海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 中東  > カッパドキア特派員ブログ > 日本・トルコ合作映画『海難1890』公開

トルコ/カッパドキア特派員ブログ 横溝 絢子

トルコ・カッパドキア特派員が現地から中東地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2015年12月 5日

日本・トルコ合作映画『海難1890』公開


日本・トルコ合作映画『海難1890』公開

日本とトルコの友好125周年を記念して合作で制作された、
『海難(かいなん)1890』
が本日より日本で全国公開となりました。この映画は、実話を元に、

1890年 エルトゥールル号海難事故編
と、イラン・イラク戦争勃発時に、テヘランに取り残された日本人の救援のため、トルコ政府が救援機を飛ばして救出した出来事の顛末を描いた
1985年 テヘラン邦人救出劇編

の二編から構成されています。

24482.jpg

【あらすじ】
<1890年 エルトゥールル号海難事故編>
1889年親善使節団を乗せたオスマン帝国のエルトゥールル号が、イスタンブールから日本へ向けて出港した。帝国の威信を欧州に示すため、また明治天皇への謁見のための航海だった。

翌年9月親善使節団としての使命を終えて帰路についたエルトゥールル号は和歌山県樫野崎沖にて台風に遭遇。

島中に響き渡る船の爆発音を聞いた村民たちは岸壁に集まった。そこで発見したのは、漂着した膨大な数の死体と船の残骸だった。

翌日、生き残った乗組員は69名と判明。操機長のベキールを含め、実に500名以上が犠牲になった大惨事だった。村民は蓄えてきたわずかな食料も提供して、生存者の看病に当たった。




<1985年 テヘラン邦人救出劇編>
1985年のイラン・テヘラン。イラン・イラク戦争の停戦合意が破棄され、膠着する戦時下で、サダム・フセインが48時間後にイラン上空を飛行するすべての飛行機を無差別攻撃すると宣言。

日本大使は外務省に救援機を要請するが、就航便が無かった日本では迅速な対応が難しい状況にあった。他の国々では救援機が到着し自国民を乗せてテヘランから脱出、徐々に日本国民だけが取り残されていく。

トルコの救援機が最後の搭乗になることを知った日本大使は、トルコの救援機に日本人が乗れるようトルコに要請。

トルコのオザル首相は、自国民を危険にさらすことになるという周囲の反対を押し切り、日本人の為の救援機の追加派遣を決断する。


劇場情報はこちら
特典付き前売り券の情報はこちら


にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ

にほんブログ村  

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー エンターテイメント・音楽・ショー
2015年12月 5日
« 前の記事「12月の気球ツアーについて」へ
»次の記事「東京のおすすめトルコレストラン」 へ
カッパドキア特派員 新着記事
手作り葡萄シロップ〈ペクメズ〉のシーズンです
10月の気球ツアーについて/10月のカッパドキアの天気と服装
トルコの公園にあるスポーツジム
カッパドキアのファームを訪問
〈アシュレの日〉ノアの方舟プリンを作る
2020年8月末現在のカッパドキア気球ツアーの様子
【催行決定】8月の気球ツアーについて/8月のカッパドキアの天気と服装
ゼミ渓谷をトレッキング
1年前の同じ月に投稿された記事
1月の気球ツアーについて
2015年版トルコの祝祭日
NOBU BODRUMオープン
SONY feat. Cappadocia

トルコ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■トルコの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

中東にもどる

  • 特派員プロフィール
  • カッパドキア特派員

    カッパドキア特派員
    横溝 絢子
    銀行員として5年以上住んだニューヨークを離れ、トルコ/カッパドキアに恋し移住してしまいました!現在はカッパドキアにてコーディネーター、気球ガイド/旅行コンサルタントをしています。HPはこちらです。 DISQUS ID @disqus_6xZr4kmSSd

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集