海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 中東  > カッパドキア特派員ブログ > カッパドキア舞台の映画、パルムドール受賞!

トルコ/カッパドキア特派員ブログ 横溝 絢子

トルコ・カッパドキア特派員が現地から中東地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2014年5月25日

カッパドキア舞台の映画、パルムドール受賞!


メール プリント もっと見る

カッパドキア舞台の映画、パルムドール受賞!

ここ最近、明るいニュースをほどんと聞かないトルコでしたが、2014年カンヌ国際映画祭 において、最高賞となるパルムドールをトルコ映画(原題:Winter Sleep)が受賞することになりました。

thumb.png
ヌリ・ビルゲ・ジェイラン 監督(中央)
(写真提供:FESTIVAL DE CANNES)
posterdesign.jpg
映画のトルコ原題は「Kis uykusu」。
KIS=冬、UYKUSU=眠りという意味です。
公式ポスターを見ても想像できるように、とても暗く、重いストーリーです。
また上映時間は、3時間16分の長編大作になっています。
<あらすじ>
かつて役者だったアイデゥンは現在中央アナトリアで若い妻のニハルと小さなホテルを経営しています。
彼の心はすでに妻から離れ、またその妹のネジェラは、離婚したばかりでまだ立ち直れていません。
冬、草原が雪に包まれると、ホテルは彼らを温かく守ってくれる場所。
でもそこでは同時に彼らの憎悪が現れ...。
実はこちらの映画はカッパドキアが舞台となっており、2012年の冬から撮影されていましたが、2012年は暖冬で雪がほとんど降らず、関係者の方をやきもきさせていました。
そのため雪のシーンはトルコ東部でも撮影されています。
予告でもカッパドキアの美しい風景をご覧いただけます。
映画予告(英語字幕)
cast.jpg
主演のハルク・ビルギナー(Haluk Bilginer)。トルコの実力派映画俳優です。
今回、日本人キャストとして映画の撮影にほんの少しの間、参加させていただきました。
通常の映画と比べると予算も少なく、クルーも少人数体勢でしたが、その分監督との距離が近く、常に緊張感のある現場でした。
ヌリ監督はいわゆる大衆向けの映画は作っておらず、単館になるような芸術的な映画を撮っているため、トルコ人でも彼の作品を観たことのない人が結構存在します。
カンヌ映画祭では常連であり、「冬の街」(2002年)と「昔々、アナトリアで」(2011年)でグランプリ、「スリー・モンキーズ」(2008年)で監督賞を受賞したこともあります。
日本でも彼の作品は未公開であったため、ようやくこのカッパドキア舞台の映画で彼の日本デビューになります(2015年公開予定)。

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村




記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー エンターテイメント・音楽・ショー
2014年5月25日
« 前の記事「カッパドキアで鳥居をくぐる」へ
»次の記事「カッパドキアのキリムショップ」 へ
おすすめ記事
    カッパドキア特派員 新着記事
    2018年断食月〜断食中の過ごし方
    カッパドキアの秘境・絶景スポット<ゼルべ博物館>と絶品クレープ
    トルコの塩湖<トゥズ湖>シーズン開始!
    5月の気球ツアーについて/5月の天気と服装
    カッパドキアでワイナリー巡り
    カッパドキアのチョコレート研究所<CHOCO LABS>カフェ
    トルコのプチプラお土産<雑貨編>
    4月の気球ツアーについて/4月の天気と服装
    1年前の同じ月に投稿された記事
    カッパドキア舞台の漫画エッセイ発売
    ギョレメの韓国料理レストラン
    カッパドキアの人気オプショナルツアー
    ギョレメのスーパーマーケット【BIM】

    トルコ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■トルコの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    中東にもどる

    • 特派員プロフィール
    • カッパドキア特派員

      カッパドキア特派員
      横溝 絢子
      銀行員として5年以上住んだニューヨークを離れ、トルコ/カッパドキアに恋し移住してしまいました!現在はカッパドキアにてコーディネーター、気球ガイド/旅行コンサルタントをしています。HPはこちらです。 DISQUS ID @disqus_6xZr4kmSSd

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集