海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 中南米  > カンクン特派員ブログ > カリブ海 藻の発生について

メキシコ/カンクン特派員ブログ 美貴 PASSOS

メキシコ・カンクン特派員が現地から中南米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2019年6月 7日

カリブ海 藻の発生について


カリブ海 藻の発生について

カンクンはカリブ海に臨むリゾート地。
リゾート地としてマイナスイメージの発信は避けたいところですが、現状をお伝えすることも大切なのではないかと思い、今回の投稿となります。


環境省によると2013年の夏以来、異例の藻の大量発生が報告され、今日も増え続けているとのこと。
ホテル前のビーチはホテルの清掃スタッフがまめにお掃除をしてくれるので比較的キレイに保たれていますが、清掃が追い付かない場所などでは押し寄せられた藻がビーチに放置され、匂いも気になります。
海の近くに行くと、カリブ海の爽やかな潮風!というよりも、どちらかというと日本海の磯の香りに近い?!
私には懐かしい魚のアメ横!寺泊を思い出します。(新潟出身なもので)


この藻の発生Sargazo(サルガソ)と呼ばれていて、主にカリブ海にある国々のビーチに集中している浮遊海藻のことで、キューバやホンジュラス、ベリーズまで広がり、一番被害が大きいのがメキシコで専門家によるとこのSargazo(サルガソ)の大量発生は、
✔地球温暖化による海水温の上昇
✔海の汚染
✔汚染が藻類の成長を助長させ増殖
✔海流と海流の組み合わせが重なった
ことが原因だそう......。
ますます地球温暖化を防ぐために私たちにできることはなにか・・・と考えてしまいますね。


白い砂浜が自慢のカンクン。
パブリックビーチの現在の様子はどうでしょう。
まずは、CANCUNモニュメントのあるPlaya Delfines(ドルフィンビーチ)
PLAYA DELFINUS.jpg

このCANCUNモニュメントからは藻は見えません。


ビーチの様子は??
安定の海の青さと空ですが、ビーチに茶色の藻が打ち上げられていますね。
PLAYA DELFINUS1.jpg

PLAYA DELFINUS2.jpg


続いてPlaya Ballenas(バジェナビーチ)
Secrets The Vine CancunとHard Rock Hotel の間からアクセス可能。
PLAYA BALLENA.jpg


『藻』とは関係ありませんが施設が清潔だったのがうれしい。
PLAYA BALLENAS1.jpg


ドルフィンビーチと同じくビーチに藻がありますね。
PLAYA BALLENAS2.jpg


次はPlaya Marlin(マーリンビーチ)
ショッピングモールKukulcan Plazaの裏、警察署と消防署側にアクセスがあります。
PLAYA MARLIN.jpg


ちょうどトラクターが通過、藻をかき集めた後なのか比較的キレイです。
PLAYA MARLIN1.jpg


お次はCOCO BONGOなど有名なクラブのある繁華街 Playa Chac Mool (チャックモールビーチ)
Mandala Beach Clubの横(右手)からビーチへのアクセスがあります。
MANDARA.jpg


ビーチに出ると目の前が
PUNTA CANCUN.jpg


左手にKrystal CancúnそしてReflect Krystal Cancún Resort というホテルに続くビーチですが、残念な風景。。。。
風向きなのか、それこそ海流なのか、清掃がきていないのか、たくさんの藻がありました。
PUNTA CANCUN1.jpg


次はイスラ・ムヘーレス島行きのフェリー発着場所、Playa Tortugas(トルトゥーガビーチ)
PLAYA TORTUGAS.jpg


ビーチへ続く道が素敵だったので一枚(藻には関係ありません)
PLAYA TORTUGAS1.jpg


ところどころ黒く見える部分に藻が溜まっていますが、波もなく穏やかでキレイでした。
PLAYA TORTUGAS2.jpg


最後に、イルカと泳ぐプログラムのフェリー発着場所、Playa Langosta(ランゴスタビーチ)
PLAYA LANGOSTA.jpg


ドルフィンビーチにあるCANCUNよりもミニサイズですが、写真スポットがあります。
PLAYA LANGOSTA1.jpg


やはり少し藻がありますが、地元の人がたくさん来るパブリックビーチなので、キレイに保たれています。
PLAYA LANGOSTA2.jpg


5つのパブリックビーチを見てみましたが、全盛期(2005年に襲ったハリケーンWILMA前)の頃と比べると、ビーチも狭くなり藻があるものの、想像していたほどひどくなくて安心☆
もちろん、お掃除の進み具合や日によって、場所によっても異なります。
メキシコの国会でもすでに『藻』の問題があがり、対策を取っていくという状況ではありますが、
重機を使い山盛りの藻を収取をしたり、ボランティアを募り清掃をしたり、
最近では、海底生物に影響を与えることなく、藻が海岸に到達する前に封じ込める障壁を設置したり、専門家や研究者は藻の再利用や有効に利用するための研究・分析も進んでいます。


ビーチ沿いの景観が少しだけ損なわれているだけで、カンクンの青い海、そして温かい人々は相変わらずです☆


おまけ♪
ビーチで写真を撮っていると、マンゴーいらない?と声をかけられました。
美味しそうでしょ!
おまけ.jpg


Hasta luego!


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お知らせ
2019年6月 7日
« 前の記事「旬のフルーツ 「ミニ・マンゴー」」へ
»次の記事「現実逃避したいときにお勧め ホテル『Zulum 』」 へ
おすすめ記事
カンクン特派員 新着記事
メキシコのガス事情
メキシコシティで日本の本格ラーメンを『天手家店』
図書館でありながら建築とアートの融合 Vasconcelos「ヴァスコンセロス」
メキシコの治安
カンクンから世界へ! ボクサーJoseph Diamante Aguirre
見つけた!M&M'sの板チョコ
メキシコのSeria!MINISO『メイソウ』
揃えたくなるメキシコ陶器 『ハビエル・セルビン』

メキシコ ツアー最安値


2019/10/14更新

メキシコ 航空券情報


メキシコ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■メキシコの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

中南米にもどる

  • 特派員プロフィール
  • カンクン特派員

    カンクン特派員
    美貴 PASSOS
    1980年代は水泳の日本代表として様々な国を遠征し、異文化に触れる。1997年より2年間、中米グァテマラにてJICA活動に従事。 その後、旅行で立ち寄ったカンクンに魅せられ、2000年に移住。メキシコ人と結婚し、2児の子育てに奮闘しながら、現地旅行会社に勤務。 カンクン生活は20年目に突入。 旅行会社と住人の視点を活かして、メキシコ・カンクンを分かりやすくご紹介します。 お問い合わせ等ございましたらこちらまでご連絡下さい。

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集