海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > カルガリー特派員ブログ > 動物を見たいなら...

カナダ/カルガリー特派員ブログ ハナ

カナダ・カルガリー特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2012年8月23日

動物を見たいなら...


メール プリント もっと見る

動物を見たいなら...

今日、悲しいニュースが入ってきました。カルガリー動物園の人気者のカバが安楽死によってなくなりました。フォギーという名のカバはカルガリー動物園の最古参。47歳で近年老化による体力の衰えが著しかったとのこと。動物園の人気者がいなくなるのは寂しいですね。

 

さて、カルガリーにはダウンタウンの東側に動物園があります。C-TrainのZoo駅の目の前にあり、車がない人でもアクセスが簡単です。入場料は大人16歳以上$21。子供3~15歳まで$13。2歳以下はタダとなっています。

 

もちろんカルガリー動物園も素晴らしいのですが、もし時間があるならバンフまで足を伸ばしてみることをお薦めします。というのは、バンフに行けば街中で野生動物が見られるからです。タダで天然サファリパークを体験することができます。100%出会えるという保証はありませんが、何種類の動物に出会えるか、友達や家族と競争してみるのも楽しいですね。

 

以下の写真は私がバンフに行ったとき出会った動物の一部です。


ミュールディアー.jpg

これは住宅地の中で出会ったミュールディアー。目がクリクリしてて愛らしい顔をしています。このミュールディアーはかなりの確率で見ることができます。

 

エルク.jpg

これはエルク。ミュールディアーに似ていますが、角が生えています。結構獰猛で、近付くと危険。遠目から見ることをお勧めします。森の中に入っていくと見られる確率が上がります。

 

ビッグホーンシープ.jpg

こちらはビッグホーンシープ。バンフの街中では見られませんが、バンフアベニューから3~4km程離れたミネワンカ湖付近で高確率で見ることができます。

 

その他、コヨーテやブラックベアーなんかも稀に街中で見ることができます。私は深夜のバンフアベニューでコヨーテに出くわし怖い目にあいました。ブラックベアーが出没するとすぐにその場所が封鎖されていまいますのでブラックベアーを見ることは難しいかもしれません。

 

他にもまだまだ野生動物が生息しています。

バンフで野生動物に出会ったときは、決して近付き過ぎないようにして、エサは与えないようにしましょう。

(8月のお題"動物園・水族館")

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 自然・風景
2012年8月23日
« 前の記事「Omatsuri」へ
»次の記事「Johnston Canyon」 へ
おすすめ記事
    カルガリー特派員 新着記事
    モンタナ野球紀行
    アイスワインチョコレートを食べてみた
    モレーンレイクに行ってきました
    カナダでも旅行認可電子システムの受付が始まりました
    バンフで立ち寄った日本食堂・CHAYA
    国境付近で見つけた恐竜のモニュメント
    なでしこジャパン感動をありがとう!
    なでしこジャパン準決勝の地・エドモントンの天気について
    1年前の同じ月に投稿された記事
    Lake Minnewanka
    Barrier Lake
    イングルウッド鳥類保護区
    Upper kananaskis lake

    カナダ 航空券情報


    カナダ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■カナダの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    北米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • カルガリー特派員

      カルガリー特派員
      ハナ
      ニッポン放送、QVCを経てカルガリーに移住。現在はDestiny Production、Shaw TV(いづれもカルガリー)に属し、フリーランス・ビデオグラファーとして活動。根っからのメディア人が最近はフリーランス・ライターとしても活動中。これまでに『週刊野球太郎』、『カルガリー・ウォーカー』などに寄稿。今年5月からはカルガリーの情報サイト『もぁもぁ かるがりー』を立ち上げ、カルガリーの情報を発信している。 DISQUS ID @disqus_YAuWoYOS1d

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集