海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > カルガリー特派員ブログ > 化石の街・ドラムヘラー

カナダ/カルガリー特派員ブログ ハナ

カナダ・カルガリー特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2012年11月 8日

化石の街・ドラムヘラー


メール プリント もっと見る

化石の街・ドラムヘラー

 10月下旬に降ったドカ雪がようやく溶けたので、なんとなく何処かへ行きたい気分になり、ドライブも兼ねて化石の街・ドラムへラーに行って来ました。

 

ドラムへラーはアルバータ州中東部、カルガリーの北東約110kmに位置し人口約8000人の小さな田舎町。ところがこの街は世界有数の化石発掘地帯で、知る人ぞ知る穴場的観光地です。

 

今回は日帰りなので、目的地は2つ。Royal Tyrrell Museum(ロイヤル・ティレル古生物学博物館)World's Largest Dinosaur(世界最大の恐竜)

 

この日は晴れ予報が一転曇り。しかも霧。カルガリー市内を抜けると更に霧が濃くなり、視界がほとんどなくなってしまいました。この霧の中を走ること90分、ようやく着いたドラムへラーの街で出迎えてくれたのは無数の恐竜のオブジェでした。車の中で子供達は大興奮!

 

まず向かった先はWorld's Largest Dinosaur。大きい大きいと聞かされていたティラノサウルスの模型。本当に大きかった。高さはなんと26.2m。この大きさに子供達は再度大興奮。

2012-11-07恐竜.JPG

 

実はこのティラノサウルスの後ろがインフォメーションセンターとギフトショップになっていて、ここで入場料($3)を払えばティラノサウルスの口の中まで登れるんです。

2012-11-07ギフトショップ.JPG

 

 

世界最大の恐竜を満喫した後、さらに西へ約7km、ミッドランド州立公園内を走っていくとロイヤル・ティレル古生物学博物館に到着です。ここでもやはり多くの恐竜のオブジェが出迎えてくれました。

2012-11-07オブジェ.JPG

 

入場料 を払って早速館内へ。

大きな恐竜の化石の標本に只々あぜん。恐竜好きの子供は熱心にメモをとっていました。

2012-11-07ティラノ.JPG

 

展示は年代別になっていてとても見やすかったです。ここアルバータ州はかつて海の底だったこともあり、恐竜だけでなく、海の古代生物の化石も展示してあります。

 

もちろんギフトショップもあります。

 この日はとても楽しい一日でした。次回は夏に来たいですね。

 

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 文化・芸術・美術 見所・観光・定番スポット
2012年11月 8日
« 前の記事「達磨でかつ丼」へ
»次の記事「ウインタータイヤ」 へ
おすすめ記事
    カルガリー特派員 新着記事
    モンタナ野球紀行
    アイスワインチョコレートを食べてみた
    モレーンレイクに行ってきました
    カナダでも旅行認可電子システムの受付が始まりました
    バンフで立ち寄った日本食堂・CHAYA
    国境付近で見つけた恐竜のモニュメント
    なでしこジャパン感動をありがとう!
    なでしこジャパン準決勝の地・エドモントンの天気について
    1年前の同じ月に投稿された記事
    モロッコレストラン The Casbah
    ベトナム風サンドイッチの店ーThiThi
    Millarville クリスマスマーケット
    NOTABLEのブランチ

    カナダ 航空券情報


    カナダ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■カナダの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    北米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • カルガリー特派員

      カルガリー特派員
      ハナ
      ニッポン放送、QVCを経てカルガリーに移住。現在はDestiny Production、Shaw TV(いづれもカルガリー)に属し、フリーランス・ビデオグラファーとして活動。根っからのメディア人が最近はフリーランス・ライターとしても活動中。これまでに『週刊野球太郎』、『カルガリー・ウォーカー』などに寄稿。今年5月からはカルガリーの情報サイト『もぁもぁ かるがりー』を立ち上げ、カルガリーの情報を発信している。 DISQUS ID @disqus_YAuWoYOS1d

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集