海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > カルガリー特派員ブログ > カナダ初のイスラム教徒市長、カルガリーにて誕生!

カナダ/カルガリー特派員ブログ 旧特派員 草間 智子

カナダ・カルガリー特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2010年10月21日

カナダ初のイスラム教徒市長、カルガリーにて誕生!


メール プリント もっと見る

カナダ初のイスラム教徒市長、カルガリーにて誕生!


タイトルのとおり、カナダ初のイスラム教徒市長が、ここカルガリーにて誕生しました!同じビジブル・マイノリティー(見て分かる少数民族、つまり非白人)としてうれしいニュースです。


市長選挙戦中に有力と言われていた女性ニュースキャスターや、長年市議会議員をしていたベテランの男性を破って40%の票を集めたNaheed Nenshi。38歳の若さはもちろん、ビジブル・マイノリティー(名前からするとインド系か)でイスラム教徒の彼が市長になったのには、カナダ中が大注目!


彼の写真は選挙用のウェブサイトでどうぞ:http://www.nenshi.ca/new/


さて、カルガリー大学学部卒業、ハーバード大学修士課程を持ち、カルガリーのMount Royal Universityのビジネスの教授でもあるNenshi氏。彼の選挙活動は、FacebookやツTwitter(ツイーター)などのオンラインコミュニティーを大いに活用した斬新なものだったといわれています。
若者の票も多く集まり、投票率も2007年の32.9%から53.24%に上がりました。


「今朝僕が市長になったと知った全ての子供達が、自分の背景や人種、家の収入や住んでいる地域にかかわらず、"カルガリーでは僕はなりたいものになれるんだ"と思ってくれることを望む。」選挙結果を受けたNenshi氏がこう言っていたのが印象に残りました。


まだまだ保守的なカルガリーに彼がどんな風を吹き込んでくれるのか。カルガリーはもちろんカナダ全体が注目しています。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 生活・習慣・マナー 通信・携帯・インターネット
2010年10月21日
« 前の記事「カナダのサンクスギビング」へ
»次の記事「ブランチに一押しのレストランーCora」 へ
おすすめ記事
    カルガリー特派員 新着記事
    モンタナ野球紀行
    アイスワインチョコレートを食べてみた
    モレーンレイクに行ってきました
    カナダでも旅行認可電子システムの受付が始まりました
    バンフで立ち寄った日本食堂・CHAYA
    国境付近で見つけた恐竜のモニュメント
    なでしこジャパン感動をありがとう!
    なでしこジャパン準決勝の地・エドモントンの天気について

    カナダ 航空券情報


    カナダ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■カナダの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    北米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • カルガリー特派員

      カルガリー特派員
      草間 智子
      7年半の中国留学を経て北京にて文化史修士取得。中国、日本間の架け橋となる気満々だったのが、留学中に知り合った現在の主人と恋に落ち(笑)、2003年にカルガリーへ移民。アジアで鍛えた「宝物発掘力」をフル活用して、カルガリーの魅力を探索中 。趣味は写真、ハイキング、読書、芸術鑑賞、食べ歩き。「出された物は何でも食べる」がモットーの東京下町っ子。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集