海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > カルガリー特派員ブログ > カナダのお金

カナダ/カルガリー特派員ブログ 旧特派員 草間 智子

カナダ・カルガリー特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2011年6月30日

カナダのお金


メール プリント もっと見る

カナダのお金


突然ですが、今日はカナダの通貨について。


カナダで現在流通しているのは:


硬貨:1セント、5セント、10セント、25セント、1ドル、2ドル
紙幣:5ドル、10ドル、20ドル、50ドル、100ドル


かなりおおまかに言えば、1セントが日本の一円、1ドルが100円、10ドルが1000円、100ドルが一万円のような感じです。

_MG_0277.jpg
カナダの硬貨。左上が2ドル、その下が1ドル。右は上から25セント、10セント、5セント、1セント

私がカナダに来たばかりの時よく間違えたのが5セントと10セント。というのも、5セントの方が10セント硬貨より大きいんです。私の感覚だと、金額が大きいほど硬貨も大きくなるべきなので、ついつい10セントを出す場面で5セントを出してました。


$2は「トゥーニー」、$1は「ルーニー」、25¢は「クォーター」、10¢は「ダイム」、5¢は「ニッケル」、1¢は「ペニー」とも呼ばれています。


IMG_0311.jpg
5ドル札

IMG_0312.jpg
10ドル札

IMG_0287.jpg
20ドル札

お札については50ドルと100ドル紙幣はあまり頻繁に目にしません。例えば銀行のATMで200ドル引き出しても、20ドル札が10枚出てきます。


それからおつりなどにアメリカドル(硬貨)が混ざってくることもたまにあります。気がついたらお財布の中にアメリカドルが入ってたことが私も何回かありました。たいていそのまま使えるので大丈夫ですけどね。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お金・通貨・両替
2011年6月30日
« 前の記事「輸入家具&雑貨屋さん、SACRED JOURNEY」へ
»次の記事「カナダの建国記念日」 へ
おすすめ記事
    カルガリー特派員 新着記事
    カルガリーからサスカツーンへ
    モンタナ野球紀行
    アイスワインチョコレートを食べてみた
    モレーンレイクに行ってきました
    カナダでも旅行認可電子システムの受付が始まりました
    バンフで立ち寄った日本食堂・CHAYA
    国境付近で見つけた恐竜のモニュメント
    なでしこジャパン感動をありがとう!
    1年前の同じ月に投稿された記事
    キャンプ@Waterton
    Highwood - 料理学校併設レストラン
    カナダのマナー&ルール
    ライラックフェスティバル

    カナダ 航空券情報


    カナダ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■カナダの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    北米特派員ブログ一覧

    USAライス連合会アメリカ/ソルトレイクシティアメリカ/アトランタアメリカ/ウィドビー島アメリカ/ウエストウッドアメリカ/キャンベルアメリカ/サンタモニカアメリカ/サンノゼアメリカ/サンフランシスコアメリカ/サンフランシスコ2アメリカ/シアトルアメリカ/シアトル2アメリカ/シカゴアメリカ/シカゴ2アメリカ/ダラスアメリカ/デトロイトアメリカ/ニューオリンズアメリカ/ニューヨークアメリカ/ヒューストンアメリカ/フェニックスアメリカ/ブルックリンアメリカ/ホワイトプレーンズアメリカ/ボストンアメリカ/ポートランドアメリカ/マイアミアメリカ/ミネアポリスアメリカ/モントレーアメリカ/ラスベガスアメリカ/ロスアンゼルスアメリカ/ロングビーチアメリカ/ワシントンDCアメリカ/ワシントンDC2カナダ/オタワカナダ/カルガリーカナダ/ケロウナカナダ/トロントカナダ/ナナイモ・ダンカンカナダ/バンクーバーカナダ/ビクトリアカナダ/ホワイトホースカナダ/モントリオールカナダ/リッチモンド

    北米にもどる

    地球の歩き方Web特派員募集