海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 中南米  > カンクン特派員ブログ > Cempasúchil色を探して

メキシコ/カンクン特派員ブログ 美貴 PASSOS

メキシコ・カンクン特派員が現地から中南米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2020年10月30日

Cempasúchil色を探して


Cempasúchil色を探して

10月に入るとCempasúchil(センパスチル)というお花がお目見えします。
センパスチルとは、メキシコ原産のお花、マリーゴールドのこと。
この花は、メキシコでも重要な伝統のひとつである「Dia de Muertos」死者の日には欠かすことのできない意味のあるもので、お墓や祭壇を飾るために使用されます。
7205e1ed-15fc-4bfb-9ef6-9da497231be3.jpg


カンクンはほかの地域よりも、この死者の日の飾りを見ることは少ないのですが、今年2020年は特に......。
どうしてもこのマリーゴールドを家に飾りたくて探していましたが、ようやく道端で売られているのを見つけました。


大好きな映画のひとつに仲間入りした『リメンバー・ミー』
原題Coco はメキシコの「死者の日」がテーマ。
観ていない方にはぜひご覧いただきたい心温まるディズニー映画で、映画の中もオレンジ色でいっぱいです。


死者の日とは
・10月31日は前夜祭(ハロウィンとかぶります)
・11月1日は子供の魂がこの世に戻ってくる日
・11月2日は大人の魂がこの世に戻ってくる日
以前の記事はコチラ➡https://tokuhain.arukikata.co.jp/cancun/2016/11/post_230.html
数日にわたって仮装&メイクをしたさまざまなイベントやパレードが各地で行われますが、今年は中止。
日本のお盆にあたりますが、メキシコでは故人を明るく受け入れ楽しみ、生前の故人を思い出し、家族の絆を深めるため。


私事ですが、なぜCempasúchilを探していたかというと、一昨年、そしてつい先日に大切な人をなくしてしまったから。
象徴であるセンパスチルを飾り「もう会えなくても思い出して心の中で生き続けているよ!」と伝えます。
462c9b46-35b3-488a-913b-639d9208f71d.jpg


Hasta luego!

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り
2020年10月30日
« 前の記事「カンクン国際空港 ターミナル3の利用再開」へ
»次の記事「メキシコの「ピンタ・カリタ」」 へ
カンクン特派員 新着記事
メキシコの「ピンタ・カリタ」
Cempasúchil色を探して
カンクン国際空港 ターミナル3の利用再開
ハリケーン「デルタ」通過後の様子。
気分はすでにクリスマス♪メキシコデパートの様子。
トゥルムの人気散策エリア
メキシコ産「青空ゼリー」
¡Viva México! 独立の叫び210周年

メキシコ 航空券情報


メキシコ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■メキシコの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

中南米にもどる

  • 特派員プロフィール
  • カンクン特派員

    カンクン特派員
    美貴 PASSOS
    1980年代は水泳の日本代表として様々な国を遠征し、異文化に触れる。1997年より2年間、中米グァテマラにてJICA活動に従事。 その後、旅行で立ち寄ったカンクンに魅せられ、2000年に移住。メキシコ人と結婚し、2児の子育てに奮闘しながら、現地旅行会社に勤務。 カンクン生活は20年目に突入。 旅行会社と住人の視点を活かして、メキシコ・カンクンを分かりやすくご紹介します。 お問い合わせ等ございましたらこちらまでご連絡下さい。

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集