海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > カルガリー特派員ブログ > シヌークというフェーン現象

カナダ/カルガリー特派員ブログ ハナ

カナダ・カルガリー特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2014年1月27日

シヌークというフェーン現象


メール プリント もっと見る

シヌークというフェーン現象

カルガリーの冬は寒い。12月から1月の平均最低気温は−13度、平均最高気温も−1度と日本に比べると本当に寒い。この冬も12月7日に最低気温が−30.1まで下がりました。この冬最低気温が−20度を下回ったのは今日まで6日。こんな日は寒くて外に出たくありません。

でもこのカルガリーの冬をそんなに住みにくくないという人も多いのです。というのもカルガリーの寒波は長続きしません。−20度を記録しても3〜4日で寒波は過ぎ去ってしまいます。そして気温が0度以上になり暖かい日は10度以上にもなります。

これは、太平洋から吹く季節風の影響で、暖かく乾燥した風がカルガリーに吹くフェーン現象で地元ではシヌークと言われています。このシヌークが来ると気温が急激に上昇し、数時間のうちに気温が15度近く上昇することがあります。

このシヌークが寒波の合間合間にやってきて寒さを和らげてくれます。だから意外にもカルガリーの冬は過ごしやすいという人が多いのです。

事実1月24日には最高気温が12.4度に達し春を感じさせてくれました。シヌークが去ってしまった1月26日(今日)は最低気温は−17度を予想しています。また真冬に逆戻り。寒暖の差が激しいのもカルガリーの気候の特徴ですね。


2014-01-26 chinook.jpg

シヌークは雲を集め街を覆うのが特徴です。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 天気・気候・気温
2014年1月27日
« 前の記事「カルガリータワーからの夜景」へ
»次の記事「カルガリーの賃貸事情」 へ
おすすめ記事
    カルガリー特派員 新着記事
    モンタナ野球紀行
    アイスワインチョコレートを食べてみた
    モレーンレイクに行ってきました
    カナダでも旅行認可電子システムの受付が始まりました
    バンフで立ち寄った日本食堂・CHAYA
    国境付近で見つけた恐竜のモニュメント
    なでしこジャパン感動をありがとう!
    なでしこジャパン準決勝の地・エドモントンの天気について
    1年前の同じ月に投稿された記事
    スピードスケートW杯カルガリー大会を観戦してきました
    2013年もカルガリーはやっぱりスタンピード
    カルガリーのガソリン価格が下がってきました
    今年もよろしくお願いします

    カナダ 航空券情報


    カナダ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■カナダの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    北米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • カルガリー特派員

      カルガリー特派員
      ハナ
      ニッポン放送、QVCを経てカルガリーに移住。現在はDestiny Production、Shaw TV(いづれもカルガリー)に属し、フリーランス・ビデオグラファーとして活動。根っからのメディア人が最近はフリーランス・ライターとしても活動中。これまでに『週刊野球太郎』、『カルガリー・ウォーカー』などに寄稿。今年5月からはカルガリーの情報サイト『もぁもぁ かるがりー』を立ち上げ、カルガリーの情報を発信している。 DISQUS ID @disqus_YAuWoYOS1d

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集