海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 中東  > カッパドキア特派員ブログ > カッパドキアにきたら外せない!人気のお土産3選

トルコ/カッパドキア特派員ブログ 旧特派員 デイジー

トルコ・カッパドキア特派員が現地から中東地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2016年4月23日

カッパドキアにきたら外せない!人気のお土産3選


メール プリント もっと見る

カッパドキアにきたら外せない!人気のお土産3選

カッパドキアはトルコ中からトルコ人も買い物に訪れる名産品がたくさんある観光地でもあります。

たくさんの名産品からおすすすの3つをご紹介いたします!

①地元女性による手編み製品

DSCF8762.JPG

お値段目安:約300円〜。

売っている場所:ギョレメ村の雑貨ショップ(数店あり)/日本語ウェブショップ

ひとつひとつ色もデザインも違うので見ているだけで飽きません。

20150209_c0d6a3.JPG

カッパドキアはご存知のとおり、トルコの保守的な田舎町。

カッパドキア女性はほとんどが主婦のため、お家で内職される方がたくさんいます。
そんな手作りの小物をお手頃価格で買うことができるのでおすすめです。



②焼き物

お値段目安:約200円〜。

売っている場所:カッパドキア内の雑貨ショップやアバノスの陶器ショップ(数点あり)

カッパドキアで焼き物の文化はとても古く、ヒッタイト時代(B.C.3000年)まで遡ります。
カッパドキアのアバノスに流れるトルコ一長い川(赤川)から取れる赤土を使って作る陶器は、観光業で有名になる前からカッパドキアの代名詞でした。

アバノスでは、陶器ショップが軒並みあり、工房見学をすることもできます(無料)。
日本からのお買い物したい場合は、日本語のウェブショップ もあります。


③カッパドキアワイン

お値段目安:約400円〜。

売っている場所:ウルギュップのワイナリーやカッパドキア内の酒屋兼商店など

カッパドキア標高の高い乾燥地帯で、ブドウ栽培が盛んです。

そしてローマ時代にキリスト教徒が住んでいたこともあり、ワイン醸造技術が今でも引き継がれています。

流通量は多くないため、ほとんどがカッパドキアで消費されます。

こちらはカッパドキアの奇岩をモチーフにしたワインボトル。
なかなか売っていないのですが、カッパドキアにあるいくつかのワイナリーや直営店で買うことができます。



にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ

にほんブログ村

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー ショッピング・雑貨・お土産
2016年4月23日
« 前の記事「カッパドキアの人気洞窟レストラン"TOPDECK CAVE RESTAURANT"」へ
»次の記事「第52回大統領府トルコサイクルロードレース開催」 へ
おすすめ記事
    カッパドキア特派員 新着記事
    2018年のトルコ治安について/ターキッシュエアラインズ 春のキャンペーン
    自分へのご褒美お土産に!<カッパドキアのトルコジュエリー>
    カッパドキアから行く日帰りスキーツアー
    2月の気球ツアーについて/2月のカッパドキアの天気と服装
    絶景!白銀のカッパドキア<冬のおすすめアクティビティ>
    今年6月はカッパドキアへ!野外フェス<CAPPADOX>開催予定
    カッパドキアに来たら必見!ローズバレーサンセット
    新年のご挨拶/JTFTAカッパドキアオフィス開設のご案内
    1年前の同じ月に投稿された記事
    ミュージアムショップのギョレメコレクション
    ギョレメのトルコモザイクランプ専門店
    カッパドキアの猫特集
    ハローキティ/Hello Kitty feat. ナザールボンジュウ

    トルコ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■トルコの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    中東にもどる

    • 特派員プロフィール
    • カッパドキア特派員

      カッパドキア特派員
      デイジー
      トルコの田舎町、カッパドキアで地元女性の作るオヤ刺繍に魅せられ、地元女性たちとオヤ刺繍のアクセサリーショップ<デイジー>を運営しています。トルコの伝統手芸の素晴らしさ、カッパドキアの良さを知っていただきたく活動しております。HPはこちら

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集