海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > 中国/広州特派員ブログ

中国/広州特派員ブログ NR

中国・広州特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


前回から引き続き、広州酒家のレポートをいたします。


飲茶メニューの頼み方

ここ広州酒家では、飲茶メニューのオーダについては、注文表と鉛筆を渡されますので、セルフでメニュー表に注文したいもののボックスへチェックを入れ、そのまま服務員に渡すシステムになっています。


094242.jpgのサムネイル画像


飲茶メニューは価格がどれも15-30元(約260~520円)くらいですので、あまり値段を気にせず選べますので、気になったものがあればどんどん頼んでみましょう。


以下、前回私が訪問した際に頼んだ飲茶メニューをご紹介しますね。


爽脆潮州蒸粉果

095106.jpgのサムネイル画像

095211.jpgのサムネイル画像

潮州料理をアレンジした料理です。簡単に説明すると蒸し餃子、みたいなものですが、皮が少し透明で、厚みがありもちもちしているのが特徴です。中の餡には豚肉とたっぷりのピーナッツ、それに刻んだ香草が入っています。

黑木耳鲍鱼汁腐皮卷

095915.jpg

こちらでは腐竹とか腐皮と呼ばれる湯葉状のものを、1度揚げて春巻にしたものです。さらにそれを甘目のアワビベースのタレで煮込んでおり、皮が濃厚なソースを吸い込んで美味です。また中にはキクラゲ等が具に入っていて、歯ごたえのバリエーションも楽しめます。


金勾珍珠咸水角

095510.jpgのサムネイル画像

095604.jpgのサムネイル画像

餅のような集めの皮にピーナツや豚肉などの餡を包んだものです。外側は少し揚げてあり、さらに砂糖がかけてあります。この甘味と塩気の混ざり具合は、醤油砂糖で具の入った餅を食べる、みたいな感じですかね。


清香泮塘马蹄糕

094720.jpgのサムネイル画像

馬蹄糕(シログワイ)という植物の根っこを煮込んでそのデンプンで固めた、水羊羹のような触感の飲茶メニューです。ほんのりとした甘みと、独特の清涼感が楽しめます。

香煎腊味萝卜糕

094550.jpgのサムネイル画像

これは飲茶メニューの筆頭格の一つですね。日本語では大根餅と呼びますが、大根の練り物なので、餅のような固い触感ではなく、山芋たっぷりのお好み焼きのようなトロッとした食感です。ここのものは刻んだ中華ソーセージの塩味と黒コショウがしっかりと効いていて、見た目や名前よりもがっつりとしたおかずのような味ですね。私は飲茶でいつも頼む必食メニューです。


凤凰金沙包

095413.jpgのサムネイル画像

095840.jpgのサムネイル画像

マントウに甘い餡が入ったものですが、鮮やかな金色の餡は、卵の黄身をたっぷりと使った濃厚なもので、甘党の方にはお勧めです。

上記6点を頼むともう二人では食べきれない量でしたが、それでもお会計は101.5元(約1,765円)ととてもリーズナブルです。

92074.jpgのサムネイル画像

飲茶メニューは注文してから出てくるのが早いことが多いですので、1時間もあれば十分に食事を楽しめると思います。広州の空港でのトランジットで外に出られる時間が3時間以上あれば、市内まで足を運んで飲茶を楽しむという選択も検討可能ではないでしょうか。チャンスがあれば、皆さんも是非「食は広州にあり」を楽しんでみてください。


2018年2月15日

はじめまして。このたび「地球の歩き方」中国/広州特派員ブログを担当することになりましたNRです。
商社の駐在員として中国は広州に住みだしたのが2007年。その後また日本に帰国したりと色々とありましたが、2016年より再度広州に戻ってきました。


広州という都市についてあまりピンと来ない方が多いかと思いますが、「食は広州にあり」というフレーズは耳にしたことがある方も多のではないでしょうか。実際に広州では広東料理を中心に食のバリエーションが豊富で、安くておいしいグルメに沢山巡り合うことができます。


また、経済面にみても、広州市は中国の31省のうち、GDP規模一位である広東省の省都として、昔から貿易で繁栄している大都市のひとつで、街中は越州区・海珠区・荔湾区などを中心とした下町情緒がたっぷりと残った旧市街、それとは対照的に最新の高層ビルが立ち並ぶ新市街の天河区など、様々な顔を持っています。


広州の空の玄関口には広州白雲国際空港があり、そこから市内中心部までは車で60分程度。ラッシュ時間には交通渋滞に巻き込まれることもありますので、そんな時は空港から市内まで直通している地下鉄3号線を利用すると便利です。


広州白雲空港は中国三大空港の一つと言われる巨大ハブ空港ですので、トランジットのみで広州に来られる方も結構います。そんな方々から、長い乗り継ぎ待ち時間を使って市内で飲茶を楽しめる場所を聞かれることが時折ありました。そこで、今日は空港から直接向かうことのできる市内のおいしい飲茶レストランとして、天河区の”広州酒家”をご紹介したいと思います。


空港からのアクセス
空港直結の地下鉄3線【机場南駅】にのり、【広州東駅】(南に10駅目)で降りて、そこで1号線に乗り換え、次に【体育中心駅】(南に1駅目)で下車してB出口を目指します。B出口から地上に出て徒歩5分、百福広場の3階に広州酒家(体育中心東店)があります。空港からここまで50-60分ほどで到着します。

1.jpg

2.jpg



⇒続きを読む"広州で飲茶を楽しもう!広州酒家その①交通編"

2018年2月 8日
⇒すべての記事を見る

中国旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■中国の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

アジア特派員ブログ一覧

インドネシア/ジャカルタインドネシア/ジャカルタ2インドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2タイ/バンコク3ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/タインホアベトナム/ニンビンベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンモンゴル/ウランバートルラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/広州中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄東ティモール/ディリ韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/ソウル3韓国/済州韓国/釜山

アジアにもどる

  • 特派員プロフィール
  • 広州特派員

    広州特派員
    NR
    商社の駐在員として中国に住みだしたのが2007年。その後また日本に帰国したりと色々とあったが、2016年より再度広州に舞い戻る。現在は中国人の伴侶とともに、長期的視野で広州にて働いている。 DISQUS ID @disqus_4is883fSeU

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集