海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 中東  > カッパドキア特派員ブログ > サンタクロースはトルコ生まれ

トルコ/カッパドキア特派員ブログ 横溝 絢子

トルコ・カッパドキア特派員が現地から中東地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2013年12月21日

サンタクロースはトルコ生まれ


サンタクロースはトルコ生まれ

4世紀から東西に分割統治されることになったローマ帝国ですが、東ローマ帝国の首都は、現在のイスタンブールになります。
東ローマ帝国は15世紀にオスマン帝国により滅亡しますが、西洋と東洋の文化を合わせ持ち、イスラム教徒が国民の95%以上であるにも関わらず、いくつもの教会 が存在するのはこのためです。
現在のサンタクロース像は、東ローマ時代、ミュラ(現:トルコ/アンタルヤ)の司教であった聖ニコラス(オランダ語:Sinterklaas)が起源であるとされています。
490-254.jpg
裕福な家の生まれである聖ニコラスは、親から引き継いだ財産を使い、身売りしなかればいけなくなった貧しい家庭を助けます。
司教となった後に恵まれない人のための病院や孤児院を建てていきます。
聖ニコラスの命日は12月6日であり、ヨーロッパではこの命日に子供に贈り物を渡す日となりました。
その後、キリストの誕生である25日に三賢者が贈り物を持ってきたとの聖書の記述が結びつき、今では25日がサンタクロースからクリスマスプレゼントが届く日となりました。
こちらトルコはイスラム教の影響を受けているため、クリスマスを祝うことはありません。
カッパドキアのショッピングモールは、クリスマス前(12月中旬)であるのにこの地味さです。
元々イスラム教は偶像崇拝が禁止されていることもあり、トルコではキャラクターの着ぐるみや銅像などを見かけることはあまりせん。
HOS GELDIN 2014(2014年、ようこそ!)
モール内のおもちゃ屋さんです。
クリスマスに関して触れる文言はなく、どのショップも新年のお祝い、を前面に出しています。

(12月お題"クリスマス")

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り
2013年12月21日
« 前の記事「ギョレメ野外博物館を効率よく周る方法」へ
»次の記事「カッパドキアのバス会社」 へ
おすすめ記事
    カッパドキア特派員 新着記事
    トルコのマーブルアート<エブル>でオリジナル作品を作る
    カッパドキアで民族衣装を買う!
    8月の気球ツアーについて/8月のカッパドキアの天気と服装
    カッパドキアから他都市への直行便
    カッパドキアでサンライズ・キャメルサファリ!
    カッパドキアのオリジナル切手発売!
    7月の気球ツアーについて/7月のカッパドキアの天気と服装
    野外フェス「CAPPADOX」終了!人気イベントランキング
    1年前の同じ月に投稿された記事
    今年度のベスト気球フライト
    おすすめのお土産(雑貨編)
    ローカル御用達のケバブレストラン
    ギョレメの病院・薬局・郵便局
    カッパドキアで地下都市を探検

    トルコ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■トルコの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    中東にもどる

    • 特派員プロフィール
    • カッパドキア特派員

      カッパドキア特派員
      横溝 絢子
      銀行員として5年以上住んだニューヨークを離れ、トルコ/カッパドキアに恋し移住してしまいました!現在はカッパドキアにてコーディネーター、気球ガイド/旅行コンサルタントをしています。HPはこちらです。 DISQUS ID @disqus_6xZr4kmSSd

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集