海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > カルガリー特派員ブログ > カルガリー国際映画祭

カナダ/カルガリー特派員ブログ 旧特派員 草間 智子

カナダ・カルガリー特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2010年10月 5日

カルガリー国際映画祭


メール プリント もっと見る

カルガリー国際映画祭


9月24日から10月3日まで、毎年恒例のカルガリー国際映画祭が開かれました。


世界50カ国から集められた150本ほどの映画が11日間に渡って市内の6ヶ所映画館で上映されるこの映画祭。ハリウッド映画とは一味違ったインディー映画や、映画祭でないと見ることもないであろう国からの映画なども見られ(ロシア、イスラエル、北朝鮮、アフガニスタン等)か私が毎年楽しみにしているイベントです。



さて、クリエイティブな映画も多い映画祭、毎年おおはずれから大当たりまでいろいろあります。去年は4つ観た映画におおはずれが2つもあってがっかり。入場券の12ドルもったいなかったな!と思いながらも、埋もれた宝のようなすばらしい映画を観るために今年もトライ。


今年は多忙で2日しか行けなかったのですが、2本みた映画がどちらも大当たり!


一本目はカルガリーとその周辺が舞台の超ローカル映画、「Roger's Pass」。
コメディーで大笑いしながらも涙もぽろぽろこぼれるような、ほっかりした映画でした。
ローカルなので、映画が終わったあと監督や俳優が全員出てきて、質疑応答をしてくれたのも良かったです。すごく評判がよかったので、アンコールで他の日にもっと大きな劇場で再上映になったほど。私は100点満点中100点あげたいくらい気に入りました。

http://rogerspassmovie.com/ 
(ウェブサイト、予告編も見られます。予告編が映画のすばらしさを全くといっていいほど伝えていないのが残念!)



もう一つの映画は韓国映画の「A Brand New Life (Yeo-haeng-ja)」。監督自身のちょっと悲しい自伝。主人公の少女の演技がすばらしく、感動しました。映画の撮り方もとてもきれいで、写真みたいな場面が印象に残る映画でした。

http://www.calgaryfilm.com/2010/schedule/film/107/
(ページの下の方のリンクから予告編が見られます)



この映画祭は国際的な映画を観られる良い機会であるとともに、カナダ映画を楽しむまたとないチャンスでもあります。カナダ映画、日本にいたらなかなか観る機会がないですよね、実はカナダにいてもないんです(笑)。 大きな劇場はやはりハリウッド映画が主流で、カナダでもあまり注目されないカナダ映画...。

毎年この映画祭を通して世界や、もっと濃いカナダに出会えている気がします。メジャーでないけれど、本当に良い映画を発掘できるすばらしいチャンス!みなさんもぜひ足を運んでみてくださいね。



http://www.calgaryfilm.com/
(映画祭のウェブサイト、英語)

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー エンターテイメント・音楽・ショー 文化・芸術・美術
2010年10月 5日
« 前の記事「カナダ(カルガリー)のペット事情」へ
»次の記事「カナダのサンクスギビング」 へ
おすすめ記事
    カルガリー特派員 新着記事
    モンタナ野球紀行
    アイスワインチョコレートを食べてみた
    モレーンレイクに行ってきました
    カナダでも旅行認可電子システムの受付が始まりました
    バンフで立ち寄った日本食堂・CHAYA
    国境付近で見つけた恐竜のモニュメント
    なでしこジャパン感動をありがとう!
    なでしこジャパン準決勝の地・エドモントンの天気について

    カナダ 航空券情報


    カナダ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■カナダの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    北米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • カルガリー特派員

      カルガリー特派員
      草間 智子
      7年半の中国留学を経て北京にて文化史修士取得。中国、日本間の架け橋となる気満々だったのが、留学中に知り合った現在の主人と恋に落ち(笑)、2003年にカルガリーへ移民。アジアで鍛えた「宝物発掘力」をフル活用して、カルガリーの魅力を探索中 。趣味は写真、ハイキング、読書、芸術鑑賞、食べ歩き。「出された物は何でも食べる」がモットーの東京下町っ子。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集