海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > カルガリー特派員ブログ > 石油とエネルギーの街・レデューク

カナダ/カルガリー特派員ブログ ハナ

カナダ・カルガリー特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2014年4月15日

石油とエネルギーの街・レデューク


メール プリント もっと見る

石油とエネルギーの街・レデューク

カルガリーのあるアルバータ州は石油や天然ガスなどの豊富な天然資源によって急速に発展しました。州内の経済が好調なためカナダで唯一、州税がかからないことでも有名ですよね。


それゆえ多くの法人が本社をカルガリーに移し、それに伴いその職を求めて多くの人が集まってくる。現在は近代的な高層ビルが立ち並ぶカルガリーですが、その原点となる街がエドモントン郊外にあります。


アルバータ州の州都エドモントンから南へ約33Km、人口約25000の小さな街、レデューク。実はここがアルバータ州経済発展の原点と言ってもいい街なんです。なぜなら、1947年にここレデュークで油田が発見され、アルバータ州の経済が急速に発展していったのです。


私は今回、この街に行こうと思ったのではなくエドモントンに行った帰りにひょんなことから立ち寄りました。そして、この街にあるLeduc #1 Energy Discovery Centreというレデュークの油田開発の歴史博物館に行ってきました。この博物館は当時の油田開発に関する建造物の模型や、どのように油田開発がされてきたかドキュメンタリー映画を流していたり、エネルギー開発の歴史が学べます。


私は天然資源の専門家でないので、これ以上の専門的説明はできませんが、素人の私が行っても充分楽しめました。


博物館の建物。一見工場の倉庫のようですね。


当時の油田開発の模型が飾られています。


こちらは採掘機のドリルビット。地下1750mまで掘り進めていきます。中で実際に岩盤を削り進めていく様子のCG映像が見られます。


こちらは外に展示してある実物大のもの。


意外に楽しめるエネルギー博物館。時間に余裕のある方にオススメです。


Leduc #1 Energy Discovery Centre
50339 - Hwy.60
S. of Devon, AB
780-987-4323
www.leducnumber1.com

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2014年4月15日
« 前の記事「カナダのバスルーム」へ
»次の記事「カルガリーはまたまた雪です」 へ
おすすめ記事
    カルガリー特派員 新着記事
    モンタナ野球紀行
    アイスワインチョコレートを食べてみた
    モレーンレイクに行ってきました
    カナダでも旅行認可電子システムの受付が始まりました
    バンフで立ち寄った日本食堂・CHAYA
    国境付近で見つけた恐竜のモニュメント
    なでしこジャパン感動をありがとう!
    なでしこジャパン準決勝の地・エドモントンの天気について
    1年前の同じ月に投稿された記事
    カルガリーで頼れる日本人車整備士
    子連れファミリーにお薦めのカルガリー情報サイト
    クマからの危険回避のために
    カルガリーのマクドナルドは結構高いかも

    カナダ 航空券情報


    カナダ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■カナダの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    北米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • カルガリー特派員

      カルガリー特派員
      ハナ
      ニッポン放送、QVCを経てカルガリーに移住。現在はDestiny Production、Shaw TV(いづれもカルガリー)に属し、フリーランス・ビデオグラファーとして活動。根っからのメディア人が最近はフリーランス・ライターとしても活動中。これまでに『週刊野球太郎』、『カルガリー・ウォーカー』などに寄稿。今年5月からはカルガリーの情報サイト『もぁもぁ かるがりー』を立ち上げ、カルガリーの情報を発信している。 DISQUS ID @disqus_YAuWoYOS1d

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集