海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 中南米  > カヒカ特派員ブログ > 【新型コロナウィルス】コロンビアで、初の感染者

コロンビア/カヒカ特派員ブログ Saeさん

コロンビア・カヒカ特派員が現地から中南米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2020年3月 8日

【新型コロナウィルス】コロンビアで、初の感染者


【新型コロナウィルス】コロンビアで、初の感染者

¡Hola! カヒカ特派員のSaeです。

連日、このようなニュースばかりですよね。情報が更新される度にここに掲載するのはあまりよくないかなと思っていたのですが、今回はちょっと重要ですので情報シェアします。

昨日2020年3月6日、コロンビア国内にて初めて、新型コロナウイルス感染者が確認されたとのことです。
これまで中南米はメキシコ、ブラジル、ドミニカ共和国、アルゼンチンなどでの確認がされていましたが、いよいよコロンビアでも......という感じです。
 
以下、在コロンビア日本国大使館から送られてきた、メールの一部です。

●3月6日,コロンビア厚生・社会保障省は,コロンビア国内で初めて新型コロナウイルス(COVID-19)感染者1名を確認したと発表しました。( https://www.minsalud.gov.co/Paginas/Colombia-confirma-su-primer-caso-de-COVID-19.aspx )

1 3月6日,コロンビア厚生・社会保障省は,コロンビア国内で初めて新型コロナウイルス(COVID-19)感染者1名を確認したと発表しました。また,報道などによれば,同人はイタリア・ミラノ市に留学していたコロンビア人女性(19歳)であり,2月26日にコロンビア・ボゴタ市へ帰国した後,3月3日にサンタフェ病院を受診し,本6日,検査結果により新型コロナウイルス(COVID-19)の感染が確認されたとのことです。

2 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)について,現時点では飛沫感染と接触感染の2つが存在すると考えられており,過剰に心配することなく,手洗いやマスクの着用を含む咳エチケットなどの通常の感染症対策が重要とされています。

3 また、新型コロナウイルス(COVID-19)に限らず,海外では日本と違う環境でのストレスや疲労により,思いがけない病気にかかる可能性もありますので,予期できないトラブルに備え,海外旅行保険には必ず加入しておくことをおすすめします。実際,海外旅行保険に加入していなかったために,病気やケガなどにより非常に高額な医療費を支払うこととなったケースが多くあります。

 
明日には、明るい話題をアップしますね。お楽しみに。
 
それでは。
¡Chao!

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 治安・渡航安全情報
2020年3月 8日
« 前の記事「コロナウイルスに関する情報:コロンビア」へ
»次の記事「コロンビアのスポーツ、「テホ」を知っていますか?」 へ
カヒカ特派員 新着記事
コロンビアンフルーツと、新型コロナウイルス情報
【新型コロナウイルス】強制自宅待機措置さらに延長と新措置
コロンビアの、世界一の長寿番組をご紹介します
【新型コロナウイルス】ボゴタ市の一部区域を特別警戒地区に
【訂正します 新型コロナウイルス】自宅待機延長と一部セクター活動再開
【新型コロナウイルス】強制自宅待機さらに延長 一部セクター活動再開
【新型コロナウイルス】自宅待機措置中の、町並みレポート
【新型コロナウイルス】強制自宅待機措置が延長になりました

コロンビア ツアー最安値


2020/6/5更新

中南米 航空券情報


コロンビア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■コロンビアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

中南米にもどる

  • 特派員プロフィール
  • カヒカ特派員

    カヒカ特派員
    Saeさん
    結婚を機に、2019年に移住したばかりの新米コロンビア人妻。夫とともに、首都ボゴタから少し離れた郊外で、山に囲まれた田舎生活をしています。でも本当は、海が好き。主婦業のかたわら、ライティングや英語指導をしながら、不自由な言葉、慣れない環境に悪戦苦闘中。コロンビアって、なんだか危なさそうだし、そもそもなにがあるのかよくわからない?わたしがコロンビアのおもしろいところ、たくさんお伝えします! DISQUS ID @disqus_wgNh9m9fIU

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集