海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > カルガリー特派員ブログ > 春の陽気、一転して大雪、そして春へ

カナダ/カルガリー特派員ブログ ハナ

カナダ・カルガリー特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2013年3月 6日

春の陽気、一転して大雪、そして春へ


メール プリント もっと見る

春の陽気、一転して大雪、そして春へ

先週の日曜日未明から降り続いた雪は、1日で15~20cm積もりました。その前々日の金曜日には気温が12度まで上がり、このまま春を迎えそうな感じでした。市内の雪もほとんど溶けていたのに・・・

 

明けて月曜日から天気も回復し、今日火曜日はマイナス8度前後と気温は低いものの、日差しも戻ってきて、ダウンタウンや幹線道路では雪もすっかり溶け、春への歩みを再開しました。

 

カルガリーでは前日の気温が10度あったのに、次の日マイナス15度とか、昨日マイナス20度だったのに今日5度とか、気温の高低差が激しいことが多々あります。

 

特に、シヌークというこの土地独特のフェーン現象が起きた時、数時間で気温が20度位上がることもあります。この気温差に体が適応できず、頭痛を感じる人もたくさんいます。幸い私はこの冬に頭痛を感じることはありませんでしたが、同僚のカナダ人は頭痛を頻繁に感じていました。冬場にカルガリーに来てなんとなく頭痛がしたら、このシヌークが原因かもしれません。

 

カルガリーで迎えた初めての冬。寒さで乗り越えられるか心配でしたけど、なんとか乗り越えられそうです。

 

先日、30年カルガリーに住んでいる生け花の先生とお話しする機会がありました。その先生は、外の気温は低いけど、室内はどこに行っても暖かいから、日本の冬より暮らしやすいと言っていました。私も同感です。寒さの厳しいカルガリーですが住んでしまえば冬場は意外と暖かく暮らせます。

 

春はもうすぐ。春が近づくとなんだかウキウキしてきますね。

 

3月1日、市内の雪はすっかり溶けて春近しと思っていたのだが・・・

 

3月3日、突然の大雪。20cm近く積もり冬に逆戻り。

 

3月5日、日差しも戻ってダウンタウンの雪はアッという間になくなりました。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 天気・気候・気温
2013年3月 6日
« 前の記事「カナダからペニーが消える・・・」へ
»次の記事「カルガリー空港での時間の潰し方」 へ
おすすめ記事
    カルガリー特派員 新着記事
    モンタナ野球紀行
    アイスワインチョコレートを食べてみた
    モレーンレイクに行ってきました
    カナダでも旅行認可電子システムの受付が始まりました
    バンフで立ち寄った日本食堂・CHAYA
    国境付近で見つけた恐竜のモニュメント
    なでしこジャパン感動をありがとう!
    なでしこジャパン準決勝の地・エドモントンの天気について

    カナダ 航空券情報


    カナダ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■カナダの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    北米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • カルガリー特派員

      カルガリー特派員
      ハナ
      ニッポン放送、QVCを経てカルガリーに移住。現在はDestiny Production、Shaw TV(いづれもカルガリー)に属し、フリーランス・ビデオグラファーとして活動。根っからのメディア人が最近はフリーランス・ライターとしても活動中。これまでに『週刊野球太郎』、『カルガリー・ウォーカー』などに寄稿。今年5月からはカルガリーの情報サイト『もぁもぁ かるがりー』を立ち上げ、カルガリーの情報を発信している。 DISQUS ID @disqus_YAuWoYOS1d

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集