海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > カルガリー特派員ブログ > ケッベクシティーの一押しレストラン

カナダ/カルガリー特派員ブログ 旧特派員 草間 智子

カナダ・カルガリー特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2010年8月24日

ケッベクシティーの一押しレストラン


メール プリント もっと見る

ケッベクシティーの一押しレストラン

いろいろ私事に忙しく、またまたご無沙汰してしまいました。

さて、前置きは抜きにして、さっそく前回お約束したケベックシティーの一押しレストランのご紹介に入りましょう。

まずは、いつ行っても行列ができていたクレープ専門店、Casse-Crepe Breton. フルーツやクリームの入った甘いクレープからごはんクレープまであり、ごはんクレープは十数種類の野菜やチーズ、お肉の中から何を入れるか自分で選んで注文する形式。4日間通い続けていろいろなコンビネーションを試してみた結果、私の一番のヒットはほうれん草、ベーコン、たまご、チーズ入りクレープでした。パリッとしたクレープの皮にたまごとほうれん草のホッカリした食感、ベーコンのカリカリ、チーズのとろとろが良く合って最高!お店で絞ってくれるジュースもとてもおいしくて、お値段もかなり手頃でした。朝ご飯や軽いランチ、デザートにおすすめです。

_MG_7721.JPG

_MG_7713.JPG

オススメのランチスポットはPaillard。セルフサーブ形式のお店で、焼きたてパンやサンドイッチ、スープ、サラダ、デザートなどをカウンターで買って、自分のテーブルに運んで食べる気軽なお店。いつもフレンチカナディアンで混み合っているこのお店のパンは絶品で、珈琲やスープ、サラダと合わせて軽いランチを楽しみたいときにはバッチリです。www.paillard.ca/

_MG_8307.JPG

さて、せっかくフランス語圏に来たからには、やっぱり一度は食べたいのがフランス料理。何件か自分で歩いて試してみてダメだったなか、友達に薦めてもらって行ってみて正解だったのがL' Echaude。旧市街のかなりはじっこ (Rue Sault - au - Matelot)にあるので、少し見つけにくいのが難点とはいえ、行く価値あり!友達と三人で前菜やメインディッシュを味見し合って食べたところ、どのお料理もはずれがないおいしさ。特にサーモンのタルタルはいろいろなスパイスが程よく効いていて美味しかったです。メインディッシュが18ドル(約1450円)から38ドル(約3000円)ととてもリーズナブルなのもうれしい。夜はかなり混んでいたので予約が必要かも。http://www.echaude.com/

IMG_8065.JPG

IMG_8066.JPG

IMG_8063.JPG

きちんと情報を集めて食べ歩きをしないと、まずいお店につかまりやすいケベックシティー。次に行く機会があったらさらにじっくり情報集めをして臨みたいです。皆さんもここがおいしいという一押しレストランがあれば、ぜひ教えてくださいね.

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材 旅行・ツアー・ホテル
2010年8月24日
« 前の記事「ケベックシティー旅行」へ
»次の記事「8月のお題 カナダの名前事情」 へ
おすすめ記事
    カルガリー特派員 新着記事
    モンタナ野球紀行
    アイスワインチョコレートを食べてみた
    モレーンレイクに行ってきました
    カナダでも旅行認可電子システムの受付が始まりました
    バンフで立ち寄った日本食堂・CHAYA
    国境付近で見つけた恐竜のモニュメント
    なでしこジャパン感動をありがとう!
    なでしこジャパン準決勝の地・エドモントンの天気について

    カナダ 航空券情報


    カナダ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■カナダの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    北米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • カルガリー特派員

      カルガリー特派員
      草間 智子
      7年半の中国留学を経て北京にて文化史修士取得。中国、日本間の架け橋となる気満々だったのが、留学中に知り合った現在の主人と恋に落ち(笑)、2003年にカルガリーへ移民。アジアで鍛えた「宝物発掘力」をフル活用して、カルガリーの魅力を探索中 。趣味は写真、ハイキング、読書、芸術鑑賞、食べ歩き。「出された物は何でも食べる」がモットーの東京下町っ子。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集