海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 中東  > カッパドキア特派員ブログ > NOBU BODRUMオープン

トルコ/カッパドキア特派員ブログ 横溝 絢子

トルコ・カッパドキア特派員が現地から中東地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2014年12月13日

NOBU BODRUMオープン


メール プリント もっと見る

NOBU BODRUMオープン

残念ながらカッパドキアには日本食レストランがありません。アジア料理が恋しい時は、自宅で調理、またはギョレメの韓国料理レストラン を訪れることになります。

ただトルコでも日本食ブームが到来しつつあるため、トルコの超高級リゾート地、ボドルムにあの松久信幸 氏の展開するNOBU がオープンしました。

【ボドルムに一人の日本人】(記事提供:SKYLINE 2014年12月号)

ロバート・デ・ニーロを共同経営者とするNOBUの33店舗目がボドルムにオープンした。

イスタンブールにも同レストランをオープン予定との噂のあるシェフの松久氏に日本料理およびその食文化について聞いた。

nobu bodorum.jpg

質問:あなたの料理をどのように定義されていますか。

松久氏:私の作る料理は、典型的な日本食をベースに国際色を加えています。

質問:なぜそのような食の癒合を好まれるのでしょうか。

松久氏:融合を好んでいるとは言えませんが、常に旅をしていることにより、世界中の様々な料理を知ることになりました。

それらの料理の味が私の料理に影響を及ぼしています。

nobu bodorum2.jpg

質問:トルコ料理についてどう思いますか。

松久氏:トルコ料理の質はかなり高いものと言えます。

使用されている材料と各料理の個性を尊重しています。

質問:日本料理とトルコ料理の融合に挑戦される予定ですか。

松久氏:新しい挑戦を行う場合、外国の料理およびその食材からインスピレーションを得ています。

今後、私の料理にトルコ料理の影響を加えることを待ちきれません。

質問:あなたの料理で特別なものは何でしょうか。

松久氏:パラペーニョ付きハマチと味噌漬けのたらを使った、新しいスタイルのお刺身である「刺身サラダ」です。

質問:食旅行というものが注目されています。食を好む旅行者が現地の味を求めて世界中を旅しています。食旅行が注目される理由は何でしょうか。

松久氏:私にとって食とは、人間にとっての空気と住居のように生活に欠かせないものです。

食とは、普遍概念であり、二国間で共有できるものでもあります。

その国の伝統的な現地の食事をすることによってのみ、その国の文化を知ることが出来ます。

料理とは常に物語と歴史を伴うもので、多くの場合、人はその物語を楽しむものです。

質問:世界的にどんな料理および料理法が今後流行となるでしょうか。

松久氏:人は自分の体と口にする食べ物に注意をはかるようになると思います。

私自身、シンプルで健康的なメニューを選ぶ方向に向かっています。

NOBU BODRUM

住所:PALMARINA Bodrum, Cokertme Cad. Yalikavak, 48990 Bodrum, Mugla / TURKEY

電話:+90 252 385 38 62/+90 252 385 32 80

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ

にほんブログ村

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材
2014年12月13日
« 前の記事「SONY feat. Cappadocia」へ
»次の記事「2015年版トルコの祝祭日」 へ
おすすめ記事
    カッパドキア特派員 新着記事
    2018年のトルコ治安について/ターキッシュエアラインズ 春のキャンペーン
    自分へのご褒美お土産に!<カッパドキアのトルコジュエリー>
    カッパドキアから行く日帰りスキーツアー
    2月の気球ツアーについて/2月のカッパドキアの天気と服装
    絶景!白銀のカッパドキア<冬のおすすめアクティビティ>
    今年6月はカッパドキアへ!野外フェス<CAPPADOX>開催予定
    カッパドキアに来たら必見!ローズバレーサンセット
    新年のご挨拶/JTFTAカッパドキアオフィス開設のご案内
    1年前の同じ月に投稿された記事
    カッパドキアのバス会社
    サンタクロースはトルコ生まれ
    ギョレメ野外博物館を効率よく周る方法
    カッパドキアのひょうたんランプ

    トルコ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■トルコの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    中東にもどる

    • 特派員プロフィール
    • カッパドキア特派員

      カッパドキア特派員
      横溝 絢子
      銀行員として5年以上住んだニューヨークを離れ、トルコ/カッパドキアに恋し移住してしまいました!現在はカッパドキアにてコーディネーター、気球ガイド/旅行コンサルタントをしています。HPはこちらです。 DISQUS ID @disqus_6xZr4kmSSd

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集