海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > カルガリー特派員ブログ > キャンプ@Waterton

カナダ/カルガリー特派員ブログ 旧特派員 草間 智子

カナダ・カルガリー特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2010年6月30日

キャンプ@Waterton


メール プリント もっと見る

キャンプ@Waterton

カルガリーは最高気温が20度以上のお天気の日が続き、いよいよ夏です。やっとだ〜。


私が毎年夏になると楽しみにしているのは、なんといってもキャンプ

今回はカルガリーから車で3時間半ほど南にあるWaterton(ウォータートン国立公園)に行ってきました。この公園はアメリカとの国境に位置し、アメリカ側(モンタナ州)はグレイシャー国立公園と呼ばれてます。もちろんそちら側に行くにはパスポートやビザが必要になるんですけどね。


さて、ウォータートン国立公園内にいくつかあるキャンプ場のなかで、予約できるのはタウンサイトにあるだだっ広いキャンプ場のみ。トイレや温水シャワー、炊事場がついていて、車をテントの横に停められるので便利。キャンプサイト1つにテントを3つまでたてられて、一泊28ドル(2400円ほど)。友達5人で行ったので、とてもお得でした。

IMG_7554.JPG
キャンプ場

_MG_7418.JPG
キャンプ場にはジリス(Ground Squirrel)がたくさんいて、かわいい!

_MG_7516.JPG
キャンプ場のそばの湖のほとりにいた鹿軍団

ウォータートン国立公園は熊がよく出ることで有名。今回私達は2回も熊の親子を見る事ができました!ハイキングの途中など山道で出会うととっても恐い熊さんですが、道路のそばで車の中から見る分にはとてもほほえましい光景でした(←身勝手)。とくに小熊が可愛かったなあ。

IMG_7571.JPG
赤ちゃん熊3匹を連れた母熊

IMG_7639.JPG
こちらは少年熊を連れた母熊

昼間は大自然の中をハイキング。夜も大自然に囲まれながら料理をして、ごはんを食べて、床につく。朝はまぶしい太陽の光で目が覚める。やっぱりキャンプは最高!夏のうちにまた何回かキャンプしたいなと思ってます。

IMG_7589.JPG
2時間のハイキングのあとたどり着いたWall Lake

IMG_7479.JPG
Bear's Humpという山の中腹から見たウォータートンの町


キャンプが苦手な方には素敵なホテルもあるウォータートン国立公園。バンフやジャスパーには少し飽きたという方にもおすすめです!


ウォータートン国立公園のオフィシャルサイト(英語):http://www.pc.gc.ca/eng/pn-np/ab/waterton/index.aspx

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 旅行・ツアー・ホテル
2010年6月30日
« 前の記事「Highwood - 料理学校併設レストラン」へ
»次の記事「カナダDAY」 へ
おすすめ記事
    カルガリー特派員 新着記事
    モンタナ野球紀行
    アイスワインチョコレートを食べてみた
    モレーンレイクに行ってきました
    カナダでも旅行認可電子システムの受付が始まりました
    バンフで立ち寄った日本食堂・CHAYA
    国境付近で見つけた恐竜のモニュメント
    なでしこジャパン感動をありがとう!
    なでしこジャパン準決勝の地・エドモントンの天気について

    カナダ 航空券情報


    カナダ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■カナダの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    北米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • カルガリー特派員

      カルガリー特派員
      草間 智子
      7年半の中国留学を経て北京にて文化史修士取得。中国、日本間の架け橋となる気満々だったのが、留学中に知り合った現在の主人と恋に落ち(笑)、2003年にカルガリーへ移民。アジアで鍛えた「宝物発掘力」をフル活用して、カルガリーの魅力を探索中 。趣味は写真、ハイキング、読書、芸術鑑賞、食べ歩き。「出された物は何でも食べる」がモットーの東京下町っ子。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集