海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 中東  > カッパドキア特派員ブログ > 【気球の安全性について】②

トルコ/カッパドキア特派員ブログ 横溝 絢子

トルコ・カッパドキア特派員が現地から中東地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2013年3月10日

【気球の安全性について】②


【気球の安全性について】②

【気球の安全性について】 で気球に安全に乗船するための方法をお伝えいたしましたが、今回気球自体の安全性についてお伝えいたします。


こちらはメンテナンス中のお二人です。

気球の耐久年数はフライト時間により異なります。
耐久時間が1000時間とされているので、フライトを365日した場合、3年弱が耐久年数となります。

こちらの気球はスペインにあるUltraMagic 社から買い付けています。


気球は、トルコ共和国交通海事通信省 により100時間毎のメンテナンスが義務付けられています。メンテナンスは有資格者のみが実行可能です。

こちらは球皮を縫うための特別なミシンです。





修理用の工房がオフィスの傍に設置してあるので、フライト前後に地上クルー・パイロットが利用します。







こちらはパイロット席の中にあるガスタンク(プロパンガス)です。
中央のものはインフレーション(気球立ち上げ)のみに使うタンクで出発前に降ろします。

パイロットの前後に2本ずつ、計4本のタンクでフライトします。
各々2本ずつホースで接続されており、またそのホースは上のバーナーに繋がっています。

片方がなくなってもホースを付け替えることなく、スイッチ式で切り替えられるのでガス漏れの心配はありません。


バーナーは4つありますが、1つだけでもフライト可能です。
急上昇したい時に4つ使います。

着陸時は全てのガスを閉めてから着陸態勢に入ります。





硬着陸(ハードランディング)のときに使うロープは外に設置するデザインです。
このロープを外に設置することにより、ホースに絡まる、バーナーで燃える等の事故を防ぎます。

このロープはワンタッチ式になっており、一瞬で地上クルーに降ろし渡すことが可能です。

トルコでは気球パイロット資格は国家資格となり、気球会社と共に、交通海運通信省の元に管理されています。
また欧州航空安全機関(European Aviation Safety Agency:EASA) の基準も満たしているため、かなり厳しい条件でのフライトが行われていますので、ぜひ安全で快適な空の旅をお楽しみいただきたいと思います。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お知らせ
2013年3月10日
« 前の記事「【気球の安全性について】」へ
»次の記事「カッパドキアの隠れ家レストラン」 へ
カッパドキア特派員 新着記事
手作り葡萄シロップ〈ペクメズ〉のシーズンです
10月の気球ツアーについて/10月のカッパドキアの天気と服装
トルコの公園にあるスポーツジム
カッパドキアのファームを訪問
〈アシュレの日〉ノアの方舟プリンを作る
2020年8月末現在のカッパドキア気球ツアーの様子
【催行決定】8月の気球ツアーについて/8月のカッパドキアの天気と服装
ゼミ渓谷をトレッキング
1年前の同じ月に投稿された記事
カッパドキアの青空市
トルコのお菓子
カッパドキアの地上絵
トルコのクレープ?お好み焼き?

トルコ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■トルコの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

中東にもどる

  • 特派員プロフィール
  • カッパドキア特派員

    カッパドキア特派員
    横溝 絢子
    銀行員として5年以上住んだニューヨークを離れ、トルコ/カッパドキアに恋し移住してしまいました!現在はカッパドキアにてコーディネーター、気球ガイド/旅行コンサルタントをしています。HPはこちらです。 DISQUS ID @disqus_6xZr4kmSSd

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集