海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 中東  > カッパドキア特派員ブログ > ハーレムが舞台の漫画

トルコ/カッパドキア特派員ブログ 横溝 絢子

トルコ・カッパドキア特派員が現地から中東地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2014年6月21日

ハーレムが舞台の漫画


メール プリント もっと見る

ハーレムが舞台の漫画

ヨーロッパとアジアと中東のどれにも位置するトルコは、深い文化と壮大な歴史とがあります。

トルコに来る前に歴史を勉強し直してトルコについての知識を得てから来ると、実際に見るものの見方が変ってくると思います。

トルコの歴史と言ってもどこから入っていいか分からない方にとてもおすすめの漫画があります。
こちらはオスマン帝国時代に実在した人物(ロクセーナ)を題材にした漫画です。

夢の雫、黄金の鳥籠

51MSe+lzwzL._SL500_AA300_.jpg
【あらすじ】
16世紀初頭、北の寒村・ルテニアからさらわれた少女・アレクサンドラ。

遠く海を越え、奴隷として売られることになった少女が出逢ったのはギリシャの商人を名乗るマテウスという青年。マテウスに買われ、彼の屋敷に連れていかれたアレクサンドラ。

そして、彼女が彼によって教育を施されて向かった先は大帝国・オスマントルコの中枢、イスタンブル。

「ヒュッレム」という名を与えられた彼女が"献上"されたのは、オスマントルコ皇帝・スレイマン1世だった−−−。


日本の大奥に似た大河物語ですが、トルコのハーレムは後に政治を支配していくだけあり、当時の政治、文化、周辺国との争いの様子を面白く掴むことができます。

実はこちらの題材は2011年からトルコでドラマにもなり、大ヒットしています。

Magnificent Century
magnificentcentury-ss.jpg









直訳すると「壮大な世紀」という意味のタイトルが付いたトルコの大河ドラマです。
現在シーズン4が終了しています。


イスタンブールのトプカプ宮殿 では別館のハーレムを見学することができます(入場料:15リラ)。


にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村



記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 文化・芸術・美術
2014年6月21日
« 前の記事「余ったリラの有効活用法」へ
»次の記事「トルコ断食月(ラマザン)が始まりました」 へ
おすすめ記事
    カッパドキア特派員 新着記事
    2018年断食月〜断食中の過ごし方
    カッパドキアの秘境・絶景スポット<ゼルべ博物館>と絶品クレープ
    トルコの塩湖<トゥズ湖>シーズン開始!
    5月の気球ツアーについて/5月の天気と服装
    カッパドキアでワイナリー巡り
    カッパドキアのチョコレート研究所<CHOCO LABS>カフェ
    トルコのプチプラお土産<雑貨編>
    4月の気球ツアーについて/4月の天気と服装
    1年前の同じ月に投稿された記事
    カッパドキアの絶景スポット
    アトラスジェット就航
    イスタンブール・アンカラ等における大規模デモに伴う注意喚起(その2)
    イスタンブール・アンカラ等における大規模デモに伴う注意喚起
    ギョレメの山頂レストラン

    トルコ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■トルコの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    中東にもどる

    • 特派員プロフィール
    • カッパドキア特派員

      カッパドキア特派員
      横溝 絢子
      銀行員として5年以上住んだニューヨークを離れ、トルコ/カッパドキアに恋し移住してしまいました!現在はカッパドキアにてコーディネーター、気球ガイド/旅行コンサルタントをしています。HPはこちらです。 DISQUS ID @disqus_6xZr4kmSSd

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集