海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 中南米  > カヒカ特派員ブログ > ボゴタの、「ボテロ美術館」を紹介します

コロンビア/カヒカ特派員ブログ Saeさん

コロンビア・カヒカ特派員が現地から中南米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2020年3月23日

ボゴタの、「ボテロ美術館」を紹介します


ボゴタの、「ボテロ美術館」を紹介します

¡Hola! カヒカ特派員のSaeです。


パンデミック宣言、国境封鎖、外出禁止など、世界中が本当に大騒ぎですね。
ここコロンビアでも、現在は全国で自宅待機措置が取られており、必要最低限の外出以外は禁止されています。


新型コロナウィルス情報ばかりでも、もやもやしてしまうだけなので、今日は先日私が訪れたボゴタのすてきな美術館を紹介します!


ボテロ美術館は、コロンビアの画家・彫刻家であるフェルナンド・ボテロの作品を集めた美術館です。ボテロの作品は、なんとなく見たことがある方も多いかもしれません。彼は、人間や動物などをふくよかな体型で誇張した絵がとても有名な、コロンビアを代表する芸術家です。コロンビアのメデジンという都市の出身ですが、ボゴタにも彼の絵や彫刻が至る所にあり、コロンビア国民にとっては、彼の作品はとても身近な存在であるといえます。


ボテロ美術館はボゴタの旧市街、ラ・カンデラリア地区にあります。この地区を観光する際には、黄金博物館に行く方が多いと思いますが、そこからすぐです。


この美術館のすごいところは、なんと入場が無料なこと! 無料だからといって侮ってはいけません。中にはいくつもの部屋があり、ボテロだけでなく様々な作家の作品がたくさん並んでいます。カフェやレストラン、そして、ちょっとのんびりできる、すてきな中庭もあります。
museo jardin.jpg


オーディオガイドも借りられますが、生の声でボテロの生い立ちや作品の変化、現在に至るまでの経緯などを詳しく聴けるガイドツアーもあります。もちろん、これも無料。
スペイン語ツアーは毎日、英語ツアーは週に2回やっているようです。私たちはとてもラッキーなことに、英語ツアーに参加することができました。およそ40分と言われていましたが、実際に終わったのはほぼ1時間が経過した後でした。とても詳しく、興味深くボテロのことが知れるツアーですので、タイミングが合えば参加してみてください。


諸権利の問題で、美術館内の写真があまり載せられないのですが、ぜひ実際に足を運んで、見てみてくださいね。


ボテロ美術館公式サイト


この近辺は、いろいろな美術館や博物館が多く、とてもおもしろいエリアです。
以前にご紹介した、すてきなカフェがあるのもこのエリア。

新型コロナウィルスが落ち着いたら、ぜひ行ってみてくださいね。


それでは。
¡Chao!

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 文化・芸術・美術 見所・観光・定番スポット
2020年3月23日
« 前の記事「【新型コロナウイルス】コロンビアでも、全世界からの渡航者入国制限」へ
»次の記事「【新型コロナウイルス】強制自宅待機から、1週間が経ちました」 へ
カヒカ特派員 新着記事
シパキラ、二度目の訪問と、新型コロナウイルス情報
【新型コロナウイルス】強制自宅待機から、1週間が経ちました
ボゴタの、「ボテロ美術館」を紹介します
【新型コロナウイルス】コロンビアでも、全世界からの渡航者入国制限
コロンビアのスポーツ、「テホ」を知っていますか?
【新型コロナウィルス】コロンビアで、初の感染者
コロナウイルスに関する情報:コロンビア
ボゴタ日本人学校へ、遊びに行ってきました

コロンビア ツアー最安値


2020/4/8更新

中南米 航空券情報


コロンビア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■コロンビアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

中南米にもどる

  • 特派員プロフィール
  • カヒカ特派員

    カヒカ特派員
    Saeさん
    結婚を機に、2019年に移住したばかりの新米コロンビア人妻。夫とともに、首都ボゴタから少し離れた郊外で、山に囲まれた田舎生活をしています。でも本当は、海が好き。主婦業のかたわら、ライティングや英語指導をしながら、不自由な言葉、慣れない環境に悪戦苦闘中。コロンビアって、なんだか危なさそうだし、そもそもなにがあるのかよくわからない?わたしがコロンビアのおもしろいところ、たくさんお伝えします! DISQUS ID @disqus_wgNh9m9fIU

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集