海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 中東  > カッパドキア特派員ブログ > 断食月の過ごし方

トルコ/カッパドキア特派員ブログ 横溝 絢子

トルコ・カッパドキア特派員が現地から中東地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2014年7月12日

断食月の過ごし方


断食月の過ごし方

6月28日から始まったトルコの断食月(ラマザン) ですが、今年のカッパドキアは6月から30度超えの猛暑でかなり厳しい月になっています。

敬虔なイスラム教徒が過ごすラマザンの1日はこのような流れになっています。

【断食月の一日】

日の出前:起床、日の出前の食事(サフル)を済ます。

日の出後:サフル後に一眠りし、出勤。

日中:食事以外に飲み物を飲むことも絶ちます。

日の入後:モスクからのアナウンス(アザーン)と同時に食事を開始します。

ラマザン中はメインのモスクで無料の食事が振る舞われます。

断食中はイスラム教に課せられた五つの義務行為の一つ、「喜捨」を行う機会でもあるので、モスクでは家で食事ができない人(主に貧しい人たち)のために無料の食事が振る舞われます。

カッパドキアでは、観光業に従事している人が多いので、仕事時間がイフタルの時間に被っている人も食事に参加しています。

haber_0dee5362e70b67177130684543a41bfb.jpg

ご覧の通り、参加されるのは男性ばかりです。

プレート型のお皿に、主食、主菜、スープ、サラダが振る舞われます。

カッパドキアでは女性は家にいて、守られるべき存在であるというイスラム教徒の保守的な教えが強く浸透しているため、カッパドキアの女性は家で食事を作り、夕時は出かけることは滅多にありません。

断食中は10数時間の間、飲食不可のため、腹持ちのいい主食が好まれます。

こちらはラマダンの間によく売られるラマダン・ピデというパンです。

silivride-ramazan-pidesi-165-tlden-satilacak-753.jpg

トルコで通常食べられているパンとは異なり、中がぎっしり詰まっています。


にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り
2014年7月12日
« 前の記事「ギョレメで一番安いお土産屋さん」へ
»次の記事「ワールド・エアライン・アワード2014発表!」 へ
おすすめ記事
    カッパドキア特派員 新着記事
    カッパドキアで絶品フィッシュサンドを食べる
    トルコのマーブルアート<エブル>でオリジナル作品を作る
    カッパドキアで民族衣装を買う!
    8月の気球ツアーについて/8月のカッパドキアの天気と服装
    カッパドキアから他都市への直行便
    カッパドキアでサンライズ・キャメルサファリ!
    カッパドキアのオリジナル切手発売!
    7月の気球ツアーについて/7月のカッパドキアの天気と服装
    1年前の同じ月に投稿された記事
    トルコの人気観光地ベスト10(前半)
    カッパドキアを快適に過ごす方法
    カッパドキア発アンカラ観光
    ヨーロッパ最高の航空会社は・・・②

    トルコ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■トルコの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    中東にもどる

    • 特派員プロフィール
    • カッパドキア特派員

      カッパドキア特派員
      横溝 絢子
      銀行員として5年以上住んだニューヨークを離れ、トルコ/カッパドキアに恋し移住してしまいました!現在はカッパドキアにてコーディネーター、気球ガイド/旅行コンサルタントをしています。HPはこちらです。 DISQUS ID @disqus_6xZr4kmSSd

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集