海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 中東  > カッパドキア特派員ブログ > カッパドキアの田舎料理

トルコ/カッパドキア特派員ブログ 横溝 絢子

トルコ・カッパドキア特派員が現地から中東地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2011年12月18日

カッパドキアの田舎料理


カッパドキアの田舎料理

ギョレメにはたくさんのレストランがありますが、観光地の中心だけあって、なかなか地元民に馴染んだ料理を提供するレストランを見つけるのが難しいです。


観光客の方に地元のお母さんが作った料理を味わって欲しい、という思いから旅行代理店を経営するオーナーが新しいレストランをオープンしました。


Koy Evi Restaurant
住所:Gaferli Mah. Aydinkiragi Sok. No.40 Goreme Nevsehir
電話:03842712008 / 05324225781

1.jpg

2.jpg


通常レストランシェフは男性なのですが、ここのシェフは、なんと全員トルコのお母さんたちです(左はレストランマネージャー)。

5.jpg


女性が作った家庭料理は味がとってもやさしいので、食べた後もまったく胃にもたれません。


またここのレストランは一部のデザートを除き、サラダオイルではなく、オリーブオイルで料理されています。それも味の違いを生み出しているようです。

7.jpg


ベジタリアンメニューがほとんどなので、ご年配の方や、胃が疲れている旅行中には助かると思います。

8.jpg


そしてカッパドキアの名物料理と言えば、「壷焼きケバブ」です。
トルコ語で「Testi kebabı」、英語では「Pottery Kebab」と言われています。

4 (1).jpg

これは小さな壷に入れた食材を数時間かけてかまどで料理します。
かなりの手間がかかるので、一般のレストランでは大きな鍋で作ったものを小分けして数十分暖めて出すところもあります。本場のレストランはなかなか探すのが難しいのですが、ぜひ本場ものを試してみてください。

こちらのレストランにはかまどがあり、出来立てのパンと本場の壷焼きケバブが可能です(壷焼き希望の場合、午前中に予約要)。

3.jpg


【地図】(クリックすると拡大します)

99.jpg

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材
2011年12月18日
« 前の記事「トルコの魔よけ」へ
»次の記事「カッパドキアのお薦めカフェ」 へ
おすすめ記事
    カッパドキア特派員 新着記事
    カッパドキアの陶芸教室
    カッパドキアの気球でウェディングフォト
    11月の気球ツアーについて/11月のカッパドキアの天気と服装
    2018年ウルトラトレイル・カッパドキア開催!
    カッパドキアのテルマエ・ロマエ<ソベソス古代都市遺跡>
    ウチヒサルの隠れ家レストラン/カフェ<SEKI>
    10月の気球ツアーについて/10月のカッパドキアの天気と服装
    カッパドキアでマウンテンバイクツアー

    トルコ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■トルコの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    中東にもどる

    • 特派員プロフィール
    • カッパドキア特派員

      カッパドキア特派員
      横溝 絢子
      銀行員として5年以上住んだニューヨークを離れ、トルコ/カッパドキアに恋し移住してしまいました!現在はカッパドキアにてコーディネーター、気球ガイド/旅行コンサルタントをしています。HPはこちらです。 DISQUS ID @disqus_6xZr4kmSSd

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集