海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > カルガリー特派員ブログ > 写真展『Counter-Photography: ...

カナダ/カルガリー特派員ブログ 旧特派員 草間 智子

カナダ・カルガリー特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2010年2月10日

写真展『Counter-Photography: Japan's Artists Today』


メール プリント もっと見る

写真展『Counter-Photography: Japan's Artists Today』

先週末カルガリーダウンタウンにある『The Triangle Gallery』に行って来ました。『The Triangle Gallery』は1988年に創立された現代美術ギャラリー。240平方メートルとけして大きくはないギャラリーですが、毎回展示内容の面白さにはうならされます。国際的なものから地元アーティストの作品展、絵画からインスタレーションまで多岐に富んだ展示が楽しめます。

IMG_4896.JPG

さて、2月の展示は日本人写真家による写真展『Counter-Photography:
Japan's Artists Today』。細江英公、杉本博司、井上廣子、島袋道浩、米田知子、市川美幸など6人の女性と5人の男性写真家によって撮られた60点の写真が展示されていました。

IMG_4887.JPG

_MG_4893.JPG

IMG_4890.JPG

個人的に特に印象に残ったのはやはり現代日本を代表する写真家、細江英公氏の『鎌鼬』シリーズ。このシリーズは1960年代に秋田の伝統的な農村風景を舞台に、舞踏家土方巽のパフォーマンスを撮ったもの。土方巽の一種異様な存在感とそれによって農村の人々に引き起こされる波紋が強烈に伝わって来る作品です。

103_2.jpg

それ以外には米田知子さんの『壁紙』シリーズも印象的でした。古く、剥がれたりしみのついている壁紙を撮ったのみの写真。そこに住んでいたであろう人々の存在やストーリーなどを彷彿させる作品でした。

35_image05.jpg

写真展を通して、海外で日本を再発見できた気分です。皆さんもぜひぜひ『The Triangle Gallery』に足を運んでみてくださいね。その時々の展示内容はここ で見られます。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 文化・芸術・美術
2010年2月10日
« 前の記事「C-Train」へ
»次の記事「五輪チョコ」 へ
おすすめ記事
    カルガリー特派員 新着記事
    モンタナ野球紀行
    アイスワインチョコレートを食べてみた
    モレーンレイクに行ってきました
    カナダでも旅行認可電子システムの受付が始まりました
    バンフで立ち寄った日本食堂・CHAYA
    国境付近で見つけた恐竜のモニュメント
    なでしこジャパン感動をありがとう!
    なでしこジャパン準決勝の地・エドモントンの天気について

    カナダ 航空券情報


    カナダ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■カナダの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    北米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • カルガリー特派員

      カルガリー特派員
      草間 智子
      7年半の中国留学を経て北京にて文化史修士取得。中国、日本間の架け橋となる気満々だったのが、留学中に知り合った現在の主人と恋に落ち(笑)、2003年にカルガリーへ移民。アジアで鍛えた「宝物発掘力」をフル活用して、カルガリーの魅力を探索中 。趣味は写真、ハイキング、読書、芸術鑑賞、食べ歩き。「出された物は何でも食べる」がモットーの東京下町っ子。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集