海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > カルガリー特派員ブログ > カナダからペニーが消える・・・

カナダ/カルガリー特派員ブログ ハナ

カナダ・カルガリー特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2013年3月 5日

カナダからペニーが消える・・・


メール プリント もっと見る

カナダからペニーが消える・・・

カナダのお金で消費者の嫌われ者と言えば1セント硬貨(ペニー)でしょう。貨幣価値は日本の1円程度(1カナダドル=100円でざっくり計算した場合)で、おつりでもらった日には次に使う機会がなかなかなく、財布にたまる一方でおじゃまむしになってしまいます。

 

ですから、カナダではおつりでもらったペニーをレジの前のドネーションボックスやチップトレイに入れたり、例えおつりをもらって持ち帰ったとしても、すぐに財布から出し、貯金箱みたいなものに入れたりして、極力手元に置かないようにしている人が多いのです。

 

外を歩いているとよくペニーが落ちています。落ちていても誰も見向きもしないペニーがなんとなくかわいそう。

 

そんな中ついに、2月4日からカナダ造幣局はペニーの流通を止め回収を始めました。そもそも1セント硬貨を作るコストが1.6セントもかかっていて、赤字を抱えるカナダ連邦政府が歳出抑制措置の一環として嫌われ者のペニーの廃止を決定しました。すでにペニーの生産は昨年5月で終了しているので、徐々にペニーが消えていくことになります。

 

今後、店舗での支払い請求額が0セントか5セントへ切り上げか切り下げられます。つまり、1~2セントは0セントに切り下げ、3~4セントは5セントに切り上げ、6~7セントは5セントに切り下げ、8~9セントは10セントに切り上げられます。例えば、レジでの合計が1.99ドルだとすると支払額は2.00ドルに、20.02ドルだと20.00ドルになります。

 

コンビニで1.29ドルの飲み物を買ったのに1.30ドル請求されても怒らないように。ちなみに現金での支払いのみ有効ですので、クレジットカードやデビットカードでの支払いでは適用されません。

 

カナダに来てペニーを手に入れたら、記念にとっておくのもいいかもしれませんね。

 

2013-03-03 penny.jpg

生産が終了し回収が始まったペニー。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お金・通貨・両替
2013年3月 5日
« 前の記事「ダウンタウンのど真ん中でアイススケート」へ
»次の記事「春の陽気、一転して大雪、そして春へ」 へ
おすすめ記事
    カルガリー特派員 新着記事
    カルガリーからサスカツーンへ
    モンタナ野球紀行
    アイスワインチョコレートを食べてみた
    モレーンレイクに行ってきました
    カナダでも旅行認可電子システムの受付が始まりました
    バンフで立ち寄った日本食堂・CHAYA
    国境付近で見つけた恐竜のモニュメント
    なでしこジャパン感動をありがとう!

    カナダ 航空券情報


    カナダ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■カナダの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    北米特派員ブログ一覧

    USAライス連合会アメリカ/ソルトレイクシティアメリカ/アトランタアメリカ/ウィドビー島アメリカ/ウエストウッドアメリカ/キャンベルアメリカ/サンタモニカアメリカ/サンノゼアメリカ/サンフランシスコアメリカ/サンフランシスコ2アメリカ/シアトルアメリカ/シアトル2アメリカ/シカゴアメリカ/シカゴ2アメリカ/ダラスアメリカ/デトロイトアメリカ/ニューオリンズアメリカ/ニューヨークアメリカ/ヒューストンアメリカ/フェニックスアメリカ/ブルックリンアメリカ/ホワイトプレーンズアメリカ/ボストンアメリカ/ポートランドアメリカ/マイアミアメリカ/ミネアポリスアメリカ/モントレーアメリカ/ラスベガスアメリカ/ロスアンゼルスアメリカ/ロングビーチアメリカ/ワシントンDCアメリカ/ワシントンDC2カナダ/オタワカナダ/カルガリーカナダ/ケロウナカナダ/トロントカナダ/ナナイモ・ダンカンカナダ/バンクーバーカナダ/ビクトリアカナダ/ホワイトホースカナダ/モントリオールカナダ/リッチモンド

    北米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • カルガリー特派員

      カルガリー特派員
      ハナ
      ニッポン放送、QVCを経てカルガリーに移住。現在はDestiny Production、Shaw TV(いづれもカルガリー)に属し、フリーランス・ビデオグラファーとして活動。根っからのメディア人が最近はフリーランス・ライターとしても活動中。これまでに『週刊野球太郎』、『カルガリー・ウォーカー』などに寄稿。今年5月からはカルガリーの情報サイト『もぁもぁ かるがりー』を立ち上げ、カルガリーの情報を発信している。 DISQUS ID @disqus_YAuWoYOS1d

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集