海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 中南米  > メキシコ/カンクン特派員ブログ

メキシコ/カンクン特派員ブログ 美貴 PASSOS

メキシコ・カンクン特派員が現地から中南米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


リゾートでは芸術は無縁・・・と思われがちですが、
カンクンでもあのシルク・ドゥ・ソレイユが楽しめます!!
作品名は『JOYA』 
(ホヤと発音し、スペイン語で宝石の意味。)


先日、友人と行ってきましたので今回は画像多めでお届けします。
参考までに、私たちは催行会社の送迎サービスは付けず、カンクンからシアターまで
別途送迎を手配、予約したカテゴリーはショー・ディナー・シャンパンです。


こちら、タクシーや送迎車が到着する場所。
ここからすでに雄大!なので、視野を180度ワイドに広げてください。
entrada.jpg


チェックインカウンターでバウチャーを提示すると
taquilla.jpg


本券がいただけます☟(指定したカテゴリーと席が記載されています)
BOLETO.jpg


シアターへ進む前にオシャレなBARで一杯☆
優雅な時間と空間に浸りたい方は早めに到着し、こういったBARでドリンクを飲むのもお勧めです。
私たちが催行会社の送迎を付けなかったのはこの時間を持つ為と、帰りはショーの余韻に浸り、のんびりお土産を見たり、またBARで一杯という自分たちのアレンジが出来るからです。
bar.jpg


一杯いただいた後にシアターへ移動。
レジデントショー(常設公演)で、立派な藁ぶき屋根の建物がシアター。
palapa.jpg


陽が落ちると、このように夢幻的。
palapa noche.jpg


シアターに入ると、キューバの生演奏がお出迎え。
心地いい音楽を聴きながら、1時間の食事タイムが始まります。
musica2.jpg


テーブルにはシャンパンとおつまみがセッティングされていて、シャンパンの代わりにワイン、お酒の苦手な方はノンアルコール飲料に変更可能なのでお子様連れにもうれしいですね。
champangne.jpg


前菜は魚介類のマリネ、羊のチーズフルーツ添え、エビのタコ。
(海のタコではなく、タコスですよ。)
真ん中からドライアイスの白い煙が漂い~前菜から美味&満足♡
ceviche.jpg


メインは2種類でサーモンと
salmon.jpg


トロトロに煮込んだ牛バラ肉。個人的にお肉がオススメです♪
carne.jpg


デザートは本の中♡
物語りの中でも本(LIBRO・リブロ)が重要な役になっています。

postre.jpg dentro.jpg


お腹も満たされたところで、いよいよショーの開始。
少女(その名もJOYA)とお爺さんの二人が主人公となり、物語仕立てで進んでいきます。(ショーが始まるまでにお食事は済ませます。)
principio.jpg


シルク・ドゥ・ソレイユは世界でもトップのダンサーやアスリート、美術家等が集まることで知られていますが、JOYAでは日本のプロダブルダッチアーティストが在籍し、冒頭から盛り上げてくれます。
世界で日本人が活躍されていることはとても嬉しく、そして勇気をもらえますよね。
最初からドキドキが止まりませんでした。
japoneses.jpg


コミカルに2人組のアクロバット。こちらも冷や汗ものです。
actobatica.jpg


観客とステージが近く、パフォーマ―が観客席から突然現れる!という場面がところどころにあり一体感を生む感覚も味わえます。
tribuna1.jpg


観客席から甘いマスクの男性が海賊たちに連れられ舞台へ。
お客さん?と思いきや・・・・ボールを操るパフォーマーでした。
pelota.jpg


空中ブランコ。"どう?!私を見て~!!"のエネルギーが伝わってきます。
branco.jpg


軟体パフォーマー。この方の登場で一気に会場の空気が「動」から「静」へと変わります。
「動」ばかりでも見るほうも疲れちゃいますからね。
そして、私が感動したのは、突然フワ~と良い香りが漂ってくるのですが、これも演出の一部。 「良い香り」を放つことで観客の心身をリラックスさせているんですね。
このようなエンターテイメントで五感のをもってくるのは流石!!
しなやかさの中にも力強さが感じられ、いい香りと共にうっとり見とれてしまいました。
nantaisan.jpg


「静」の中、少女へ何かをたくしたのか・・・・お爺さんが去ってしまいます。
cambio de ecena.jpg


何が起こったの?という静けさの中、トランポリン!再び「動」の世界へ。
そして一クライマックス! 
モデルのような風格のパフォーマーたちで友人の目が♡♡でした(笑)
brinco.jpg


メルヘンとアクロバットの演出であっという間にフィナーレ☆
感動をありがとう~!
final.jpg


生演奏あり、食事あり、パフォーマンスあり、のエンターテイメントショー。
このJOYAを見て、『シルク・ドゥ・ソレイユ』が世代を越え、そして国境を越えて
愛され続けている意味が理解りました。
メキシコ・カンクンにお越しの際には、是非お楽しみいただきたいお勧めの
アトラクションです。


<Cirque du Soleil Joya基本情報>
会場:Carretera Federal Cancun - Playa del Carmen Km 48, 77710 Playa del Carmen, Q.R.
催行日は火~土曜日(日・月は休演日)1日一回の公演と2回公演の日があります。
催行会社の送迎は別途追加料金で予約も可能。カンクンからはホテルゾーンのLa Isla Shopping Villageというショッピングモールが出発地点になります。
~~~~カテゴリー~~~~
Paquete VIP
ショー、ディナー、シャンパンノーリミット、ウェルカムドリンク、エクスプレスチェックイン
Cena, espectáculo y champagne
ショー、ディナー、シャンパン
Asientos Premium, Bebidas y Canapés
プレミアムシート、ショー、シャンパン、アパタイザー
Solo espectáculo
ショーのみ テーブル付き
Solo espectáculo- Silla Alta
ショーのみハイストゥールのイス席


お申込みはこちらのオフィシャルサイト から、
または、カンクンの旅行会社やホテルのコンシェルジュでも取り扱い有。


2019年5月25日

5月10日、メキシコは母の日でした。
世界中のママへ ♡おめでとう&ありがとう♡


3年前にも母の日をテーマにこちらの記事を投稿しましたが、
母というのは無償の愛を注ぎそして偉大。
優しい、温かい、おおらか、明るい、というプラスのイメージを持つはずが、
スペイン語がわかりだしてから、ある矛盾を感じていました。
それは・・・・・メキシコ(スペイン語)のスラングになるのでしょうか、
母へのイメージとは反対の意味を表現するときに使うフレーズがあるからです。
ちなみに、メキシコに来る前は同じ言語(スペイン語)のグアテマラという国に住んでいましたが、耳にしたことは無かったですね~。
ホームスティの家族が気を使っていたのでしょうか。


例えば、楽しかったことや素敵な出来事を誰かに語るとQue padre!(ケ・パードレ)と言われます。
可愛いものを持っているとEstá padre! (エスタ・パードレ)
強調したいときにはpadrísimo(a)!!(パドリィシモ) と
素敵・可愛い・美しいを表現する際にはPadre(父)が使われます。
メキシコはMACHISMO(マチズモ)男性優位主義が残っている国ですので、
言語にその背景が残っているのだろう、と主人の説。


反対に、
desmadre=カオスな状態を表す時。
me vale madre=私には関係ないという時。
Ya valió madres=思っていたようにことが進まず、無理だとなった時。
esta madre=これ という意味ですが使いにくかったり、不便なものに対してこいつ!という時。
Ni madres= No!の意味。
Qué poca madre=なんてことだ!
という風にマイナスの意味を表現する際にMadre(母)が使われています。
もっと表現が悪くなると、(全文は書けないのでご了承ください)
○ut○ madre,○hin○a tu madre などと、
喧嘩をしている人の言葉を聞くと、〇〇madre、××madre、△△madre といったい何回Madreを使うのか数えたくなるくらい(笑)


古き良き時代の日本でも、おまえのかあさんなんとやらというフレーズがありますが、
メキシコではお母さんの登場回数がとっても多いので、主人に聞いてみると、
メキシコ人女性(母)は強いので、マイナスの表現にどれだけ使われても、海よりも深い母の愛で受けとめてくれるのだ! ということだそう。
どこまでも母を愛する文化。
言語にまで現れるなんて、奥が深いなと思いました。

Hasta luego!


2019年5月16日

様々な分野でパイオニアがいますが、に関して幅広い事業活動を行っている、いわば「色」のパイオニアPANTONE社が、毎年カラー・オブ・ザ・イヤーというのを選定しているそうです。
2000年から始まったカラー・オブ・ザ・イヤー、今年2019年の色はLiving Coralというピンク色
記事はこちらPANTONE社のInstagramもステキです☆


ピンク色といえばインスタ映えするとして数年前から注目を集める場所が、
ここメキシコにあります。
それが今回ご紹介するピンクレイク!!
482d351f-4302-42a7-b8b8-a511c2cc62e6.jpg

(iPhoneで普通に撮っただけでこんなにキレイ☆)


選定委員のメンバーも、おそらく(かならず)このピンクレイクを目にしてくださっているはず、そしてこの場所も一役かっているはず!


話題を集めているこのピンクレイクですが、実は観光地ではなく個人の塩工場。
観光客よりも商売優先・・・・ということで突然塩の採取を始めてしまいます。
見れない時もありますので、どうぞご了承ください。
(余談になりますが、世界の塩生産量 国別ランキングでメキシコは9位。)


なぜピンク色?という素朴な質問なのですが、いろいろな説がある中、私が読んだものによると、
ドナリエラ(Dunaliella)という緑藻の一種がカロテノイド(動植物界に多くみられる色素種)を多く含んでいて、光の強い環境では細胞などを保護しようとし、その反発でカロテノイドの赤い成分が多く作られ
ピンク色になるそうです。


ピンクレイク、またLas coloradasと呼び名がありますが、カンクンから約3時間半。
カンクンのあるQUINTANA・ROO州からYUCATAN州に入ります。


自力で行くには少し難しいので、ツアーに参加されることをお勧めします。
ピンクレイクだけに行くツアー、
ピンクレイク+遺跡を巡るツアー、
ピンクレイク+メキシコ湾をボートに乗ってフラミンゴやワニ等の自然動物を見たり、ミネラルたっぷりの泥パックにも連れて行ってくれるツアー
もあるので、行程と料金をチェックして♪♪


綺麗に見れる条件は、もちろんお天気が良く風がないこと。
時間帯によって(太陽の位置)でもピンクの色味が変わります。
ピンク×青×白 色のバランスはお好みでユニークな写真におさめてみるのもいいかも。
注)ピンクレイクは遊泳禁止!!

84f4b8ea-fae5-41b9-8de9-db9a374bc66d.jpg


ピンク好き、可愛いもの好き女子に関わらず、一度はこの目で確かめたい2019年の色=場所。
ピンクは心と体を若返らせる効果があり、心を満たし、人を思いやるあたたかさを与えてくれるんだそう✿
是非訪れてみてください。


Hasta luego!


2019年5月 7日
2019年5月 1日
2019年4月30日
2019年4月20日
2019年4月16日
⇒すべての記事を見る

メキシコ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■メキシコの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

中南米にもどる

  • 特派員プロフィール
  • カンクン特派員

    カンクン特派員
    美貴 PASSOS
    1980年代は水泳の日本代表として様々な国を遠征し、異文化に触れる。1997年より2年間、中米グァテマラにてJICA活動に従事。 その後、旅行で立ち寄ったカンクンに魅せられ、2000年に移住。メキシコ人と結婚し、2児の子育てに奮闘しながら、現地旅行会社に勤務。 カンクン生活は20日年目に突入。 旅行会社と住人の視点を活かして、メキシコ・カンクンを分かりやすくご紹介します。

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集