海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > カルガリー特派員ブログ > カルガリーで初めてのカジノ体験

カナダ/カルガリー特派員ブログ ハナ

カナダ・カルガリー特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2015年3月25日

カルガリーで初めてのカジノ体験


メール プリント もっと見る

カルガリーで初めてのカジノ体験

現在金曜日の深夜に放送されている日本の人気アニメをみて私もギャンブルをしたくなりました。ということでいてもたってもいられずカジノに行ってきました。


カルガリーには何カ所かカジノがあります。そう、ここカルガリーではカジノは合法です。
今回私が行って来たのはCash Casino というダウンタウンから離れたカジノ。


紫色の看板が目印です。


行ったのは日曜日のお昼頃。もっと早く行こうと思っていたけど、やっぱり日曜日の午前中は家でゴロゴロしちゃいますね。普段朝早いのでどうしても起きられません。


朝食を食べずに来たのでまずは腹ごしらえです。

入口を入って奥に進むと売店が見えてきました。値段を見ると以外に安い。もうお昼過ぎだというのに朝食メニューがありました。週末ということもあってか店内ギャンブラー達で大盛況です。売店にも行列ができていました。


5分ほど並んでようやく注文。ブレックファーストスペシャルはスクランブルエッグ、ソーセージ、ハッシュポテトにトーストが付いて2.99ドル。物価の高いカルガリーでこの値段は魅力的です。卵は焼き方を換えられて、ソーセージはベーコンに、ハッシュポテトはトマトに変更できます。


バーもあるのでお酒も楽しめます。私は車で来たのでこの日は飲めませんでした。残念。


本題のカジノはというと、私は手始めにスロットをやってみました。1セントから遊べる機械もありますので自分の予算にあった台を決められます。プレイする前は儲けてやろうと意気込んでいたもののあっという間に所持金が減って行きました。


機械との勝負を終え、次はルーレットに挑戦しました。遊び方としてはまずディーラーにお願いして現金をチップに交換します。チップ1枚50セントが標準的なので、私は30ドルを60枚のチップに交換しました。隣に座ったカナダ人男性は100ドル札を出して交換していました、私は小心者なのでそんな大金出せません。


プレイは至って簡単。来ると思われる数字にチップを置くだけです。当然ですが、賭け方によって当たったときの配当は違います。よーく考えてかけましょう。ここで注意しなければならないのは、黒、赤など基本的に2分の1の確率で当たる場所へのベットは1枚5ドル以上のチップでしか賭けられないということです。


私の成績はというと、最初はビギナーズラックもあって勝ったり負けたりを繰り返して、「おっ、以外と勝てるじゃん」と思っていたけど、あるときからさっぱり勝てなくなって最後にはすっからかんになってしまいました。やはり、ディーラーに遊ばれていたんだなと感じました...。


もちろんこの他にもポーカーなど定番のプレイもできます。詳しくはホームページ でご確認ください。


Cash Casino
4040 Blackfoot Trail SE Calgary AB

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 夜遊び・クラブ・お酒
2015年3月25日
« 前の記事「お得で美味しいカツカレーを堪能」へ
»次の記事「マニトバ州にあるウィニペグという街に行ってきました」 へ
おすすめ記事
    カルガリー特派員 新着記事
    モンタナ野球紀行
    アイスワインチョコレートを食べてみた
    モレーンレイクに行ってきました
    カナダでも旅行認可電子システムの受付が始まりました
    バンフで立ち寄った日本食堂・CHAYA
    国境付近で見つけた恐竜のモニュメント
    なでしこジャパン感動をありがとう!
    なでしこジャパン準決勝の地・エドモントンの天気について
    1年前の同じ月に投稿された記事
    カナダのバスルーム
    カルガリー・ヒットメンのプレーオフ観戦
    ランチに日本料理・HOKKAIDOに行ってきました
    4月4、5日は日本映画祭

    カナダ 航空券情報


    カナダ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■カナダの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    北米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • カルガリー特派員

      カルガリー特派員
      ハナ
      ニッポン放送、QVCを経てカルガリーに移住。現在はDestiny Production、Shaw TV(いづれもカルガリー)に属し、フリーランス・ビデオグラファーとして活動。根っからのメディア人が最近はフリーランス・ライターとしても活動中。これまでに『週刊野球太郎』、『カルガリー・ウォーカー』などに寄稿。今年5月からはカルガリーの情報サイト『もぁもぁ かるがりー』を立ち上げ、カルガリーの情報を発信している。 DISQUS ID @disqus_YAuWoYOS1d

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集