海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 中東  > カッパドキア特派員ブログ > カッパドキアの秘境を探検

トルコ/カッパドキア特派員ブログ 横溝 絢子

トルコ・カッパドキア特派員が現地から中東地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2012年4月15日

カッパドキアの秘境を探検


カッパドキアの秘境を探検

カッパドキアで有名なツアーは北部ツアー(通称レッドツアー。奇岩巡りのツアー)と南部ツアー(通称グリーンツアー。地下都市とウフララ渓谷のツアー)ですが、このどちらのツアーにも組み込まれていない、とても神秘的な秘密基地のような渓谷がカッパドキアにはあります(ツアー会社によってはソアンル渓谷ツアーやブルーツアーと呼ばれる場合もあります)。
その渓谷の名前は、Soğanlı(ソアンルと発音します)と言います。
先日、この渓谷を探検に行ってきました!
ギョレメから車で1時間弱で着きます。
カッパドキアにはいくつもの渓谷がありますが、この渓谷は村になっていて、未だに村人の方が住まれています(入場料:3リラ)。
soganli4.jpg
なかなか写真でお伝えすることが難しいですが、ただただ圧巻でした。
Soganli.jpg
観光客の方があまり訪れないので、前に見える人がおらず、鳥のさえずりがよく聞こえます。
この渓谷には50以上の洞窟教会があります(850年前には200以上存在していました)。
5998109219_ee6dcc2226_z.jpg
トルコはシルクロードを含む通商ルートが交わる重要地点であるため、外部からの歴史的、文化的ば影響をかなり受けています。
かつてカッパドキア地方では、その市場、資源を狙う略奪者から隠れるために洞窟を掘って住むようになりました。
紀元後はローマ帝国からの迫害を受けたキリスト教徒がこの土地に移住してきました。
そのためカッパドキアには1000以上の教会、修道院、礼拝堂があります。
4257725061_98fd32ccdf_z.jpg
かつてソアンル渓谷は、修道士、司祭といったキリスト教徒にもっとも適した場所のひとつだったそうです。
そんな歴史を考えながら歩くと、また違ったカッパドキアの一面が見えると思います。
ソアンルで食事をする場合、レストランは村の入り口にあります。
540185_10150791296572603_552977602_11524863_3680949_n.jpg
天気が良いときは、村の中でピクニックをするのもお薦めです。
このソアンルの名物は、地元のおば様たちが作っているソアンルドールです。
6739270.jpg
約40年前、一人の村の女性が娘の学校の活動のために身の回りにあるもので作った人形をたまたま見つけた観光客が購入したことから知られるようになったそうです。人形はまさに村の女性のような格好をしています。
人形は、ソアンル以外でもカッパドキア内であれば購入することができますが、ここではいろいろな表情・ドレスの人形を選ぶことができます。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 自然・風景 見所・観光・定番スポット
2012年4月15日
« 前の記事「カッパドキアで乗馬」へ
»次の記事「トルココーヒー占い」 へ
おすすめ記事
    カッパドキア特派員 新着記事
    トルコのマーブルアート<エブル>でオリジナル作品を作る
    カッパドキアで民族衣装を買う!
    8月の気球ツアーについて/8月のカッパドキアの天気と服装
    カッパドキアから他都市への直行便
    カッパドキアでサンライズ・キャメルサファリ!
    カッパドキアのオリジナル切手発売!
    7月の気球ツアーについて/7月のカッパドキアの天気と服装
    野外フェス「CAPPADOX」終了!人気イベントランキング

    トルコ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■トルコの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    中東にもどる

    • 特派員プロフィール
    • カッパドキア特派員

      カッパドキア特派員
      横溝 絢子
      銀行員として5年以上住んだニューヨークを離れ、トルコ/カッパドキアに恋し移住してしまいました!現在はカッパドキアにてコーディネーター、気球ガイド/旅行コンサルタントをしています。HPはこちらです。 DISQUS ID @disqus_6xZr4kmSSd

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集