海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 中南米  > カヒカ特派員ブログ > コロンビアンフード・エンブエルトをご紹介します

コロンビア/カヒカ特派員ブログ Saeさん

コロンビア・カヒカ特派員が現地から中南米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2020年6月 8日

コロンビアンフード・エンブエルトをご紹介します


コロンビアンフード・エンブエルトをご紹介します

¡Hola! カヒカ特派員のSaeです。
 
 
まだまだ自宅待機措置中のコロンビア。
少しずつ、ショッピングセンターなどをオープンさせる動きも見せていますが、感染者は減りません。
 
 
さて今日は、コロンビアの定番フードをひとつご紹介します。
envueltos.jpg

Envuelto(エンブエルト)といいます。
 
 
コロンビアではトウモロコシの粉を使った、「Arepa(アレパ)」というパンのようなものをよく食べるのですが、このエンブエルトもトウモロコシでできています。
トウモロコシの粉、塩、砂糖、バターを練り、手のひらに乗るくらいのサイズに整えて、トウモロコシの皮で包み、蒸し上げたケーキのようなもの。
日本でよくある、蒸しパンに近く、朝ご飯やおやつに食べます。
 
写真は市販のものですが、ストリートフードとしてもメジャーで、よく道端やレストランなどで、大きなお鍋で湯気をモクモクさせながら売っています。
チーズを中に入れたり、食べるときに上にのせたりすることもあります。
 
 
中を取り出すと、こんな感じ。
envuelto piece.jpg
自宅で温めるときは、蒸すか、フライパンなどでトーストして食べます。
電子レンジはあまりおすすめしません。
 
 
アレパもエンブエルトも、トウモロコシの粉は小麦粉に比べてボソボソしているのが特長で、「ふっくらもちもち!」が好きな日本人には、はじめはちょっと慣れないかもしれません。でも、習慣的に食べていると、だんだんこの食感がとてもおいしく感じてくるものです。
 
コロンビアに来たら、ぜひ試してみてくださいね!
 
 
それでは。
¡Chao!
 
 
コロンビア国内感染者数(2020年6月6日時点):3万8027名
死者数:1205名

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材
2020年6月 8日
« 前の記事「コロンビアンフルーツと、新型コロナウイルス情報」へ
»次の記事「ボゴタのスープ・アヒアコをご紹介します」 へ
カヒカ特派員 新着記事
カヒカ特派員卒業と、ボゴタ2特派員就任のお知らせ
コロンビアの、デカフェ市場
【新型コロナウイルス】強制自宅待機、何度目?かの延長
【新型コロナウイルス】強制自宅待機措置スケジュールの前倒し
【新型コロナウイルス】ボゴタ市の地区別強制自宅待機待機措置
【新型コロナウイルス】強制自宅待機、またまた延長へ
市場の卵屋さんを紹介!&強制自宅待機措置さらに延長
コロンビアの身分証明書事情と、新型コロナウイルス情報

コロンビア ツアー最安値


2021/3/31更新

中南米 航空券情報


コロンビア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■コロンビアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

中南米にもどる

  • 特派員プロフィール
  • カヒカ特派員

    カヒカ特派員
    Saeさん
    結婚を機に、2019年に移住したばかりの新米コロンビア人妻。夫とともに、首都ボゴタから少し離れた郊外で、山に囲まれた田舎生活をしています。でも本当は、海が好き。主婦業のかたわら、ライティングや英語指導をしながら、不自由な言葉、慣れない環境に悪戦苦闘中。コロンビアって、なんだか危なさそうだし、そもそもなにがあるのかよくわからない?わたしがコロンビアのおもしろいところ、たくさんお伝えします! DISQUS ID @disqus_wgNh9m9fIU

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集