお菓子の販売
  • 文房具の販売
  • 手品…かと思ったら、糸通しの販売でした などです。
 

これでどのくらい稼げるのかしらなんて気になってしまうところですが、特にTransMilenioは車両がいくつか繋がっていて長いため、隣の車両では音楽、こちらでは実演販売、なんてこともあります。

 
 

さて、話がそれましたが、路線バスの乗り方です。

乗るときにカードをタッチし、降りるときは不要です。日本のバスのような押しボタンはない(あっても、なぜか誰も使わない)ので、降りる停留所が近づいたら、降り口の方へ近づいて、運転手さんに「わたし、次で降りますよアピール」をしましょう。 autobusdentro.jpg

ちなみに、この路線バスにはもちろん停留所がありますが、ルート内であれば、実はどこでも乗り降りできてしまいます(すべてのバスが該当するわけではありません)。 「ここで降ろしてくれ」と運転手さんに頼めば停まってくれますし、停留所でなくても道端で手を挙げれば、停まって乗せてくれます。バス利用者にとってはとても便利なシステムですが、これが道路の渋滞を引き起こしている、という見方も…。

 
 

前回お話したとおり、ボゴタには地下鉄や電車がありません。そのため、バスの利用者がとても多く、時間帯や路線によっては日本の満員電車レベルの混雑ぶりです。 写真がちょっとわかりにくいのですが、本当に、ぎゅうぎゅう。特に通勤・通学の時間帯は大変です。 TransMilenioも、行き先によってはものすごい混雑ぶりで、改札前が、台風が過ぎて、電車運転再開直後の新宿駅かな?レベルの行列(わかりにくいですか?) ができていることもあります。 autobusfull.jpg

ボゴタは道路の渋滞もひどく、交通量が多い朝と夕方の時間、主要な道路は、車のナンバーによって規制がされています。偶数の日、たとえば10日だったら、偶数ナンバーの車はその時間走ってはいけません。見つかったら罰金です。 そのため、ボゴタ周辺では渋滞の影響を受けにくくナンバー規制の対象になっていない、オートバイの利用がとても多いです。道路を横断する際は、特にこのバイクに気を付けましょう。

 

公共交通機関の車両内にいろいろな人がいる話をしましたが、道路にもいろいろな人がいます。信号待ちや、長い渋滞を利用してのビジネスです。飲み物やお菓子にはじまり、花束、漫画や子供用の塗り絵、赤ちゃんのおしりふきを売っている人もいました。また、ジャグリングを始める人、車のウィンドウをきれいにしてくれる(これはもちろん有料)人たちもいます。おもしろいですよね。

 
 

ちなみに、わたしの住むカヒカ市にも電車はなく、TransMilenioもないので、公共交通機関は路線バスのみです。ボゴタの路線バスとは別物です。カヒカのバスは、見た目と大きさ、座席の感じは路線バスというよりもシャトルバスのような感じのものが多いですが、ものによっては、ちょっと大きめのバンのような場合もあります。そしてこちらも、通勤時間帯はかなりの混雑。カヒカは郊外なので、ボゴタへ働きに出ている人が多いんですね。

バスが停留所につくと、アシスタントのような人(たいていは若い男性)が行き先を叫んで乗車待ちの人に知らせたり、乗客にここだよと教えてくれたりします。ボゴタの路線バスとは違ってチャージ式のカードはなく、料金は乗車してから車内で、彼らに現金で払います。cajicaautobus.jpg

さて、バスやタクシーなど交通機関の利用だけでなく、コロンビアの観光全般に言えることですが、本当に英語が通じない!!!たまに話せる人がいますが、観光スポットだから、などと侮ってはいけません。 ですので、できるだけ使えそうなスペイン語は覚えておくと良いです。もしどうしても必要で翻訳アプリなどを使うときは、くれぐれもスマホの扱いに気を付けましょう。

 
 

安心で、安全なコロンビアの旅を!

 

それでは。

¡Chao!


2020年1月13日

¡Hola! カヒカ特派員のSaeです。

さて、コロンビアに観光、お仕事などで日本からいらっしゃるみなさま。飛行機で、どういったルートを利用していらっしゃいますか?
残念ながら日本―コロンビア間は空路の直行便がないため、最低1回は乗り継ぎが必要です。多くの方は、アメリカ乗り継ぎでしょうか。

わたしはこれまでに

 

成田―LA-ボゴタ
成田―シカゴ―マイアミ―ボゴタ
羽田―JFK―ニューアーク―ボゴタ
成田―メキシコシティ―ボゴタ

 

など、2回乗り継ぎや空港間の陸路移動などいろいろ体験しました。ヨーロッパ経由も可能ですが、まだ経験はありません。

ボゴタのEl Dorado国際空港は意外と広く、またトイレなどもきれいで安心です。ちなみに空港内のトイレは、日本ブランドでしたよ。さすがに温水便座はないのですが。
おもしろいなと思ったのは、Baggage claimのスペースがガラス張りになっていて、出迎えの人たちが見えることです。スーツケースを待っている間、ガラス越しにおしゃべりすることもできちゃう…かも?
また、そのエリアには両替所もあるので、この間にコロンビアンペソを用意しておくのもアリです。
また、El Dorado空港はボゴタの中心地からとても近いです。日本の成田のように、都内まで大きな荷物を抱えてバスや電車で延々移動する必要がないので、すぐにホテルや観光地に移動でき、とても便利ですよ。

 

 

さて、ボゴタ市内には地下鉄などの電車が通っていません(近年中に電車が通るという話がありますが…???)。ですので、旅行者の方は、タクシーかバスでの移動が基本になると思います。

 

バスには大きく2種類あり、路線バスと、TransMilenioという専用レーンを走る大型のバスです。この2つを利用すれば中心街にも行けますし、以前に紹介したシパキラなど、他の近隣都市へ出ることも可能です。
TransMilenioの方が、比較的簡単ではないかと思います。
Transmilenio.jpg

 

乗り場は、停留所というより電車の駅に近いです。歩道からは、大きな陸橋を渡って駅へ行きます。「tu llave(スペイン語で、あなたのカギという意味)」という、SuicaやPasmoのようなチャージ型のカードをタッチして改札を通ります。そこから案内板を見て自分の行き先の車両に乗り込むのですが、路線によって停まる位置が違い、駅によっては延々歩いて該当の乗り場まで行かないといけないので気を付けましょう。

どこまで行っても2,400コロンビアンペソ。入場の時にチャージから差し引かれるので、改札を出るときはカードのタッチはいりません。チャージは、駅の窓口でtu llaveと現金を渡して行うか、大きな駅だと券売機のような機械もあります。
tullave.jpg

 

わたしのtu llaveは記名式のタイプですが、デザインはほぼ同じ。カード本体は5,000コロンビアンペソです。

 

さて、乗り込んでからの注意点です。まず、青い座席が優先席、赤い座席が通常席です。結構揺れますので、空いているなら座った方が良いです。でも椅子がつるつるしているので、わたしは座っていても手すりにつかまっていることが多いです。

 

TransMilenioに限ったことではありませんが、手荷物からは絶対に目を離さないこと。バスに乗っている間は、荷物は自分の正面に置きましょう。高価(に見える)アクセサリーや時計は外し、スマホ(特にApple社のものは狙われやすいです)は鞄に入れて、できるだけ取り出さない方が良いです。
TransMilenioはどの駅でも必ず停まりますし、バスの中では次の停留所の案内が表示、アナウンス共にあるので、間違いは起こりにくい方だと思います。また、専用レーンを走っているので渋滞の影響を受けず、時間も読みやすいのがメリットです。たまに、TransMilenio同士の渋滞が起こっていることもありますが…。

ただ、専用レーンがある=主要な道しか走っていないので、民家のある方やちょっとマイナーなところへ行く場合には、路線バスの利用が必要です(観光であれば、そもそもそんなところへは行かないのがおすすめですが)。

 

少し長くなりましたので、次回へ続きます。路線バスや、道路状況などについてお話ししようと思いますので、ぜひ更新をお待ちください。

 

それでは。
¡Chao!


2020年1月 6日
2019年12月30日
2019年12月23日
2019年12月16日
2019年12月10日
⇒すべての記事を見る

コロンビア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■コロンビアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

中南米にもどる

  • 特派員プロフィール
  • カヒカ特派員

    カヒカ特派員
    Saeさん
    結婚を機に、2019年に移住したばかりの新米コロンビア人妻。夫とともに、首都ボゴタから少し離れた郊外で、山に囲まれた田舎生活をしています。でも本当は、海が好き。主婦業のかたわら、ライティングや英語指導をしながら、不自由な言葉、慣れない環境に悪戦苦闘中。コロンビアって、なんだか危なさそうだし、そもそもなにがあるのかよくわからない?わたしがコロンビアのおもしろいところ、たくさんお伝えします! DISQUS ID @disqus_wgNh9m9fIU

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集