海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > カルガリー特派員ブログ > カナダ(カルガリー)のペット事情

カナダ/カルガリー特派員ブログ 旧特派員 草間 智子

カナダ・カルガリー特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2010年9月27日

カナダ(カルガリー)のペット事情


メール プリント もっと見る

カナダ(カルガリー)のペット事情


カルガリーはすっかり秋!紅葉も進んで、町は見渡す限りの黄色できれい。今週は気温もだいぶ上がって、昨日は最高気温が20度を越えました!この先も少し2桁の日が続きそうです。ホッ。

IMG_8500.JPG
散歩道の木々も黄一色

_MG_8507.JPG
カナダオリンピック公園の見える丘から。常緑樹以外はすっかり色が変わった木々。

_MG_8503.JPG

さて、今月のお題はペット事情です。
猫派の私がカナダに来てまず気づいたのは、犬を飼っている人が猫を飼っている人より圧倒的に多いこと。そして、大型犬も家の中で飼っているのにはびっくり。


カナダはアメリカと違って家の中には土足であがらないんです。日本のように玄関で靴を脱いでから家に上がる。でも、犬は土足で散歩の後も家に入ってくるので、靴下または裸足で過ごすのはなんだかなあ...。犬小屋で飼うには冬が寒すぎるからなんでしょうけど、私は未だちょっと抵抗ありです。


また、犬のためのサービスも多くてびっくり。仕事が忙しい友人は、日中は犬のデイケア
に愛犬を預けて、夕方迎えに行きます。一人(?)で家に置いておくと可哀想だからということで、デイケアでは他の犬と遊ばせてくれたり、ご飯はもちろんいろいろ面倒も見てくれるので安心だとのこと。費用はなんと一日約3000円!私の友達はほぼ毎日愛犬を預けているので、大変な出費だと思います。また、犬の散歩代行サービスもあって、忙しくてなかなか散歩に行けない飼い主のかわりに、散歩代行者が愛犬のお散歩をしてくれます。


また、犬とどこでもいっしょに行く飼い主も多く、いっしょにクロスカントリースキーをしている人、犬用トレーラーを自転車の後ろにつけてマウンテンバイクをしている人なども見かけます。またカルガリーには"Dog Park" という犬を放し飼いにして自由に遊ばせられる公園がいくつもあります。オーガニックのペットのエサ屋さんもあって、私のごはんよりよっぽど値段のはりそうな(笑)犬用クッキーなどを売っているんですよ。

Austin.jpg
スキー中の友人と一緒に走る彼女の愛犬

私の義家族もそれぞれみんな犬を飼っていて、クリスマスには家族にプレゼント用意する様に犬にも用意しています。おもちゃやごちそうなどをちゃんと包装紙とリボンでラッピングして、25日にオープン。みんなそろって親バカならぬ「飼い主バカ」です(笑)。


ペットのいない私には「やりすぎ」、「過保護すぎ」と感じることもあるカナダのペット事情ですが、カナダでは犬は本当に家族の一員なんだなあと実感します。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 生活・習慣・マナー
2010年9月27日
« 前の記事「9月に初雪?!」へ
»次の記事「カルガリー国際映画祭」 へ
おすすめ記事
    カルガリー特派員 新着記事
    モンタナ野球紀行
    アイスワインチョコレートを食べてみた
    モレーンレイクに行ってきました
    カナダでも旅行認可電子システムの受付が始まりました
    バンフで立ち寄った日本食堂・CHAYA
    国境付近で見つけた恐竜のモニュメント
    なでしこジャパン感動をありがとう!
    なでしこジャパン準決勝の地・エドモントンの天気について

    カナダ 航空券情報


    カナダ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■カナダの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    北米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • カルガリー特派員

      カルガリー特派員
      草間 智子
      7年半の中国留学を経て北京にて文化史修士取得。中国、日本間の架け橋となる気満々だったのが、留学中に知り合った現在の主人と恋に落ち(笑)、2003年にカルガリーへ移民。アジアで鍛えた「宝物発掘力」をフル活用して、カルガリーの魅力を探索中 。趣味は写真、ハイキング、読書、芸術鑑賞、食べ歩き。「出された物は何でも食べる」がモットーの東京下町っ子。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集