海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > カルガリー特派員ブログ > ライラックフェスティバル

カナダ/カルガリー特派員ブログ 旧特派員 草間 智子

カナダ・カルガリー特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2010年6月 4日

ライラックフェスティバル


メール プリント もっと見る

ライラックフェスティバル



5月30日はカルガリーで最も人気の高いアウトドアイベントの一つ、ライラックフェスティバルの日でした。いや、ライラックフェスティバルといっても、日本の朝顔市のように実際に花を売ってるわけじゃないんですよ。ライラックの花を買おうと意気込んでいた私が「じゃあ、なんでそんな名前つけんだよ!」と現地の友人に責めよってたところ(笑)、命名の理由はライラックの咲く時期に開催されるからだとのこと。帰り道で気をつけてみると、確かに咲いてました、ライラックの花。

_MG_7330.JPG

さて、イベントには毎年約10万人の人が集まるとのこと。10万人と言えば100万人都市のカルガリーの人口10分の一!たった13ブロック(約1km)の間に人が密集して、歩くのも大変なくらい混み合うのが恒例。ただ今年は雪の後で 天気も小雨がぱらつき、気温も2度から10度ど低かったので、5万人くらいしか集まらなかったようです。といってもカルガリーの人口の20分の1が1点に集中するわけだから、充分のにぎわい。

_MG_7346.JPG
めったにお目にかかれないカルガリーの人混み

この日はレストランが立ち並ぶ「4番街(4th Street)」が13ブロックにわたって歩行者天国に変身。道の両脇には雑貨や食べ物など600あまりの屋台が並び、小さな野外コンサートも5カ所くらいで常に進行中。ストリートパフォマー達も来ていて、とにかくにぎやか。

_MG_7299.JPG
ラテン音楽の生演奏にあわせて踊る人々

_MG_7316.JPG
風船で帽子や動物など作ってくれるお兄さん

_MG_7349.JPG
カントリーミュージックのプチコンサート

雑貨は手作りの編み物からアジア系のもの、アクセサリー、洋服、絵画までなんでもあり。一番多かったのは圧倒的にジュエリー屋さん。

_MG_7301.JPG
手作りの指人形

_MG_7321.JPG
若いアーティストが自ら売っている絵画

_MG_7357.JPG
カルガリーの冬になくてはならない帽子屋さん

_MG_7351.JPG
アジアチックな鉢植え屋さん

_MG_7354.JPGインド小物の店

_MG_7327.JPG人気のアクセサリー店

食べ物の屋台は割合的には少く、全体の1割から2割くらいだったかな?でも種類には富んでいて、ホットドッグからインド料理、パスタ、ケーキ、ピザ、寿司までいろいろ。私はホットドッグ1.5個とイタリア料理のミートボールの生ハム巻き、ポップコーンをたいらげ満足。

_MG_7311.JPG
生レモンをその場で絞って作ってくれる新鮮レモネードスタンド

_MG_7319.JPG
たまごの全く入っていない健康(?)パン屋さん

_MG_7355.JPG
タイヤ付きの石釜で焼かれるピザ

パフォーマンスを見たり、音楽を聴いたり、ブラブラショッピングしたり、食べ歩いたり、半日でいろいろ楽しめるこのイベント。世界各国からの料理や雑貨が手に入るのも移民の国カナダならでは。みなさんもぜひぜひ一度足を運んで見てくださいね。車で行くと駐車場所を探してグルグル回ることになるので、Cトレイン かバスで行くことをオススメします。


ライラックフェスティバルのページ(英語)はコチラ です

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り ショッピング・雑貨・お土産
2010年6月 4日
« 前の記事「春宣言をしたそばからー!!!」へ
»次の記事「カナダのマナー&ルール」 へ
おすすめ記事
    カルガリー特派員 新着記事
    モンタナ野球紀行
    アイスワインチョコレートを食べてみた
    モレーンレイクに行ってきました
    カナダでも旅行認可電子システムの受付が始まりました
    バンフで立ち寄った日本食堂・CHAYA
    国境付近で見つけた恐竜のモニュメント
    なでしこジャパン感動をありがとう!
    なでしこジャパン準決勝の地・エドモントンの天気について

    カナダ 航空券情報


    カナダ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■カナダの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    北米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • カルガリー特派員

      カルガリー特派員
      草間 智子
      7年半の中国留学を経て北京にて文化史修士取得。中国、日本間の架け橋となる気満々だったのが、留学中に知り合った現在の主人と恋に落ち(笑)、2003年にカルガリーへ移民。アジアで鍛えた「宝物発掘力」をフル活用して、カルガリーの魅力を探索中 。趣味は写真、ハイキング、読書、芸術鑑賞、食べ歩き。「出された物は何でも食べる」がモットーの東京下町っ子。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集