海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 中東  > カッパドキア特派員ブログ > カッパドキア発アンカラ観光

トルコ/カッパドキア特派員ブログ 横溝 絢子

トルコ・カッパドキア特派員が現地から中東地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2013年7月13日

カッパドキア発アンカラ観光


カッパドキア発アンカラ観光

せっかくトルコに来たのだから、首都アンカラも訪れてみたいという方には、カッパドキアから数時間で行くことが可能です。
日帰り、またはアンカラまで移動し、次の目的地まではアンカラ空港・バスターミナルから出発することも可能です。カッパドキアからアンカラまでは約300キロメートル(車で4時間、バスで4時間半)となります。
立ち寄りポイント
トゥズ湖(Tuzu Golu)
塩湖と言えば、ボリビアのウユニが有名ですが、実はトルコにも塩湖があります。
tuz.JPG
トゥズ(Tuz=塩)湖は、カッパドキアからアンカラまでの間に存在します(アンカラの南東150キロメートル)。
幅はウユニ塩湖の1/5ですが、幻想的で美しい塩湖です。
夕日がおすすめなので、行きではなく夕方頃の帰りを狙って立ち寄ることをおすすめします(車で行く場合)。
tuz2.JPG
こちらで取れた塩を使ったバスソルトや色々な塩製品を売るお店もあります。
トルコのスーパーなどで売られている塩はこのトゥズ湖から採取されたものですので、一般のスーパーでも買うことができます。
アナトリア文明博物館 (Museum of Anatolian Civilizations)
開館時間:朝8時半~夕方19時(冬季:17時)
入場料:15リラ
ankara museum.JPG
1997年にはヨーロッパにおけるベストミュージアム・オブ・ザイヤーを受賞しました。
ヒッタイト遺跡から出土されたものが数多く展示されています。
写真は自由に撮ることができます。
ankara museum3.JPG
本館横の別館にはローマ時代の発掘品、コインやジュエリーなどの貴重な貴金属類が展示されています。
トルコの歴史の奥深さを知ることができます。
アタテュルク廟 (Ataturk Mausoleum)
開館時間:午前9時から午後5時
入場料:無料
ataturk.JPG
トルコ建国の父、初代大統領のケマル・アタテュルク の遺体が収められている巨大な霊廟(れいびょう)です。いくつもの建物から成っています。
アタテュルクはトルコにおいて崇められている神のような存在ですので、この霊廟もまるで神殿のような作りです。
kemal.JPG
メインの建物には棺おけが飾られていますが、実際の遺体は地下に埋められているため、こちらは展示用の棺おけになります。
トルコ語のみで書かれた説明も多いので、やはり外国人よりもトルコ人にとって人気の場所です。
ankara mug.JPG
大都会アンカラですが、半日あれば見所を回ることが可能です。
歴史・文化に興味のある方にはおすすめです。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 旅行・ツアー・ホテル 見所・観光・定番スポット
2013年7月13日
« 前の記事「ヨーロッパ最高の航空会社は・・・②」へ
»次の記事「カッパドキアを快適に過ごす方法」 へ
おすすめ記事
    カッパドキア特派員 新着記事
    カッパドキアの陶芸教室
    カッパドキアの気球でウェディングフォト
    11月の気球ツアーについて/11月のカッパドキアの天気と服装
    2018年ウルトラトレイル・カッパドキア開催!
    カッパドキアのテルマエ・ロマエ<ソベソス古代都市遺跡>
    ウチヒサルの隠れ家レストラン/カフェ<SEKI>
    10月の気球ツアーについて/10月のカッパドキアの天気と服装
    カッパドキアでマウンテンバイクツアー
    1年前の同じ月に投稿された記事
    トルコの飲み物
    2012年断食月が始まりました
    ヨーロッパ最高の航空会社は・・・
    カッパドキアでハイキング

    トルコ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■トルコの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    中東にもどる

    • 特派員プロフィール
    • カッパドキア特派員

      カッパドキア特派員
      横溝 絢子
      銀行員として5年以上住んだニューヨークを離れ、トルコ/カッパドキアに恋し移住してしまいました!現在はカッパドキアにてコーディネーター、気球ガイド/旅行コンサルタントをしています。HPはこちらです。 DISQUS ID @disqus_6xZr4kmSSd

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集