海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 中東  > カッパドキア特派員ブログ > トルコのお金

トルコ/カッパドキア特派員ブログ 横溝 絢子

トルコ・カッパドキア特派員が現地から中東地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2011年12月 5日

トルコのお金


トルコのお金

さて、旅行するに当たってとても大切な通貨に関してです。


円高の現在、トルコの物価はとても安く感じます(1リラ = 42円。2011年12月4日現在)。

両替ですが、日本で行うのと、現地の銀行・郵便局で行うのとではかなりレートが違うのでご注意ください。現地のほうがはるかにレートがよくなっています。

カッパドキアは観光地ですが、田舎なので他県よりは物価が安いかも知れません。

ただ、ギョレメは観光地の中心なので、観光客向けレストラン、商店などはそれなりにします。


下がトルコの貨幣と紙幣です。1リラ以下はクルシュと呼ばれます。
実は、1クルシュ通貨は見たことがありません。9.99リラで10リラを出すとおつりはくれません。

日本だと1円のおつりをお店が渡さないなんて考えられませんが、ここでは普通です。

都会にいくときちんとくれるお店もあるそうなので、1クルシュをもらうことがあれば記念に取って置こうと思います。

紙幣は、金額が上がるに連れて肖像画が前向きになるのが面白いですね。

turkish-money1.jpgのサムネール画像

ここで1リラで何が買えるかと言うと、フランスパン2本、水1リットルと言った感じです。


上の紙幣表面に描かれているのは、トルコ建国の父、初代大統領のケマル・アタテュルクです。

アタテュルクは、1920年代初期弱体化していたオスマン帝国国王を大尉させ、現在のトルコを建国した英雄です。彼はイスラム教徒が90%以上のトルコにおいて、女学生とまたは女性公務員が、学校・職場でスカーフを被ることを禁止しました。

そしてそれまで使用されていたアラビア文字表記をラテンアルファベットに変えてしまったのです。

220px-Ataturk-September_20,_1928.jpg


現在すべてのトルコ紙幣に肖像画が描かれているほど、国民から未だに愛されている存在です。

また、「アタテュルク擁護法」という法律が存在するため、公の場でアタテュルクを侮辱した場合、罰則が与えられてしまうとのこと。


アメリカ在住時代、ターキッシュアメリカン(アメリカ生まれのトルコ人)の友人が、ある日アタテュルクの大きな刺青を腕に入れたのでとても驚きました。今となってはその動機が分かりますが、当時は?といった感じでした。


当時のビデオ等を見ると、背が高く、カリスマに満ちています。それに加えてハンサムな英雄という要因が益々トルコ人を惹きつけているのではないでしょうか。

381933_10150562950858942_698088941_11446751_664533838_n.jpg


トルコでは、学校・病院・レストラン等、いたるところにアタテュルクの肖像画が掲げられています。
トルコにお越しの際は、行く先々で彼の肖像画をぜひ探してみてください。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お金・通貨・両替
2011年12月 5日
« 前の記事「毎日通いたいレストラン」へ
»次の記事「トルコの魔よけ」 へ
おすすめ記事
    カッパドキア特派員 新着記事
    カッパドキアの陶芸教室
    カッパドキアの気球でウェディングフォト
    11月の気球ツアーについて/11月のカッパドキアの天気と服装
    2018年ウルトラトレイル・カッパドキア開催!
    カッパドキアのテルマエ・ロマエ<ソベソス古代都市遺跡>
    ウチヒサルの隠れ家レストラン/カフェ<SEKI>
    10月の気球ツアーについて/10月のカッパドキアの天気と服装
    カッパドキアでマウンテンバイクツアー

    トルコ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■トルコの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    中東にもどる

    • 特派員プロフィール
    • カッパドキア特派員

      カッパドキア特派員
      横溝 絢子
      銀行員として5年以上住んだニューヨークを離れ、トルコ/カッパドキアに恋し移住してしまいました!現在はカッパドキアにてコーディネーター、気球ガイド/旅行コンサルタントをしています。HPはこちらです。 DISQUS ID @disqus_6xZr4kmSSd

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集