海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > カルガリー特派員ブログ > バンクーバー五輪 ー カルガリーでは?

カナダ/カルガリー特派員ブログ 旧特派員 草間 智子

カナダ・カルガリー特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2010年2月20日

バンクーバー五輪 ー カルガリーでは?


メール プリント もっと見る

バンクーバー五輪 ー カルガリーでは?

バンクーバー五輪開催、カルガリーでもけっこう盛り上がっています。公式なイベントとしては、聖火リレーの後は開幕式の次の日にアウトドアコンサートがあったくらいですが(寒くて行かなかったけど...)、みんななんだかウキウキしている感じ。バンクーバーまで観戦に行った人(飛行機で1時間強、でも航空券の値段は普段の3倍!)、公式グッズの手袋やパーカーを着て仕事に来る人、スポーツバーで観戦する人、自家のお茶の間でテレビ観戦する人(ハイ、私です)...。

そんな皆が一番盛り上がったのは、なんといっても男子モーグルアレキサンドル・ビロドー選手がカナダに自国で初の金メダルをもたらした瞬間。スピードはもちろん華麗なジャンプで観客を沸き上がらせました。カナダでの冬季オリンピック開催は1976年のモントリオール、1988年のカルガリーとこれで3回目ですが、なぜか自国で開催された年は金メダル取得なし。今回のバンクーバー五輪では金を取って、カナダの国歌を自国のポディウムに響かせる!というのがカナダの悲願でした。

それを叶えたアレキサンドル・ビロドー選手には障害者のお兄さんがいます。金を勝ち取った直後のインタビューに、ビルドー選手は「今日の自分があるのは兄がいつもインスピレーションをくれたから」と潤んだ瞳で答えていました。他のインタビューでは、障害と共に生きながらもいつも満面の笑顔を忘れないお兄さんの前では、小さなことで愚痴ってしまう自分が小さく思えると語っていた彼。会場では弟の優勝に最前列で熱狂するお兄さんの姿や、兄弟で抱き合って喜ぶ様子が写され、深い兄弟愛に感涙を流す人も多かったのではないかと思います。

カナダ、自国での初金メダルにふさわしい人物!と評されるビロドー選手。そんな彼に今カナダ中が夢中です。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り
2010年2月20日
« 前の記事「五輪チョコ」へ
»次の記事「バンクーバー五輪 最終日」 へ
おすすめ記事
    カルガリー特派員 新着記事
    モンタナ野球紀行
    アイスワインチョコレートを食べてみた
    モレーンレイクに行ってきました
    カナダでも旅行認可電子システムの受付が始まりました
    バンフで立ち寄った日本食堂・CHAYA
    国境付近で見つけた恐竜のモニュメント
    なでしこジャパン感動をありがとう!
    なでしこジャパン準決勝の地・エドモントンの天気について

    カナダ 航空券情報


    カナダ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■カナダの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    北米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • カルガリー特派員

      カルガリー特派員
      草間 智子
      7年半の中国留学を経て北京にて文化史修士取得。中国、日本間の架け橋となる気満々だったのが、留学中に知り合った現在の主人と恋に落ち(笑)、2003年にカルガリーへ移民。アジアで鍛えた「宝物発掘力」をフル活用して、カルガリーの魅力を探索中 。趣味は写真、ハイキング、読書、芸術鑑賞、食べ歩き。「出された物は何でも食べる」がモットーの東京下町っ子。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集